深夜アニメ館: アニメキャプ+感想+考察その他

2005/3/31 Thursday

巌窟王 #24(最終回)

カテゴリー:  

巌窟王、最終幕は丸々1話かけてのエピローグ。本作の主人公であるアルベールや仲間達のその後を語ります。前回がああいう終わり方ですから、今回はもうこういった形での終焉しか考えられないですね。もう余分なことは書かなくていいでしょう。それでは最終幕「渚にて」。

この花をあなたに捧げます頼みましたよ

崩壊した伯爵邸に花を投げかけるベルッチオ。アルベールとメルセデスをドプレー達に託し、花の都パリを離れます。ルイジ・バンパ一味もルナへ。ペッポはパリに残ったようですが・・・。

ちゃんと仕事してるか?これで戦争も終わる。新しい国が始まるな。
マクシミリアン!・・・さん会いたかった!
もう軍人は辞めて、運送屋をやるんだ早くしないとパーティーに遅れるぞぉ!

そして5年後。
ドプレーは書記長へと昇進し、ボーシャンも副編集長へと昇格しています。そして話題に上るのは故ノワルティエ公の悲願であり、故モンテ・クリスト伯=エドモン・ダンテスが投獄された一因ともなった帝国との和平の件。

一方、軍務についていたマクシミリアンは戦争終結を期に除隊し、マルセイユのヴァランティーヌの元へ戻ってきます。マクシミリアンは父親の(そしてエドモンの)船だったファラオン号を買い戻して運輸業を興す予定。
そんな彼らのもとへ、ルノーがユージェニーの凱旋パーティーに迎えにきます。

結局このカップルだけが順当にラブラブな関係を築けたんですね。でもルノー若いですな。他の連中がそれなりに順当に年食ってるのにルノーだけは全然ノリが変わりませんよ。

こ、こいつは・・・ペッポ!?
これからもよろしくね。ベルッチオ。全力で姫様を支えます。

そしてジャニナ。
市でアクセサリーを買い求めていたバティスタンは広告モデルになっていたペッポに仰天。てかエデをねらってたんかよバティスタン!?そっちの方がビックリよ。

エデはジャニナ王家に返り咲き。ベルッチオやアリもエデを主人として仕えてますよ。なんかベルッチオやアリは従者が似合ってるのねー。バティスタンだけがちょと違うってか。でもバティスタン、漢やなぁ。やっぱりただの召使とは違うねぇ。

では物納と言うことで、異存はございませんね?ここにサインを―
この絵も見納めか手紙?

そしてパリに戻ってきたアルベール。
エデの話だとなんだかアルベールも出世してるらしいですね。まあいくら直接関係ないといっても父親があんな事件起こしてたんじゃ政府関連で仕事するのは相当大変でしょう。いつまでもアホベールじゃなかったってことですなー。署名を見る限り今は母方の姓を名乗ってるようです。

それでも結局邸宅は税の物納で持っていかれることに。最後の名残りにと立ち入りを求めたアルベールは母の絵の裏にエドモンからの手紙を見つけます。

過ぎ去りし日々伯爵、僕が生まれるずっと前から、ここにいらしたんですね
そしてメルセデスは―仲良く並ぶ二人の墓標の前に

そこに書かれている母への想いを綴る文章に涙を流すアルベール。「あなたは、僕が生まれるずっと前からここにいらしたんですね」と――。

エドモンや母たちの世代の過去の描写がフランツやユージェニーとの思い出の風景とシンクロしてますね。そしてメルセデスが見舞う墓所には、エドモンとフェルナンの墓が仲良く並んでいます。自分が原因で争うことになってしまった二人にメルセデスは何を思うのか――。

オレはあの日々を忘れないよ、フランツ
愛しい、あの人へ、この曲を―このピアノは・・・ユージェニー!?

そしてアルベールはフランツの墓に、この5年間の無沙汰を詫びると共に胸の内をさらけだします。そして誓います。この先どんな人生を歩むことになっても、フランツや父や伯爵と共に過ごした時間、そしてあの夏のことは忘れないと・・・。そんなアルベールの耳に届くのはユージェニーのピアノ。アルベールのために作ったと言う、あの曲。そしてアルベールは駆け出すのです。懐かしく愛しい彼女の元へ。

いやースバラシイ。個人的には今季最高の作品でした。まあ元ネタ自体が世紀の名作ですからある意味当然と言えば当然なんですけど、前田監督の現代的なアレンジもまた秀逸。正直ここまでの新解釈であれば原作付きでなくても構わなかったのでは?と思わなくもないのですが、これもまた一つの境地なんでしょうね。新境地と言えばテクスチャをふんだんに使ったCGデザインもそう。最初は目が回りそうでしたけど、これはこれで独特の雰囲気を醸しだしています。他の作品でこの表現が定着するとは思えませんけど、これもまた新しい試みでした。

