深夜アニメ館: アニメキャプ+感想+考察その他

2006/9/18 Monday

ゼロの使い魔 第12話「ゼロの秘宝」

カテゴリー:  

あー、OPにもちらっと出てるからどこかで来るとは思ってたけど>ゼロ戦。まあタイトルがタイトルだし最初から狙ってたんでしょうけどね。でもまあ今回でラストへ向けてのストーリーはほぼ決まったようなものかな。才人が元の世界に帰るかどうかが変数として残されてるけど、まあ残るのが順当でしょう。

でもやっぱ敵側の描写が殆んどなされていないのがちょっと残念かなあ。ただ単にやられるための敵しかいないんじゃ物語的な盛り上がりは期待できませんからねぇ。もっとも最初からそういう作品じゃないってのは今までの流れから明らかなんでそういう突っ込みは完全に的外れなんでしょうけどね。





それにしても物分りのいい姫様だなあ。もちょっと取り乱してもよさそうなもんだけど。連れ合いが一回り遅れてハマってる韓ドラなんかだとこうは行きませんからね。まああちらは文化が違いすぎるから同列には語れないけどね。

でもってシエスタの田舎に異世界人が乗ってきた龍とやらがあると聞いて飛び出す才人。シエスタと連れ立って出かけるところを目撃したルイズはもう居ても立っても居られなくなって――





このルイズの絵に描いたような典型的なツンデレ振りはなんなんでしょーねー。やっぱここは(・∀・)ニヤニヤするところ?

でもって龍の正体はゼロ戦でしたって・・・まあどっかで出てくるとは思ってたけどね。でもそんな昔のがほぼ新品状態のままあるわけが――って、固定化の魔法で保存ですかそーですか。でもってこれをガンダールヴの能力で飛ばすんだろうなあ。整備をどうするのかはしらんけど。機銃弾も装填済みですか。





まあでもそういう物語の粗は登場人物には関係ないところ。ルイズの思いはただただ才人が元いた世界に帰ってしまうのかどうか。でもそんなことも消し飛んでしまうような事態に。例のレコンキスタがアルビオンを乗っ取ってトリステインに戦争を仕掛けてくる!

とまあラストへ向けて加速してるわけですが、このわかりやすさだと最終回の展開はほぼ決まりですな。最後に才人がトリステインを離れるかどうかが最後に残されるわけですが・・・やっぱ残る方が可能性としては高いかなー。

2006/9/11 Monday

ゼロの使い魔 第11話「ルイズの結婚」

カテゴリー:  

これはもう言い訳できんほど完全な任務失敗ですなー。でもそもそもの元凶はアンリエッタが付けた護衛なわけで、一方的にルイズを責めるわけにもいかないのが姫殿下には辛いところ。それにしてもあっさり引っ掛かりすぎだろ。

でもってルイズは失われた虚無(でいいのかな?)系統の魔力を継承してるってことか。でも根拠は伝説の虚無の魔法使いの使い魔ガンダールブ(才人)が付いてるからって事なんだろうけど、そんなんであっさり決め付けていーのか?まあこの作品にそんな細かいこと求めてもしゃーないけどね。





それにしてもものの見事にひっかかってますねぇ。まあルイズに才人にギーシュじゃしゃーねーか。てか王女直々に遣わされた護衛が実は裏切り者だなんて最初から思いはしないからなー。





ルイズを連れ帰るのにこだわらなければワルドにとっては実に簡単なミッション。最初っからルイズたちに勝ち目はないわな。でもここでルイズを引っ張れなかったことが後々効いて来るんだろうね。予想を裏切らない展開の安直さはこの作品の特徴だし。

2006/9/4 Monday

ゼロの使い魔 第10話「姫君の依頼」

カテゴリー:  

うわー、なんちゅーわっかり易い悪役キャラや。ここまであからさまなのもすげーな。てかフーケも居るし隠す気なんかさらさらねーって感じ。まあもう終盤なんで引っ張る意味もないんだけどね。

