深夜アニメ館: アニメキャプ+感想+考察その他

2006/7/3 Monday

涼宮ハルヒの憂鬱 第14話「涼宮ハルヒの憂鬱 VI」

カテゴリー:  

さてさて涼宮ハルヒの憂鬱もこれで最終回。
思いもかけずハルヒ絡みの珍妙な事件の数々に巻き込まれているキョンのことなど露知らず、当のハルヒは平凡を絵に書いたような退屈な日々にストレスを溜めまくり。その上自分のことをわかってくれる唯一の存在だと思っていたキョンがなにやらみくるとイチャイチャしてる(らしい)現場を目にしたハルヒは無意識のうちに――

このあたり、前回も書いた通り原作だとちょっとテンポがもたつく場面なんですが、アニメ版ではさすがに画と音が付いてるだけあって勢いで見せますねぇ。時系列シャッフルの効果も相まってもたつき感なんてどこへやら。OPからEDまでフルに使って一気に纏め上げています。スバラシイ。そして最初から最後までほとんど崩れが見られなかった作画もまたスバラシイっすね。DVD版だとTV放映版では時間の関係で少しずつカットされたシーンも入ってるらしいですね。こりゃAmazonのアニメDVD売上げ上位がハルヒシリーズで占拠されるのもわかるなあ。プロモーションも巧妙だったし。

DVD以外の関連商品の売れ行きもかなりよさげ。本サイト経由でも結構売れてます。買ってくれた方ありがとうございます。・・・となるとやはり気になるのは続編の行方。噂では2期の製作が決まったって話も入って来ているのですが――これは期待していいかも。





このアニメ版、基本的に原作に忠実で今回もほぼ原作どおりなわけですが、細かいところでアニメ独自のシーンが挿入されてますね。今回はキョンが寝付く前の妹との会話シーンだったり校舎の探検に出かけたハルヒが神人の現出を目にする場面とかがそれ。

こういう独自シーンがほとんど原作の雰囲気を壊すことなく上手いとこスパイスになっているところ、巧いですねぇ。こういうのって簡単なようで難しいんですよね。そもそも原作読者の脳内イメージを忠実に再現するだけでも相当な難関。なにせ他人の頭の中のイメージを掴めなきゃなんないんですから。

普段強気なハルヒがキョンの袖をつまむところとか、細かいところの描写も秀逸。まあこちらは原作でも注目ポイントだったりするんですけどね。





OPにも出て来るCRTを通した長門有希との会話シーン。この再現度もイイですね。このあたりは間の取り方がポイントですが、もうパーフェクトっすよ。

でもって当初戸惑いを隠せなかったハルヒがこの段階になるともうノリノリで。朝比奈みくる(大)の警告の意味がキョンにもハッキリとわかる場面ですわな。





チュウキタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━!!!!!
自分と同じようにこの状況を楽しんでいると思って疑わなかったキョンが実は違ったと気付いたときのハルヒの動揺?そんなのどうでもよくなるキスシーンまでの流れ。
ま、このあたり、特にキョンの表情(ハルヒの手を引きながらの笑顔とか)にはちょっと違和感が無いでもなかったんですが、その後のハルヒの表情の移り変わりはそんなちょっとしたことなど吹っ飛ばす出来っす。GJ!





ポニテのハルヒ、さりげに窓の外に視線を外しながらキョンの様子を窺がうところなんざ、サムデイ・イン・ザ・レインの傘渡すところとモロ被り。ムズムズw
でもって冒頭と違ってみくるとキョンの痴話ゲンカを見ても余裕なのはやはりキョンの誉め言葉が効いてるんでしょな。(ノ∀`)

ともかく1クールお疲れ様です。スタッフやスポンサーの皆さんに感謝。噂によると“消失”を中心とした2期の話もあるようでこちらも楽しみです。
続報を待ちましょう。

2006/6/26 Monday

涼宮ハルヒの憂鬱 第13話「涼宮ハルヒの憂鬱 V」

カテゴリー:  

さてさて時系列シャッフルも前回で終了。ここから本編再開です。
何の予告もなくいきなり“転校”した朝倉涼子。その唐突さに事件の臭いを嗅ぎ取ったハルヒはキョンを伴って朝倉の住んでいたマンションに調査に向かったが――