いやーそれにしても半年間楽しませてもらいました。すばらしい作品を送り出してくれたスタッフとスポンサーに感謝です。こんな作品がこれからも続くといいなあ。

2005/3/23 Wednesday

巌窟王 #23

カテゴリー:  

うわーー伯爵死んじゃったヨ!?さすがにこの展開は予想外だなー。まるで最終回みたい。予告編も無いし。

今回はちょっと演出過剰な面もあったと思うけど勢いにまかせて最後までガンガン行きましたね。この展開だと最終回は回想はメインになるのかな。でも画作りと演出は相変わらずスゲー。

激しい応酬剣飛んだー
ぐはははぐおおお

先週の続き。殴りこみかけて来たオヤジとロボバトル。でもやっぱ伯爵が強えー。もちろんフェルナンもフランツとは違ってそれなりに腕はあるんだろうけどさすがに伯爵には敵わないかー。

でも伯爵も既に巌窟王に相当侵食されてきてるようで、もう少しで止めを刺せるというところで苦しみ始めます。

どうかお薬を私の身体はもはや私のものではない
ぐほっどうだ!

もう薬も効かなくなってるみたいっすねー。健気に介抱するエデたんが不憫でなりませんよ。そのエデたんも振り切って決闘に赴く伯爵でしたが――
もがき苦しむ伯爵の隙を突いてフェルナン逆襲!生身の伯爵に剣を突き立てます。

なぜ死なない!?私にはもはや死すら許されないのだ!
いざ復讐を完遂せん!お止めください伯爵!

確かに深々と剣が突き刺さっているにも関わらず死なない伯爵にフェルナンびびリまくり。そりゃー普通じゃねーよなー。しかも顔も普通じゃねぇ!!

そこに止めに入るエデたん!!暗黒の世界に踏み込もうとしている伯爵を想う気持ちはわからんではないけど、そんなところに飛び込んできたら・・・

剣を捨てろ!この娘が死ぬぞ!お前こそ息子の命が惜しくないのか?
負けた・・・死は苦しみからの開放に過ぎない。私が望むのは・・・絶望だ!

やっぱり人質に取られたー!!先週の予告シーンはここですな。でもそこにはバティスタン達と駆けつけたアルベールもいて、逆に人質に取られるハメに。イキナリの形勢逆転!!エデたんには見向きもくれずアルベールを撃てと命じる伯爵にフェルナン大慌て。

他人の命は屁とも思わないフェルナンでもやはり家族に危機が及ぶとなると堪らない。まるで鬼子母神ですな。先週のアレも屈折した愛ゆえの行動ですからね。それに先週はフェルナン逝っちゃってたし。

そんなフェルナンに手を差し伸べる伯爵の穏やかな笑顔。このパターンは――「私が欲しいのは・・・お前の絶望だ」やっぱりーー。容赦なくアルベールに向けられる銃口!

BANG!バティスタン!?
行かせません!元に戻って!

そして無慈悲にその銃口から発射された銃弾は――バティスタンへ!?アルベールを庇って撃たれちゃいましたよバティスタン!

エデは勿論のことベルッチオもバティスタンも伯爵が暗黒面に傾いていくのを喜んでたわけじゃないですからねー。それにアルベールの純真さ(アホさ?)加減に惹かれていったってのはそんなに無茶な展開ではありませんが、身代わりになるってのは・・・。

そしてアルベールは伯爵を巌窟王の手から取り戻すべく、立ち去ろうとしていた伯爵を・・・抱きしめた━━(゚∀゚)━━ !!!!!

ぐおおおおこの野郎!
撃ちたければお撃ちなさいフランツの剣が・・・

恨みや憎しみの心を糧とする巌窟王、この抱擁で消滅!?エライ強引な展開やなー。巌窟王の呪縛から解き放たれたエドモンは、それでもアルベールへ銃口を向けます。しかし、ここでフランツが残した剣の欠片が巌窟王の影響を離れたエドモンの心臓を切り裂く!!

すんげー展開だなー。さっきちょろっとネットをうろついて見てたらホモ展開だの801だのという意見も散見しましたが、これは別にそういうわけじゃないでしょう。てかキスキタ━━(゚∀゚)━━ !!!!!なんてのはちょっと乱暴でしょ。もっともそう見せるように狙ってるのは確かでしょうけどね。
愛で呪いが解けるってパターンは確かに王道的ではあるんですけど、この展開は結構意見が分かれるところかも。

まだだ・・・まだやらねばならないことが・・・私の名前はエドモン・ダンテス・・・
伯爵があなたの死を望んでいるわけがない!さあ、脱出しましょう!