でもワルドってそれなりに大物のはずなんだけど、このどうしようもない小物っぽさってなんなんでしょね。本来なら才人なんて煙に巻きゃいいだけの話でしょ。わざわざ敵意抱かさせてどうすんだっちゅーの。最初から全力で潰すんならともかく中途半端に威嚇してもかえって警戒されるだけ。なんなら懐柔するくらいが虚を突くには好都合だろうに。

シャナもそうだったけど相手が小物すぎて巨悪の陰謀に立ち向かうっちゅー緊迫感が出て来ないのはかなりマイナスだよなー。てか原作ラノベもこんなもんなの?てかそんなのどうでも良いだろおまいらルイズのツンデレぶりにでも萌えてろっちゅー製作側のメッセージなのかもね。





でもワルドの登場まではなかなかいい流れ。才人の力のネタバレもこんなもんでしょね。でもあのフラスコの液体は今後の伏線かなー。なんか才人には心当たりがあるような感じだけど。でもあと3話で回収できるの?





ルイズがクドクド言い訳してるのに気が回らない才人はいかにもこーゆーお話の主人公って感じだな。それにしてもワルド、単刀直入にも程があるだろ。いきなり手合わせってなんだよ。実力見るだけなら他にも方法があろうに。てか思いっきし格下の相手を何マジで挑発してんだか。





てかフーケいるよフーケ。つーか前回終盤どころか7話の時点でワルド出てきてるからなあ。意外性もへったくれもねーよな。とか思ってたらフーケと2ショットですかい。いくらなんでもわかり易すぎだろ。コレくらいじゃないとラノベの読者層って付いて来れないのかなー。んなワケねーよなー。

てなわけで次回には早速ワルドの本性が明らかになりそうな流れ。でもってルイズと才人はまんまと離間の計にハマってる?まあそりゃいーんだけどラストに近い割りにはクライマックスの気配が薄いなー。一体どういうオチにする気なんだろ。実際ソッチの方が興味あるわ。

2006/8/28 Monday

ゼロの使い魔 第9話「ルイズの変心」

カテゴリー:  

さて今回は前回の続きでルイズにかけられた惚れ薬の魔法を解く&タバサにあたえられた任務のお話。でもさすがに今回はちょっと安直すぎる展開だなー。もちっと捻りがあってもいいんじゃない?

でもって今回出てきた精励の秘宝やフーケを加えたクロムウェル一派との絡みがクライマックスに繋がる布石みたいだけど、残り数話できちんとまとめることが出来るのかなあ。もっともラストの王女の来訪がクライマックスへの入り口っぽいんで動き出したら話は早いのかもしれないけどね。

――ってここでまた新キャラ登場かヨ。ルイズの知り合いっぽいけど、この場面で登場って事は・・・。





あー、シエスタ怒ってるよシエスタ。
こういうタイプが一番ややこしいよなあ。でも実際このタイプって結構いるからな。うっかり地雷踏んだ日にゃ・・・桑原桑原。

でもってモンモンの媚薬って非合法だったんかヨ。いくらなんでもすぐバレるだろー。案の定才人に付け込まれてるし。コイツも隙ありすぎ。





なんかとんとん拍子に話進んでますよ。水の精霊ものわかり良すぎ。それにしても才人なんも考えてねーなー。世の中には気合だけでは解決できないもんだって沢山あるのにさ。

で案の定あっさり撃退されてるし。相手がキュルケやタバサでなかったら即アボだよ。「彼れを知らず己を知らざれば、戦う毎に必らず殆うし。 」と孫子も言ってるだろ。





え?マジでOKなの?>水の精霊
この展開はちょとイージー過ぎじゃねーの?てか才人「何年かかっても関係なさそうだしな」とか舐めた事言ってるし。そんなん事実上反故にしても構わねーって事じゃん。そんなんでOKとはね。まあ本作の流れからしてすぐに約束果たすことになるのはわかるけどこの展開はちょっとなー。

てなわけで惚れ薬関連もタバサの任務もあっさり一件落着。とそこに王女がお忍びで来訪。またなにやら厄介な任務を頼みに来たようだけど・・・。

深夜アニメ館 © 2005- Takashima Kiyoshi / Nuruota.com


Amazon.co.jp アソシエイト