深夜アニメ館: アニメキャプ+感想+考察その他

2006/3/23 Thursday

灼眼のシャナ #24 (最終回)

カテゴリー:  

灼眼のシャナ 第24話「紅蓮の想い」。
まあ道中正直ガクっと腰砕けるようなところもありましたが最終回はそれなりにまとめて来ましたね。少なくともここ数回の内では最も気合が入ってたと思います。完璧にターゲットを原作ファンに絞った作りでしたので、原作未読の立場から言えば不満はありますがそこはそれ。関連商品の売れ行きもいいようですから狙いを外してはいなかったってことでしょう。

最終回も悠二とシャナが消えて終わりでも良かった――っつーかそっちの方がシリーズとしてはキレイに纏まったと思うんですが、やはり原作との兼ね合いもありますし2期シリーズ以降の芽を残すためにも2人には健在でいてもらわなくてはね。でもこの終わり方ってほんとラノベっぽいなー。

それにしても劇場版ですか。気合入った商売根性は見上げたモノですなー。いやマジで。実際同じお客様に何度も買って頂くのが商売の王道ですからね。ターゲットを絞り込んだ上で、ファンになった人にはとことん満足してもらえるように商いする姿勢は立派立派。まあターゲットから外れたおいらとかはちょびっとショボーンなわけですが。でも最近こういう既にいるファン層のみをターゲットにした作品やたら増えた気がするなあ。一見さんお断りみたいなのは寂しい気もするけどやっぱその方が商売上手くいくのかなー。





で、ヘカテーってあの外見でどんな闘い方するのかと思ってたら、ナント!シャナなんて全然眼中に無いって感じじゃないですか。一瞥しただけで悠二との二人の世界に逆戻りっすよ。あ?、快感ってな感じで。シャナ立場ねー。

まあシャナがいくら刃向かっても全然歯がたたねー、っつーか防壁強すぎて触れることも出来ねーんじゃ捨て置かれても仕方ないわけだが。でもってこういうのって相手が弱っちいと侮ってたら隙を突かれてヤラレルってのがパターンなんだけどヘカテーの防壁って完璧なのな。

でもそんなヘカテーも“器を合わせた(なんかやらしー)”相手からフラれたんじゃ流石に動揺するわな。てか今までそんなこと全然無かったみたいだし。その同様で出来た隙をシャナが突くのはパターン通りではあるんだが――なんかシャナが投げた剣って思いっきし悠二に刺さってんじゃね!?





てなわけで悠二の救出に成功。でもヘカテーはフラれたショックで大暴走!このままでは街が崩壊するってんでシャナは命を捨ててアラストールを顕現させることに。そして悠二もそんなシャナに――

なるほど流石に最終回っぽい展開ですな。こうきましたか。ここであの過去編のエピソードが効いて来るわけですな――っとか思っていたら・・・。





工エエェ(´д`)ェエエ工 結局無傷で生還かヨ。
がっくし崩折れてたヴィルヘルミナとかいったんなんだったんだ。てか先代の炎髪灼眼と比較してそこまで優れてる描写は全然なかったじゃんよー。なーんか天目一個の時といい今回といい主人公補正が強すぎだよなー。

まあ考えてみれば原作ラノベですからね。主人公死亡ENDよりも主要メンバー皆健在でのハッピーエンドの方がウケますわなー。てか原作も終わってないわけでしょ。そりゃ主人公勝手に殺せないわなw

でもまあストーリーはともかく作画崩れがちな深夜アニメの中にあって最後までそれなりのクオリティを保ったのはスバラシイっすね。そういった面ではかなり力入った作品だったと思います。

2006/3/16 Thursday

灼眼のシャナ #23

カテゴリー:  

灼眼のシャナ 第23話「星黎殿の戦い」。
がしゃ?ん、うじゃうじゃ、がしゃ?ん、わらわら → ぷしゅ?って・・・ふざけてんの? やってる側はギャグのつもりか知らんけど完全に滑ってんじゃん。ストーリーの進行に合わないギャグは単に寒いだけ。まあ今回に限ったことじゃないけどね。てか271/5って一体何よ?

本来ならこのクライマックスでラスボス相手に一戦やらかそうって場面でこれじゃ、せっかくの強敵が全然強そうに見えないじゃんよ。戦闘体形のキャラデザもそうだけどわざわざ敵を弱っちく見せてどうすんだか。“教授”なんて単なるマヌケ。これで燃えろってのはちょっと無理がアリ過ぎないかい?