さすがに今回は作画枚数を減らす工夫が目立ちましたねー。タクシーのシーンでは車外を走る車は止め画でしたし、ハルヒが自分の存在の小ささを実感する場面での背景を流れる人の列なんか同じ人物パターンが繰り返し出てるのがモロわかりでしたし。

でも逆に言えば、そんなどうでもいいところが気になるくらいに平均的なクオリティが高いってことでもあるわけで。冒頭のハルヒとキョンのマンション訪問シーンや神人と機関との戦闘など重要なシーンへの手抜きはなくメリハリは効いてます。

それにしても原作からしてこのあたりからラストまでの流れはいまいちもっさりした感じは否めませんからねー。今回のエピソードが朝倉涼子の襲撃前であれば、事件で一気に高まったテンションのままクライマックスへなだれ込みだったんですけど、ここで1クッション置いたせいで少なからず勢いが削がれているのは確か。そのもっさり感をどこまで抑えられるかというのも一つのポイントだったんですが、今のところはまあ無難に乗り切ってる?

でもここは1時間スペシャルで間を置かずに放映できたらもっと良かったんじゃないかなあ。無理な話だってことはわかってるけど。





当然ながら朝倉の家はもぬけの殻。管理人室での訊き込みでもこれといった情報は得られず盛り上がったハルヒの期待も尻すぼみ。その帰り道、ハルヒはキョンに問いかける。

「あんたさ、自分がこの地球でどれほどちっぽけな存在なんだか、自覚したことある?」

自分は特別な存在なんだと信じて疑わなかった少女時代のハルヒ―その自信が脆くも崩れ去った小学校最後の年の出来事。自分がありきたりでちっぽけな存在でしかなかったと気付いた彼女は、そんなありふれた日常から抜け出すためにはだた待っているだけではいけないんだと思うように――

ハルヒってば、ちっちゃいうちから頭良すぎたんだよなあ。まあ今の完璧超人ぶりからしてもそれは想像に難くないけど、普通の小学生ならまずそんなこと考えもしないだろうにね。高校生くらいならまだしも。
そういう意味からしても既にハルヒは“特別な”子供だったわけで、既に特別な奴が目指す“特別”は“さらに特別”になるのは当然の流れ。でもって当然その実現へのハードルはさらに非現実的な高さになるわけで・・・そりゃそう簡単に実現ってわけにはいかんわな。

でもそうこうしているうちにも行き場を失ったハルヒのストレスは増大を続けているわけで――





そして鬱積したハルヒのストレスは本人すら思いも付かない所で発散されていた。てか光の巨人、キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!!!!

まあTV放映では既に4話“―退屈”でチラッと出てきてましたから画的なインパクトはそれほどないですけどね。でもこの閉鎖空間シーンもそこそこ気合入った描写ですなあ。まあビルの破壊シーンとか煙幕で誤魔化してるっぽいところもありますけどね。

あとタクシー運転してるのってやっぱ新川さんですなw





今のキョンの立場でハルヒの動向に気をつけろとか言われてもそりゃ困るよなあ。有希も「気をつけて」としか言わねーし。まあ唯一ヒントらしいことを言ってきたのはおっきな朝比奈サンくらいなわけだけど、あれだけじゃやっぱ意味不明っしょ。

でもその意味もキョンが思っていた以上に早くわかる事態が起きることに・・・。次回、最終回「涼宮ハルヒの憂鬱 VI」。最後の予告はドリフのパロディ?

2006/6/19 Monday

涼宮ハルヒの憂鬱 第12話「ライブアライブ」

カテゴリー:  

前回に引き続き今回もクライマックス前のインターミッション。
今回は「涼宮ハルヒの動揺」から「ライブアライブ」。件の自主制作映画を撮り終わった後の文化祭での一幕。これで「エンドレスエイト」と「笹の葉ラプソディ」を残して“消失”前のエピソードはほぼ消化。DVDのみ収録のエピソードはやはり“笹の葉”でしょうか。“エンドレス―”はアニメ化するにはちょっと物足りないエピソードですしね。

