深夜アニメ館: アニメキャプ+感想+考察その他

2005/4/18 Monday

まほらば #15

カテゴリー:  

まほらば15話「・・・かも」。いや、まーいーんですけどね。好みは人それぞれだとは思いますが、ぶっちゃけおいらにとってはつまんないんですよコレ。シリーズ中盤を過ぎてもストーリーの方向性が全然見えないし。まーそもそも目的地なんて最初からないのかもしれませんけどね。でもどうしよう?これから。

※まほらばは今ひとつノリきれないためここで一旦更新を中止します。残りはシリーズ終了後まとめてフォローする予定。(4/26)



珠実さえ口もきいたことがない“あの子”。なんとか話だけでもとアプローチする2人ですが、てんで話しにならず。「無害だから、いいか」という白鳥に珠実猛反発。



なんとか“あの子”の心を開かせようと住人総出で作戦を練るものの――

一応興味は示してるんですけどね。その先にはなかなか進めない・・・と。



白鳥を除いて全員討ち死に。はじめて見る(らしい)白鳥に“あの子”は手品を見せます。手品を通じて仲良くなろうと思った白鳥は練習をはじめるのですが――。

なーんか唐突ですなあ。口もきけないような相手に手品なんて見せるか?どうも取ってつけた感が否めませんよ。



一所懸命に練習する白鳥に“あの子”がついに――。

まあ流れからしてそーでしょうね。てか先の展開が丸わかり過ぎでわくわく感のカケラもないんですが。



「自分と話なんかしてもつまらないかも――友達になっても・・・」と話す“あの子”。そんなの関係ないから友達になろう!という白鳥のアプローチにとうとう“あの子”は心を開きます。“あの子”の名前は・・・紺野棗。

白鳥の絵本のストーリーもだけど、作りがおざなりでつまんないんですよ。そのつまんなさをBGMで誤魔化してる感じもなんだか・・・。ジンキ・エクステンドなんかも結局はつまんなかったけど、あれは原作はどうなってるんだろう?と期待させる要素はありました。原作も買っちゃいましたしね。でも本作は・・・。なんか最後まで取り扱いを続ける気がなくなってきてますねぇ。どうしよう?

2005/4/11 Monday

まほらば #14

カテゴリー:  

お話半ばを過ぎて新人格出現ですか・・・まとまるのか?これ。



夏休みも最後の週に入ってるのに課題真っ白けって、小学生かい?白鳥君。切羽詰ってるときのアイデアなんて、ろくなもん出てこないからなあ。それにこういうのって日頃からネタを仕込んどかないと、いきなりカタチにするって出来ないでしょー。



お楽しみ畑の作物とお話 ― なんかすんげーアヤシイんすけど。まあ沙夜子がいなくても梢ちゃん素でやりそうだからなあ。でもってそれにヒントを得て白鳥も創作開始・・・って、最初にキャラ設定から入るタイプなのね。でもこういう作り方ってふつーなのかなー。なんかかえってストーリーが作りにくそうなんだけど。



まあ鳴滝荘のキャラをネタにしてる限りお子様向け絵本にはなりにくそうな気がするなあ。てかみんなどっかから引っ張ってきたような話ばかりなんですけど。これじゃあ納得いかんのも当然だわな。



でもってやっぱアイデアの源泉は梢ちゃんですかい。作業自体はサクサク進んでるみたいだけど、さてどんなお話が出来るのやら。



んー、何コレ?育てるのに苦労してるところの絵って・・・なんか怖えーよ。でもってなんだか梢ちゃん身を乗り出してきてるし。そんなに面白いか、この話?



突然消えちゃったって展開もなんだかだけど、梢ちゃんの反応もなんかみょーですよ。てかまた鈴が・・・。てなわけでまたわけわからんキャラの出現のようです。これで全部なのか?それともまだ別人格あるんか?てかこの流れでホントに最後まとまるんかいな?

