深夜アニメ館: アニメキャプ+感想+考察その他

2005/7/27 Wednesday

かみちゅ! #04

カテゴリー:  

かみちゅ!第4話「地球の危機」。

新OPキタ━━(゚∀゚)━━!!!!! メインスタッフがアレなんで当然といえば当然ですがRODを髣髴とさせる真OPが来ましたよ。これもかなり気合入ってるなー。1?2話放映時を思わせるムダに力入った動きも健在。前回ちょっと作画が落ち着いたように思えたのはコレ作ってたせい?

今回は議事堂前に不時着した火星人を救う話。
でも某元総理をモデルにしたと思われる総理大臣の描写とか、政府と某国がつるんでどうのこうのとか、自衛隊&警察=権力の手先とか、なんかアサヒらしいお話ですな。(・∀・)ニヤニヤ




初っ端からスプーンで飯喰ってるタマワロタ。弟の突っ込みも当然だよなー。でもここの両親ってホンっトのんびりだよなあ。親がこうだと子もおおらかに育つよ。

いきなり庭に落ちてきたヤツら。てっきり今回の宇宙人かと思いきやこいつらゆりえのサポート部隊!?てか猪鹿蝶って花札かヨ。




お願いといいながら大柄な総理大臣って、なんかわかり易ーい悪役キャラだわな。てかそれ以上にキャラ造形のモトネタが思いっきしわかり易いんですけど。

でもってタコ型火星人って・・・これもまんまありがちな造形だなー。まあ今までの流れからしてリアリティよりも“わかり易さ”を重視してるのは丸わかりですからねー。タコ型=火星人、ピンクにリボン=女の子って、視聴者に全くアタマを使わせない造形もまたその一つなんでしょうね。

でもってこれまたお約束の総理の裏切りが・・・。最初から某国に引き渡すくらいならゆりえ呼ぶ必要もなかろうに大げさだなあ。それにこんな番組で“政府や政治家なんて信用できねー”なんてメッセージは場違いな気もするんだが。まあ深夜アニメだしこのくらいは全然OKだけどね。





凄い威力だけどあっという間に電池切れな催眠兵器役にたたねー。そこでゆりえ様の本領発揮ですよ。追手の足止めや変わり身もお手の物。でもゆりえ、「牛歩戦じゅつ」って、“術”くらい書けるようになれよなー。それに猪鹿蝶の名づけももちっと考えろよ。いの、しか、ちょうってまんまやないか。

戦車の間を抜き足差し足で進むゆりえ達もワロタ。でも結局アッサリ捕まっちゃうのね。




「せんしゅぼうえーい」の一言で無力化される自衛隊全然役にたたねー。別に撃たなくても拘束くらいはできるだろーに、すんげーファンタジーだなー。まあでも火星人はともかく中学生女子(しかも神様)に銃を向けるのは気が進まんのはわかるけどな。

まあ後はいつも通りベタベタな展開なんだけど、結局火星人は火星人ちゃんのまま?猪鹿蝶には名前付けても火星人は全部火星人ですか。相合傘も“火星人くん×火星人ちゃん”だしね。あーあ。

てなわけでかみちゅ!第4話もゆるゆると終わりましたが、この先もこのゆるゆるが続くんでしょうか。それとも何かすんごいことが起こるのか?今はまだ全然読めませんけど、次回以降もゆるゆると見つづけましょうかね。

2005/7/26 Tuesday

GUN×SWORD ガンソード #04

カテゴリー:  

ガン×ソード 第4話「そして、雨は降りゆく」。
今回は先への繋ぎだけでまとまったお話じゃありませんでしたね。次回以降とセット構成?

それにしてもウェンディって実は疫病神?毎度毎度ウェンディがトラブルに巻き込まれてヴァンがケツ拭きにまわるパターンが定着してる感じなんだけど。




押しかけ女房を気取りながらヴァンのハダカ見るたびに顔赤らめるウェンディ萌え。一人で一所懸命駆けずり回りながらもほとんど役に立たねーところがまた・・・。でもよそ者を極端に嫌うこの町、次回以降も舞台になるのかなー。ここで終わっちゃうとなんか中途半端だよね。

ヴァンはロボの中で自己修復ですか。このあたりも今までほとんど説明ねーからなー。ヴァンが人かどうかすら現段階ではよくわかんね。




ウェンディ、また捕まってるし。(ノ∀`)
それにしても洞窟の中にいるのよく見つけたなー。途中で見つかって後をつけられたのか?でも慰謝料代わりって・・・こいつらロリコンかヨ。

ここでヴァンが登場するのはまあお約束ですわな。いつも通りのべったべたの展開。でも街の診療所には何やら物騒な男が・・・。ヴァンと同じく鉤爪の男を探しているこの白服は、次回以降絡んでくるのね。

てなわけで今回は先へ向けての繋ぎの回みたいっすね。次週以降、少しはお話に変化が出てきますか?

