深夜アニメ館: アニメキャプ+感想+考察その他

2005/12/27 Tuesday

GUN×SWORD ガンソード #26 (最終回)

カテゴリー:  

ガン×ソード 第26話「タキシードは明日に舞う」。
まあ言わば型通りの展開ではあったものの、事前の期待を裏切らない最終回に仕上がりましたね。製作スタッフGJ! でもなんだ、これで終わりかと思わせながらもしつこく引っ張るところとか、なんだかベートーベンみたいな作風ですなー。

でもさすがに終盤まで残ったキャラにはきちんとそれぞれ見せ場を用意してあるところは感心しますね。最初はただウザイだけのボケキャラかと思われたジョシュアの成長っぷりには目を見張ります。そりゃユキコだってサポートしてく気になるわな。まあヴァンを囲む女たちの絡みについてはウヤムヤなまま終了しちゃいましたが、それやり始めたらきりがないっすからね。

それにしてもシリーズ終盤の盛り上がりはスバラシイ。まあ正直中盤はどうなることかとも思いましたが最後まで切らずに見続けて正解でしたね。終わりよければすべて良し。これからも良作を送り出してくださいね。スタッフの皆さんお疲れ様。スポンサーさんにも感謝です。





終盤一番成長したのがジョシュアってのが意外でしたねー。結局最後に鉤爪の野望を未然に阻止したのもジョシュアなわけで。ヴァンなんて主人公のクセに最初から最後までバカなままだしなあw

それにしてもバカ代表ってのにはワロタ。やっぱ作中でもバカ扱いか。まあ主人公キャラってのはどっか抜けてるのが定番なんだけど、ヴァンの場合そのバカさ加減が半端じゃないからなー。まあでもそのバカさがヴァンっつーキャラの持ち味でもあるわけで。でもってモテモテ。レイの言葉じゃないけどマジで恵まれてるよな。

ミハエル&ファサリナは意外な結末に。あれだけは完全に想定外だわな。でもまあこの作風でいったん敵側に回った人間が無傷で済むってことは考えにくいから、あーいうのもアリか。どのみち続編が作れるような終わり方じゃないしね。でも後味は微妙かな。

でもって最後まで報われなかったのがプリシラ。彼女はちょっとかわいそうだったかな。せっかくヴァンを追いかけてきたのに既にウェンディがポジション固めた後だったのが残念だったね。ラストの再開シーンはちょっと蛇足っぽいけど、半分コメディな本作ですから〆としてはこういうのもアリでしょうね。

2005/12/20 Tuesday

GUN×SWORD ガンソード #25

カテゴリー:  

ガン×ソード 第25話「バカがヨロイでやってくる」。
やっぱエルドラもプリシラもファサリナも生きてましたねー。てかオリジナルはヨロイと運命を共にするんじゃなかったのかヨ。ファサリナにしてもミハエルにしてもヨロイ大破してんのにピンピンしてるしなー。無改造のヨロイ乗りなら大丈夫ってな言い訳はウーや双子が否定してるぞ。

まあでもクライマックスらしい燃え燃えな展開になってきましたねぇ。まあちょっと強引ではあるけど流れ的には王道ですわな。無敵のはずのミハエル&サウダーデがアッサリ蹴散らされちゃったのはアレだけどw

でも実は主役のはずのヴァンが囮役で、計画に致命的なダメージを与える役割をジョシュアが担ってるってのは新しいですねー。ユキコとの掛け合いもクライマックスらしいっすよ。ファサリナ×カルメンのバトルも今までのとは一味違う感じです。

でも鉤爪が最後のプレゼントにヴァンの嫁さん復活させるって言ってたけどありゃどういうことなんでしょーねー。よくわからんぞ。予告見てもなんかやっぱヴァンは先が短いっぽいし。
まあ泣いても笑っても次回が最終回。ファイナルにふさわしい盛り上がりを期待しましょう。





なんか最近ジョシュアがやたら男前になってんですけど。実はコイツが一番成長してんじゃね? 最終的に鉤爪の計画をぶち壊すのもジョシュアっぽいし。単なるボケ役で終わんないところがいいっすね。

いつも寝てばかりだったカルロスにもやっとスポットが。てかこれはやっぱ狙ってるのはミエミエでしたからねぇ。ボコボコにやられてたはずのエルドラも補助動力で動いてるとは思えない復活っぷりでスバラシイ。プリシラも一息入れて元気いっぱい?