まあそんなこんなで特に終盤に入ってガタガタなシャナも次回で最終回。ここに至ってもまだ主要キャラ(特に敵方)の紹介すらマトモに出来てないんでお話としての完成度はちょっと期待できないなー。せめてアクションや作画くらいでは魅せて欲しいもんですが・・・。予告からするとシャナってば最後にはいなくなるってオチ?





まあなんだ、シャナにしてもヘカテーにしてもやっぱ重要なのはロリっ気なのかね。でもヘカテーってあんなんで戦闘こなすんかね。てかあんなにすんなりシャナを通したのは正直拍子抜けだなあ。

2006/3/9 Thursday

灼眼のシャナ #22

カテゴリー:  

灼眼のシャナ 第22話「揺らぐ炎」。
(悠二)「なんだろう・・・すごく、気持ちいい」(ヘカテー)「ああっ・・・あたしの中へ、入ってくる―」って、エロアニメですかw これ絶対狙ってるよなー。

今回お話的には完全に次回へのつなぎでまるっきり目新しい要素はなかったわけで、それくらいの遊びがないと話が持たないってのはわかるけど、今ひとつネタが消化不良起こしてる感じは否めないね。それに前回あそこまでグサっと貫かれたシャナがホンの数時間であっさり完治ってのはいくらなんでもご都合主義。てかコレがアリならなんでもアリでしょー。

佐藤&田中ペアや一美がらみの掘り下げもちょっと不足気味な感じもするけど、残り2話でまとめるにはそのあたりは削るしかないすかね。てかもっと重要なラスボス連中ですらキャラ描写はいい加減なわけで、そんな端っこにまで手を入れる余裕なんて残ってるはずねーわな。

てか徒にしてもフレイムヘイズにしてもその目的描写がいい加減だから、お互い何そんなに必死にやってんだか全然伝わってこね―んだよな。世界のバランスって一体何よ?てかそれが崩れたらどう都合が悪いわけ?でもって存在の泉ができたらどんな良いことあるの?

まあでもそんなことよりもシャナのツンデレ具合とか、ロリキャラが一所懸命空回りするのをニヤニヤ見守るのがこの作品の正しい見方なんだろな。残り2話、どんな風にまとめるんでしょーね。このまま行けばモロに予定調和的なラストになりそうだけど。





2006/3/2 Thursday

灼眼のシャナ #21

カテゴリー:  

灼眼のシャナ 第21話「遠ざかる想い」。
うをっ、シャナ死んだ!?Σ(゚Д゚;) これは予想外の展開・・・とか
  ∧_∧  +
 (0゚・∀・)   ワクワクテカテカ
 (0゚∪ ∪ +        
 と__)__) +
してたら、予告では元気一杯飛び回ってますよ。何すか、この演出は?

シャナに対する悠二の見方もなんだかなー。祭の時のシャナの態度、どう見たら「僕を壊すことを考えてたから―」なんてことになるんだ?
なんかもう全然( ゚Д゚)ワカンネ。製作側が誘導しようとする方向と観る側の自分の感じ方がここまでズレるとかなーりキビシイなあ。まあ残り話数も少ないから最後までは見届けるけどね。

でもいつもながらシリアスっぽい内容に似合わないキャラデザだなあ。最たるのはメイドさんのお面だけど、敵方のラスボス3人組の造形も今ひとつ凄みに欠けてるのはマイナスだわな。マージョリーのクマさんだかオオカミさんだかわかんない戦闘体形も笑っちゃったし、もう少しなんとかなんないのかねー。





能登の「私はあなたのモノではありません」が「私はあなたの人形じゃない」と被っちゃったよ。――碇君が呼んでる。それにしてもシュドナイってばヘカテーには全然相手されてないじゃん。実は単なるストーカーだったのか?

でもって佐藤&田中ペアって威勢はいいけど全然先のこと考えてねーよな。まあそれは悠二も同じなわけなんだが。町を出て一体どう過ごすつもりなんだか。まあ悠二はあっさり捕まっちゃってそれどころじゃなくなったわけだけどね。それにしてもこの状態で残り話数が3話ってのは微妙だなー。こんなんできちんと収まりつくのかね。

深夜アニメ館 © 2005- Takashima Kiyoshi / Nuruota.com


Amazon.co.jp アソシエイト