2005/7/24 Sunday

D.C.S.S.?ダ・カーポ セカンドシーズン? #04

カテゴリー:  

D.C.S.S.?ダ・カーポ セカンドシーズン? 第4話「桜並木の向こうに」。

んー、今回はちょっとびみょー。アイシア絡みのドタバタだけで新キャラの紹介にもなってないし。わざわざ丸々1話かけてやる話だったのかなー?




アイシアの妄想が突っ走ってるなー。イメージはホグワーツかヨ。ちゃうちゃう。でも、生徒でもない女の子がウロウロしててもそのまま放置って、今の学校ってそんなもの?

朝当番変更の件、美春は無邪気に言ってるけど眞子にとっては気が気じゃないわなー。ことりは距離が近い分純一に関してはちょっと諦めが入ってるところもあるけど、眞子はちょっと引いてる分、独占欲(ライバル排除意識?)は一番強い?

でもってアイシアはなんかまた盛大に勘違いを――




ボールはともかく花壇や壁画は派手すぎ。てかなんか意味( ゚Д゚)ワカンネ。

でも純一、サポート部隊の存在に慣れすぎて一人じゃ朝も起きられないってそりゃダメだろー。徹夜でもしてたんならともかく昼まで寝てるってのはちょっとな。そうしてる間に学校ではエライ騒動になってるぞ。

それにしても今回は作画もびみょーですな。静止画で見てる分にはそれほど気にならないけど全体的に動きも荒いし、右下のアイシアなんて“誰に向かって話してるん?”てな感じだし。




そりゃ学園の美少女を何人も侍らせて、それに加えて今度は美少女に「御主人様」とか呼ばせてりゃ袋叩きにあうのも当然か。なんかいきさつ知ってるはずの眞子も一緒になって叩いてるし。眞子も純一とアイシアの同居はやっぱ納得はできんわなー。

それにしてもアイシアの空気読めなさは筋金入りだな。脳内変換大爆走だわ。こりゃー面倒見るのは大変だぞ、純一。

2005/7/23 Saturday

ハチミツとクローバー #14

カテゴリー:  

ハチミツとクローバー 第14話「夢の中で、彼女に触れた」。

前回は竹本とあゆのお話でしたが、今回の話の中心は真山。憧れのリカを想う気持ちと自分に想いを寄せてくれるあゆを守りたい気持ち。その2つの気持ちのはざ間で揺れ動く真山ですが――





「夢の中に出てくるっていうのは、相手の会いたいって気持ちが体を抜けて飛んでくるからなんだって」
んー、こんなこと言われりゃ真山も動揺するわな。てか真山、大学時代はクールを気取ってたかもしれないけど事務所じゃ完全にいじられ役だな。てか野宮といい美和子姉さんといい周りがアクの強いキャラばかりだからなー。

でも真山の脳内ビデオワロタ。後から巻き戻しても間に合わないよなー。まあその場で気付いていても即応は難しかったとは思うけどね。でもリカさんも決して真山が邪魔くさいわけじゃないわけで。




在りし日の原田デザインに思いを馳せる事務所の面々。真山だけが当時を知らないってのは確かに(´・ω・`)ショボーンな感じだわな。それに死人とじゃ勝負にもならないし。でも真山、山田の話になった途端に挙動が怪しすぎだろ。そんな態度見せたら連中が放っとくわけねー。





真山に取ってもらったホイップちゃんに陰でチューするあゆ・・・(*´Д`*)

でもってアタリマエのように野宮たちキタ━━(゚∀゚)━━!!!!! まあ当然の結果だよな。あ?あ。まあ真山としては野宮みたいなプレイボーイを山田に近づけたくはないわけだけど、花本センセも言ってるようにそれはムリな話だわな。でもなあ、だからといってすんなりあゆに向き直れるわけもなし。これはびみょーな心境だな。まあどのみちこのままというわけにはいかんだろう。

でも野宮、女の子のメモリー満載でなくともふつー携帯海に捨てたらアカンだろ。即座に突っ込む勅使河原女史がステキ。




うわ、野宮&山崎組動き早っ!もう大学かヨ。イケイケドンドンだなー。そりゃ真山が焦るのも無理ないわな。でもさり気なアプローチもあゆの前には・・・てか真山思いっきし妨害に入ってるし。でもそんな2人のバトルもあゆには全然通じてねー。いきなり叩かれて呆然としてる野宮にもワロタ。花本センセも大変だわ。

でもそんな真山も次回は一歩を踏み出すか? 次回「卑怯な僕が、走り出す」

深夜アニメ館 © 2005- Takashima Kiyoshi / Nuruota.com


Amazon.co.jp アソシエイト