エルドラ組やプリシラの復活とは対照的にボロボロなのがミハエル+サウダーデ。最強のハズがなんでそんな簡単にやられるかなあ。いくらナメてたにしてもあっけなさ過ぎ。やっぱミハエルお子様だなあ。ファサリナのしぶとさを見習わなきゃ。

でもって次回は最終回。ジョシュアの破壊工作は成功するか? そして鉤爪が提示したヴァンへのプレゼントとは? 最後に盛り上がりを見せるガン×ソード。このまま一気に走り抜けることができるか。次回も、必見ですね。

2005/12/13 Tuesday

GUN×SWORD ガンソード #24

カテゴリー:  

ガン×ソード 第24話「夢の終わり」。
ラス前にしてキョーレツな作り込み。これはすげーー!!
レイの退場は予定通りだけどそこまでの過程の描写は今までとは比べ物になんないよ。相手がダリアというのもあるけど戦闘シーンの気合の入りようも今までとは全然違う。でもってジョシュアとの連携でダリアを倒して鉤爪のところへ?ラストまでは1シーンも無駄がない緻密な作り。シリーズ序盤の正直タルイ進行からは想像も出来ないっすよ。

結局レイは最後の最後までシノ一筋だったってことですね。ヴァンもそうだけど一穴主義もここまで徹底すると見事としか言いようがないっす。イイ感じになりかけたユキコには可哀相だけどね。でもってレイの復讐は鉤爪にとって命よりも大事な計画を台無しにすることで見事に達成。満ち足りた気持ちで彼岸に旅立つことに。

でもエルドラやブラウニーは既に行動不能。ホバーベースもヴォルケインも失った今となってはこれ以上鉤爪の計画を遮ることは出来なくなったわけで、最終回はどういう展開になるのかはまだ読めませんねぇ。これでレイに撃ちこまれた弾丸除去すれば再稼動も可能なんてことになったら・・・。

まあでも最終話はバカが戦車ならぬヨロイでやってくるらしいですから、今回1カットたりとも出てこなかったあのバカが降りてくるって事で間違いないでしょう。最終話もこの勢いで駆け抜けるか!?





それにしても今回のダリアとヴォルケインのバトルは燃えますねぇ。オリジナルには性能面でそうとう差があるヴォルケインでダリアとほぼ互角に戦えたのはオリジナル側の光学兵器の源流がシノの研究にあったからってことですね。確かにウー以降オリジナル側の主兵器はビーム兵器ですからそれを無力化できるってのは大きい。でもって言われるまで誰も気付いてないし。

でもバトルに夢中になってジョシュアのホバーベースの接近に気付いてなかったってのは・・・まあそのあたりは突っ込むところじゃないなw これがなければ流石のレイもダリアに勝つのは難しかっただろうし。ファサリナ、一瞬のよそ見が命取り。

でもってラスト。鉤爪ってああ見えてやたら反射神経がすげーなー。いくら鉤爪付けてるからって素手で銃弾弾くかよw でもって逸らした銃弾がギアに噛み込んでシステム停止ってwww
いやこれマジに考えるとすんげーデタラメなんだけどこれを違和感なく見せてしまうところが今回の演出の凄さだわな。

てなわけで次回は最終回じゃなかったラス前だわ。エルドラもブラウニーも戦闘不能だけど潰れちゃいないからとりあえず乗員は生存ってトコでOKでしょ。でもって今回1カットも出てこなかった本作の主役も次回はさすがに帰ってくるっぽいな。でもアノ状況からどーやって帰還するんだ?

2005/12/6 Tuesday

GUN×SWORD ガンソード #23

カテゴリー:  

ガン×ソード 第23話「みんなのうた」。
結局ヴァンってお星様に成り掛けてたんだなw まあほとんど事前準備もなくイキナリの打ち上げで全て上手くいくなんてありえねーからなー。図らずもミハエルに救われたってのがなんとも・・・。でも初めての宇宙空間でよく戦闘なんてできるなあ。

まあそれは良いとしてやっぱレイの死亡フラグ濃厚だなー。何気にファサリナ姐さんが気にしてるところをズバっと突いちゃったりしてるし。プリシラは今のところ大丈夫っぽいけどレイは次回には退場臭い。

でもって宇宙での戦闘がまるで夕方にやってたどこぞのアニメっぽいんですけどw これってやっぱ狙ってやってんだろうなあ。でも颯爽と登場したのはいいものの、結局ヴァンは月からの触手みたいなのに捕まってたりして事態はたいして変わってないよ。鉤爪の計画もやっぱよくわかんねーし、最後はどうまとめるのかなー。





意外だったのは衛星の乗っ取りがムチャクチャ簡単だったこと。認証コードも何もなく、とりあえず中に入ってしまえばOKってセキュリティ的にどうよ? この衛星軌道まで上ってこれるのはオリジナルセブン以外には想定する必要すらなかったってこと?

でもってなんだかレイとユキコがいい感じになってきてるけどどうなのかなー。このままだと次回くらいにはレイ退場になりそうなんだけど。ユキコが見届けたいってのやっぱレイのことなんでしょ?

それにしても単に出られなくて漂流してたのを10日以上も待ち伏せしてたと勘違いされてるヴァンにはワロタ。まあ鉤爪んとこのクルーにも想定外だよなあ。彼らからしてみればバカなヴァンにそんなことできるとは思えないだろうし、実際バカだしw

でも結局月からのなにやらわけわかんない流体に捕まってるよヴァン。こんなんで今後のストーリーに絡めるのか?

深夜アニメ館 © 2005- Takashima Kiyoshi / Nuruota.com


Amazon.co.jp アソシエイト