それにしても今回のハルヒの描写、なんかメチャメチャ可愛いんですけど!
いつもの傍若無人な暴走振りと違って周囲の高評価に戸惑うあたりがなかなかイイっす。(性格以外)完璧超人でもさすがに1時間のぶっつけじゃやっぱ自信はなかったのかなー。それにこう見えて人の痛みを自分のことのように感じられる感受性もきちんと持ち合わせてることがわかった(これってめちゃめちゃ失礼な物言いだなw)いいエピソードでした。

原作の描写を全く損なうことなく更に完成度を高めた作りもGJ!さすがに期待を裏切らない製作スタッフです。スバラシイ。





高校の文化祭らしい、ある種の熱気はあるけどどこか抜けてる雰囲気が良く出てますなー。いつもながら背景描写もかなり細かい。てかモブにも全然気ィ抜いてねーな。このあたりは主要キャラ以外は塗りもないxxxHOLiCあたりとは別方向。前回出てきたコンピ研のゲームも出てました。でもって鶴屋サンの前を走り抜けてく2人。後を追うギターの子がこの後コケて手首を痛めることになるんだよなー。

“格安の材料使ったヘタッピ焼きそばでボロ儲け、笑いが止まんない”って鶴屋サン、そんなこと店の前で大声で言うようなことじゃねーだろ。てかメニューは焼きそばと水だけっていくらなんでも手ぇ抜きすぎw
まあ実質的な“商品”は焼きそばなんかじゃねーからいいんだろうけどあまりにも露骨過ぎねぇ? それでも乗せられてしまうのは哀しいオトコの性か。
谷口のキタ━━(゚∀゚)━━!!!!! にゃワロタけど。

谷口たちと別れたキョンは吹奏楽部や軽音楽の演奏をしてる講堂へ。てか座って休みたいからってジジィかヨ。まあ高校の文化祭での演奏なんて聴きに来るのは身内だけってなもんで人の入りもまばら。てきとーに休むのにはちょうど良いのかも知れないけど、なんだかまわりがざわついてるぞ。とか思ってたらなんかどっかで見たようなバニーガールが!!





あいつら何?みたいな奇異の目で見ていた観客も演奏が始まったら驚いた。何このハイレベル!? ( ゚Д゚)ポカーンと見ていた観客も演奏が進むに連れてノリノリに。そして観客の反応に乗せられてハルヒたちも――

う?ん、このあたりの映像化は難しいと思っていたら見事に仕上げてますね。スバラシイ。てか平野綾って歌上手いんだなあ。PA補正がかかってるとしてもここまでやれれば上出来ですよ。最初の歌のサビの部分とか下手なやつだと声自体出ませんからねぇ。演奏シーンの描写も細かいし、何よりハルヒたちの表情がイイ!

まあ細かく見ればところどころ「ん?」と思う個所もないではないですが、そんなの気にならないくらいの完成度。運指とかはモーションキャプチャでやってんのかなー。それともEDみたいに総手描き?とにかくすげー。





舞台は大成功。オリジナル音源へのリクエストも殺到してバンドメンバーから感謝されるハルヒでしたが――

感謝されることに戸惑いを隠せないハルヒがなかなかイイっすな。一見傍若無人に見えても困ってる人たちを見過ごせない優しさも持ち合わせてるってところとか、ここまで明確に表現されているのは原作でもこのエピソードが最初じゃなかったかな。まあ外見と中身のギャップについてはハルヒの性格設定の肝なわけで、ここまでもちょくちょくその片鱗を見せているわけですが。何にせよこのシリーズでは珍しい、ほんのり心暖かになるエピソードでしたね。

てなわけで次回は本編に戻ります。突然姿を消した朝倉涼子を追って独自に調査を開始するハルヒでしたが、またしてもハルヒの知らないところで物語は大きな変化を迎えることに―― って予告の古泉、今時スプーン曲げかヨw
次回「涼宮ハルヒの憂鬱 V」。物語は、クライマックスへ。

※追記
そういや今回使われたENOZの2曲が含まれた劇中歌集シングル、発売日は放映直後の21日なんですね。早いところではもう店頭に並んでるみたい。
いやー商品のプロモーションにも気合入ってますなあ。


涼宮ハルヒの詰合
?TVアニメ「涼宮ハルヒの憂鬱」劇中歌集シングル?