2005/4/5 Tuesday

まほらば #13

カテゴリー:  

まほらばはいつものまったり進行。今回は宝捜し?
でもまったりすぎて書くことねーヨ。

あちゃー工具箱あった?
これは?地図?

あー蝶番は壊れる前に直しとかないとねー。ガタガタしてるうちに増し締めしとけば大丈夫なんだけどな。でもって倉を探しているうちに宝の地図らしきものを発見。なーんかベタベタだけど、そこがまほらばらしいといえばらしいっすねー。

宝捜しするぞー!お宝って内職何日分?
楽しみです?やるぞー!

沙夜子、動揺しすぎ。内職何日分って・・・、そんな哀しい例え出すなよ朝美。

背比べの跡?自然の営みをご覧あれ・・・?
このかすれた字さえ読めれば―読めればいいんですよね

このあたりで先の展開が読めてしまうのもまほらばだわなー。超予定調和的な進行ですわ。

焼け残った鳴滝荘は周囲のみんなの憩いの場だったんだ再開発を急ぐ役所は何度も立ち退きを求めたけど―
当時の大家は鳴滝荘を守り通したんだ―えらい大家さんだったんだよ

昭和21年当時のメンバーと現在のメンバーがそっくりすぎるのはちょーっと狙いすぎだろー。

これさえあればバッチリですぅ折り目正しき者にのみ現れる?
あー!見つけた!

謎のメカだなー。白鳥も言ってるけどそんなの商店街で売ってるってのがねー。てかその店、相当な確率で珠実を念頭に入れた品揃えしてるなー。田舎の万屋みたいに。

何コレ?かつがれた?
昭和21年の鳴滝荘で、今の鳴滝荘

てなわけでまあオチはこんなもんでしょー。お話が全然進まないのもまほらばらしいっすね。

2005/3/31 Thursday

まほらば #12

カテゴリー:  

ん?先週やっとドラマっぽくなったかなーと思ってたら、またユルユルに逆戻り。今回は海水浴で水着づくしのお話ですな。てかそれだけで丸々1話ですよ。やっぱこれが本来の姿?

あぢ?ギラギラ
あの?梢ちゃん、それ僕の―ボケボケの梢ちゃんも、らぶりぃ♪

誰よ?って思ったら桃さんでしたか。崩しすぎだろーこれ? 梢もどうボケたら他人(白鳥)の下着を洗濯することになるんだか・・・。
てゆーかそもそもどこから持ってきたんだ?なーんかネタにするにしても飛びすぎだろー。

海?さぁ遊ぶぞ?
下心ミエミエですぅ本当はあっちに塗りたいんでしょ?

てなわけで海へ。途中のなんちゃら岬の部分はほとんど本筋に関係なし。鳴滝荘の女性陣は一部を除いてムチムチですよ。
ここはサービスシーンなんだろうなあ。う?ん。今ひとつ萌えないのはなぜなんだろうなあ。

似合ってますぅあははは
ぐはっ!誰と話してるの?

梢、ボケすぎ。白鳥、乗せられすぎ。珠キチ、容赦なさ過ぎ。灰原、寂しすぎ。

ありがとうじ?
ど?も?気のせいよ?

なんか新キャラ登場してますよ。でも、何に絡むでもなく退場。このブツ切り加減が本作の特徴ですな。次回出てきたときには多分すっかり忘れ去られてるよ。よーよー言ってるお姉さんもどっかで出てたキャラだよなー。

となり、いいですか?帰りにあの岬によりましょう
楽しかったねそうですね

まあ予定調和なオチで。でもこのシーンをこの岬でやる必然性ってのが全然ないんだよなあ。てかホントはこのシーンをやるために前半で立ち寄ったはずなんだけどねー。なーんか取って付けたようなシーンになっちゃってますよ。こんなんでホントいいのかぁ?

深夜アニメ館 © 2005- Takashima Kiyoshi / Nuruota.com


Amazon.co.jp アソシエイト