深夜アニメ館: アニメキャプ+感想+考察その他

2005/7/1 Friday

フタコイ オルタナティブ #13(最終回)

カテゴリー:  

フタコイ オルタナティブ、第13話「3人でいたい」。

いやー終盤はほとんど勢いだけで押し切った感じです。結局ハム彦は黒幕なんかじゃなく単なるワキで終わっちゃいましたし、るるららの正体も最後まで謎のまま。イカも結局はキック一発で退場のどうでもいい存在でしかなく、そのあたりに期待していた人はガクッと腰を折られる展開に。てかそもそも広げた風呂敷をたたむ気など最初から無かったんでしょうね。

まあもともとの設定がムチャなんで、ストーリーなんてのは最初からキャラの動きを見せるための添え物でしかなく、本題は主人公たちの日常描写+アクションに絞り込んだってことなんでしょう。そういった作り方もまたアリですかね。でも沙羅と双樹が恋太郎との関係を深めていく過程はもちょっと丁寧に描写して欲しかったかな。なんかさらっと流しすぎな感じ。




左中断のカットなんてまんまカリオストロですわな。でもルパンだったら沙羅なんてあっという間に引き上げちゃうよな。ありゃ超人だし。

でもイカ。これ1話冒頭ででて来たヤツですよね。でもなんか出てきたはいいけど浮かんでるだけってのはあんまりにもマヌケじゃないかい?





このあたりの戦車とかはエヴァかな。撃っても撃っても効かないイカの防御力はイカす。

でもこのあたりの沙羅と恋太郎のやり取りはなんかびみょー。なんか今ひとつ緊迫感に欠けるんですけどなんでだろー?てかおまいらすぐそばでドンパチやってんのにそんな言い合いしてる場合じゃないだろー!!・・・とか言ってたらミサイル飛んでキタ━━(((( ;゚Д゚)))━━ !!!!!




でもあっさり助かってしまうのがフタコイクオリティ。うわープロペラで恋太郎たちがミンチに!!・・・なるわけないし。

でもって恋太郎、愛之助譲りの探偵キックでイカを一撃!!戦車砲や艦砲の雨霰でもびくともしなかったイカをあっさり撃破!!なんでやねん!?





いやーそりゃ沙羅の言うことごもっともですわ。いくら飛ばしても200km/h程度も出ない複葉機より、時速1000km/hで飛ぶジェット機の方が数段早いって。実際霜島サン先についてるし。

でもってるるらら。キミたち結局なんだったの?てかこれ絶対「どこかの秘密組織」以上の設定考えてねーよな。

ハム彦。結局最後までへたれキャラかヨ。最後のどんでん返しを期待したんだがなあ。でもそれにはやっぱあと1話くらいいるか。

そして二子魂川では杉作のオバチャンと源さんの結婚式が。「最高デスカ!?」「最高デース!!」・・・いやそこはHAPPY。

*

てなわけでフタコイ。おいらの脳内では「スカスカの脚本でどれだけ盛り上げられるかを試す実験作」として認定。てかこれ最初から意図的に背景説明を省略してた感じがありますからねぇ。例えばエルフェンリートとかだと明らかに尺の問題で切らざるを得なかったって感じですが、こちらはそもそも端っから描写する気が感じられないわけで。

でも、最初から“話作りなんて二の次。キャラやアクションでひきつければいい”という見方からするとかなり良く出来た作品ともいえますね。例えば今年だけでも同じような作りの作品はいくつかありましたが、それらは途中で見るの辛くなっちゃいましたからね。フタコイは全体としてのストーリーは薄っぺらいものの、そこから切り出した場面場面の描写にはかなり気を使っていることは明白。そして、各々の話にフォーカスを絞れば非常に良く出来てる。だからこそ最後まで視聴者(といっても個人的なものですけど)を飽きさせずに引っ張って来れたのではないかと思います。

まあ最初期待したのとは全然別の方向に行っちゃったわけですが、それでも最後まで楽しく見ることが出来ました。次はもっと充実したお話を見てみたいところです。スタッフのみなさん御疲れ様でした。そしてスポンサーさんにも感謝です。

2005/6/24 Friday

フタコイ オルタナティブ #12

カテゴリー:  

フタコイ オルタナティブ、第12話「光ある場所へ」。

ラス前に来て力技で盛り上げに来てますねぇ。なんか25分そこそこにメチャクチャ詰め込んできてるし。でもってあっちこっちから色々ネタも引っ張ってきてますヨ。結局はOP&1話のノリに回帰するわけですな。さあ時間もないことだしチャッチャと行きましょう!