2006/6/12 Monday

涼宮ハルヒの憂鬱 第11話「射手座の日」

カテゴリー:  

さてさて今回はまた本編を中断して「涼宮ハルヒの暴走」から「射手座の日」。9話で部室の隅に積み上げられていたノートPCをどうやてゲットしたかってお話。今回もまた長門有希が大活躍。てか原作でももうこのあたりからはメインヒロインは有希になっちゃってるよなあ。まあ話の設定上ハルヒはずっと蚊帳の外なんで仕方ないか。ハルヒを中心に据えるとシリーズが終わっちゃうしね。

今回の見所はPCゲームという仮想空間をどう映像化するかってところでしたが、その点はかなりハイクオリティに仕上がってましたね。てか今やってるなんちゃら艦隊とかよりもずっと気合入ってるしw
当然今回も銀英伝だのガンダムだのヤマトだのパロディの目白押し。相変わらず好きだねぇ。

でもってもうこのあたりになると有希にもかなり表情が出てきてます。4話の“退屈”の時はキョンやハルヒなどSOS団のメンバー以外にはとんと無関心で鶴屋さんに話しかけられてても完全無視でしたが、今回終盤コンピ研の部長に話し掛けられるところとかでは前に立った彼をきちんと見上げてましたしね。古泉が指摘するように話が進むに連れてハルヒの態度が変化していったのはまあ当然なわけですが、変化の度合いはどちらかと言えば有希のほうが大きいでしょう。そしてそれがこの先“消失”のエピソードにつながって行くわけですが――。





ハルヒに奪われたPCを取り戻すためにゲームでの勝負を持ちかけるコンピ研。勝負事に目がないハルヒは当然大喜びで受けたはいいが、慣れないゲームに団員は四苦八苦。神出鬼没に現われては消えていくコンピ研艦隊に苦戦するSOS団だったが――

それにしても文化祭用に同人ゲーム作るとかコンピ研ってまともな部活してたんだなー。ただ2ちゃんとか見てるだけじゃなかったのね。ゲームの画面とか音とかの作りは’80年代終盤?’90年代初頭っぽい感じだけど、一応ネットワーク対戦型だし高校生の部活で作った作品としては上出来でしょう。でも自前のゲームで対戦って八百長の臭いがぷんぷんするんですけど・・・。





てかやっぱ八百長じゃん。最初から目隠ししてタコ殴りする気マンマンだったわけね。道理で気前良くノートPC4台も賭けるはずだわ。普通なら負けるはずがねえもんなあ。
でも普通じゃないのがSOS団。てか有希がいる時点で反則だよな。ハルヒは全然わかってねえけど。

それにしても有希の学習能力はハンパねえな。最初は空中マウスだったけど日を追うごとに驚異的に上達してるのが・・・。てか動作中のソフトいきなり書き換えるなよ。なにが「地球の現代技術レベルに則って――」だよ。そりゃそれなりにお膳立てが整ってりゃできんことはないかも知れないけど、あの短時間でそれをやるのは既に人間のレベル超えてるぞ。w





てなわけでいきなり形勢逆転。SOS団の方は有希の分艦隊での全方位索敵が効いてるからなあ。いきなり目隠しされたらたまらん。ノートPC4台はさすがに高校生の財布には負担が大きかろうけど、仕方ねぇわな。

古泉はハルヒとキョンの信頼関係について指摘してたけど、このときにはそれと同等以上に有希とキョンとの間にも互いへの信頼関係が出来上がってます。特にほぼ全能であるはずの有希がキョンへ寄せる信頼は大きい。今回もほとんどキョンに指示を求めてますしね。ここまでのエピソードを通してもっとも大きく変化したのが長門有希。みくるみたいに全然変わらないキャラもいるけどね。

さてさて次回は・・・え?ライブアライブ?これはまた意外な。時系列的に“消失”以前のエピソードは今期使い切っちゃう方針かな。となるとやはり2期への期待が高まりますねー。完全にそれ意識した構成でしょこれは。

深夜アニメ館 © 2005- Takashima Kiyoshi / Nuruota.com


Amazon.co.jp アソシエイト