なんかカリオストロっぽい舞台設定だなー。ICPOとか言ってるし。でもなんかヴェスパーっぽい気も・・・。この人達が動くのは次回みたいっすね。このねーちゃんなんかええなー。



なんか沙羅がホロっと行きそうになってる!? Σ(゚Д゚;)
まあこの状況からしてそうなってもおかしくはないんだけど・・・なんかみょーな感じもしてきたぞ。




なんじゃこりゃー!?若頭じゃないけどこの変形ロボットはイキナリだろ!! でも説得に力入らない木下といい、やる気のない若頭といい、なんか根っからの地元民って感じ出てるよなー。



いやそりゃ沙羅じゃなくても( ゚Д゚)ポカーンだろ。イキナリ真顔でそんなこと言われてもなー。でもって証拠がニコスポだし。でもこいつらマジで突っ込んだん?不死身か!?



まあこのあたりはお約束といえばお約束。でもちょっと恋太郎&双樹、ハム彦&沙羅と別れて筋が入りくんで来てるなー。てかこのバットの音って・・・ライトセイバー?



オヤジかっけー!!なんかすんげー仕込みだな組長。でもイキナリ態度へたれてる源さん・・・。(ノ∀`)



ゴスロリ仮面inドイツキタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!!!!

なんかいきなりOPのノリ来ますたよ!!霜島さんもユニフォーム姿で登場ですか。るるららはどうした!?



なんかハム彦の“いい人”ぶりがメッチャ強調されてんなー。沙羅なんてもうクラクラ来てますよ。でもこれは次回あたり大どんでん返しの予感が・・・。



てかアンタたちドサクサに紛れてナニやってんですかー!! Σ(゚Д゚;)
そりゃ沙羅に知れたらただじゃスマンだろ。うぎゃーーーー!!

てなわけで次週の最終回に繋がるわけですが、前回に続き今回も力技でいきますなー。まあ前回に比べれば相当マシですがね。さて泣いても笑っても次で終り。夢の三人暮らしは実現できるのか?そしてハム彦はどうなる!?

次回、最終回「3人でいたい」をお楽しみに!なんか予告では沙羅がやばいことになってるぞー!?

2005/6/18 Saturday

フタコイ オルタナティブ #11

カテゴリー:  

フタコイ オルタナティブ、第11話「燃える二子魂川」。

何この超展開?( ゚Д゚)ポカーン
予想もできない展開・・・っていうのは誉め言葉にもなるんですけど、今回は遥かナナメ上をぶっ飛んで逝ってますヨ。てかドイツって何?何でそんな蚊トンボみたいな複葉機で?てかそんなのどこから持ってきたの?




まあ取って付けたようなイカファイヤーの説明はともかく、ようやく序盤のようなアクションシーンが復活してきましたね。てかハリーかっけー!!あっという間にやられちゃったけど。

でも恋太郎、運転中の携帯電話は禁止だぞー。



イカ強えー!自衛隊も一撃かヨ!!ってあのミサイルはどっから出てきたんだ!?恋太郎もなんだか最初の方の仮面ライダーみたい。

でもイカスミ攻撃であえなく沈黙!?最初は滑ったんかと思ったけど、目眩ましの後のミサイル攻撃にやられてんのね。でも・・・


この人たちは一体・・・? ネコミサイル? 遊んでんなー。



“恋太郎を信じる!”双樹健気でかわえーなー。でも・・・
ありり? 恋太郎、再起はいいんだけど何故に競争に!?そんなことするために追っかけてたのか!?



なんだかイカとの戦いはウヤムヤのうちに終わって病院に・・・。フォローも無しかよ。結局どうなったの?

霜島サンが告げるイカファイヤーの正体と“わだつみ機関”についてのお話、そして沙羅が旅立った話・・・。正直展開が唐突過ぎてムリヤリ感が強いんですけど・・・。ロビーには茶髪綾波と音速丸?音速丸よく出ててるなー。数話前にも出てたよね。




そんな最終兵器あるんなら最初からとっとと出せよ霜島さん!悠長にテレビ見てる場合じゃないだろ!?なんかイカもあっさり撃退されたようで描写もないっすよ。てかもうイカ退場ですか・・・一体何だったの?てかいきなり自家用機でドイツへ!?免許は?国境はどう越えるん?てか燃料持つん?いくらリアリティ無視っつーても、コレはいくらなんでもやり過ぎだろ!?

なんか予想のはるかナナメ上を行く展開にビックリですよ。いや確かに最初からリアリティーは追求してませんけどね、これはかなりハズレて来た感じがぬぐえないなあ。あと2話だけど一体どうまとめるつもりなんだろう?

2005/6/11 Saturday

フタコイ オルタナティブ #10

カテゴリー:  

フタコイ オルタナティブ、第10話「クマのように舞い イカのように刺す」。グズグズも3話続くと流石にキビシイですなあ。でもその後の跳躍のためにはタメも必要。あとはどれだけ高くジャンプ出来るかが見モノです。

でも今回のイカはありゃ唐突過ぎるよなあ。意外性は満点だけどそれがいいのか悪いのか・・・。




いくら粋がってても正面切って斬り込まれると深く考えてないだけに行き詰まるよなあ。霜島サンの指摘は至極真っ当な話だし、実際その面で恋太郎自身、自信がなかったからこそ沙羅をひとり行かせることになってしまったわけだし。急所にモロにヒットしてますよ。

でも恋太郎、いくらなんでも「公彦さんのところに帰れ」はないだろう?そりゃ一番言ってはいけない類の言葉だぞ。沙羅も双樹もそれなりに考えた上で恋太郎の傍にいることを選んでるわけなんだから、そこで将来に自信が持てないとかそんな理由で突き放されてしまったらホントに立場なくなっちゃうじゃんよ。

でも不景気なのは恋太郎だけじゃなく、再開発のあおりで死に体になってる商店街の方もかなりヤバ気な展開なんだよなあ。桜月のオヤジも今度は気が進まないにも関わらず開発買収を続けざるを得ないような状況のようで。




てなわけで、双樹との関係を思い悩みながらぼそぼそと再開発反対のビラ配りしていた恋太郎の前に、イカ登場!?なんじゃーこの展開は!?

まあでも今の恋太郎にはイカに張り合う気力もなくあっさり敗退。イカにも馬鹿にされる始末。そりゃそうだよなあ、あまりにもイジイジしすぎだよ。双樹は恋太郎を待ってるぞ。




なんか、ばあちゃんの励まし、いいねぇ。まあちょっとあっさり奮起しすぎるきらいはあるけどね。でも捜索シーンでも恋太郎と双樹のすれ違いが印象的に描かれてますねぇ。恋太郎に見つけてもらった双樹の表情もかなり複雑。現状ではそうそう単純に喜べないしなあ。



でもって再度のイカ襲来!二子魂川の町は火の海に・・・って、えらいイキナリな展開やなあ。まあそういうふうに持っていきますよってなサインは既に出てたわけだからそれ程の意外性はないんだけど、やっぱこりゃ飛びすぎでしょう。

まあでもこれで恋太郎のアクションへのお膳立ては揃いましたね。ここからどう見せていくかで物語の成否が決まります。上手いトコ魅せてくださいヨ!

深夜アニメ館 © 2005- Takashima Kiyoshi / Nuruota.com


Amazon.co.jp アソシエイト