自分の名前を覚えておいて欲しい・・・そういい残して息絶えるエドモン。崩壊する宮殿の中で、この場を離れたくないと脱出を拒むエデ。生き延びることこそが伯爵の意思だとエデを連れ出すアルベール。

ここに来てやっと主人公らしく行動してますねアルベール。そしてそれを見送るフェルナン。フェルナンもことここに来て父親の威厳を取り戻しているようです。まあフェルナンは脱出したところで捕らえられればタダじゃ済みませんけど・・・ってまぁそんなことは考えちゃいないでしょうけどね。

エロイーズいたーー!!アリキタ━━(゚∀゚)━━ !!!!!
脱出するスパダ号伯爵・・・

最後にアリがちゃんとエロイーズ達を救い出してのがいいっすね。でも逃げられたのか?
なんとかスパダ号に飛び乗ったアルベールとエデ。崩壊する地下宮殿を後に脱出します。崩れ落ちる地下庭園に取り残した伯爵に涙するアルベールとエデですが――。

今回はエデたんの見せ場が多かったですねー。今まで控えめだった分一気に出番が来たって感じです。こんなええ娘には幸せになって欲しいもんですが、どうなるんでしょうね。

というわけで今回は怒涛の展開でした。なんだかまるで最終回みたいでしたね。でもあと一回残ってますよね。その後のアルベール達はどうなる?
次回、最終幕「渚にて」を待て!しかして、希望せよ!

2005/3/16 Wednesday

巌窟王 #22

カテゴリー:  

うわーフェルナンの壊れっぷりがすげー。今回、正直前半はちょっとユルユルだなーと思ってたんですが後半一気に吹き上げましたねー。来週もさらに盛り上がりそうな予感。これぞクライマックスって感じです。

僕はもう逃げません。真実を、知りたいんです話してください!僕に全てを!
一体何事だ!?只今をもって議会を解散!パリに戒厳令を発令する!

本作はあくまでもアルベール視点で語られてるので、このあたりで過去を語る必要があったってことはわかるんですが、前半のアルベールと伯爵との対話はちょっとユルユルでしたね。いくらフランツの遺言があるにしてもそんな簡単に和解できるような関係じゃないでしょう。
でもなんか背景では何気にすごいことが起きてるんですが・・・志村後ろー!!

パリに舞い戻ってきたフェルナンは議会と市街を武力制圧にかかります。文句があるヤツは皆殺し的な雰囲気ですなー。流石に部下もドン引きですよ。

あの日までは疑うことを知らない――――普通の若者でした・・・。
あの日までは・・・。もう救いなどいらない!

伯爵が語る過去・・・まあ今まで断片的に語られてきた内容の繰り返しなので新鮮味に欠けるのは否めませんねー。どうせなら一話丸々使って過去の経緯を当事者視点で語ってもらいたかったところですな。

その方が復讐に埋没する伯爵もっと感情移入できたでしょうね。大事な部分をさらっと流された感じで伯爵に肩入れする要素としては今ひとつ弱いです。

これは・・・私はお前のような人間が来るのを待っていた――
私は私の知恵と力をを・・・お前はその心と身体を捧げるのだ・・・巌窟王が取り憑いた!

そして牢獄での巌窟王との出会い。前の宿主はほとんどミイラ化(結晶化?)してますな。身体と心を捧げる代わりに知恵と力を授ける――いわゆる悪魔に心を売り渡すってヤツですな。でもやっぱさらっと流し過ぎな気が・・・。

私の前にひれ伏すのだ!わかるか!?お前のキレイ事がエドモンを不幸のドン底に突き落としたんだ!
私と共にいるんだ!さようなら

キレまくりのフェルナンはパリの街の主要施設を破壊しまくり。破壊された牢獄からアンドレア(生きてたのね)や狂ったヴィルフォールが抜け出してきてるし。なんか死刑死刑ってヴィルフォールこまわり君化してるー。

もうフェルナンにはメルセデスの説得も効果なく、かえって逆上させることに。てか、せっかく闇に葬ったと思ってたエドモンが実は生きていて復讐のために近付いて来ていたなんて知ったらそりゃ逆上するわな。
まあ良い悪いの問題じゃないけど、メルセデスの鈍さが周囲に不幸をもたらしたんだというフェルナンの主張にも一理はあるわな。まあ逆恨みでしかないんだけれど。

そして失望したメルセデスはフェルナンと別れることを決意――でも、ここでそんなこと言ったら・・・

やっちまったなぜこんなことを!?
愛していたんだ・・・そしてお前も・・・撃たれたー

やっぱり撃たれたー!!そりゃそうなるよな。フェルナンが今までやってきたことって、結局はメルセデスに認められたいってことが根本にあるんだから。
そして間の悪いところにアルベールが・・・。母を撃った父親を責めるものの――やっぱりまた撃たれた!一家心中だよ。

アルベール?アルベール!あの宇宙船は!?
喰らいやがれ!軍艦叩き落としたーー

そこにバティスタンとベルッチオ登場。親子の会話を傍聴してたのか?スパダ号で親父の軍艦に体当たりって・・・こっちもムチャクチャや。まあ普段なら一瞬で迎撃されるんだろうけど、もうオヤジの他にはクルーがいなさそうだし。

流れ的には相当強引だけど、このままアルベール死んじゃったら後が続かないもんなー。

ムチャしやがる・・・まだアイツがいる・・・
あいつをそのままにして死ねるか!エドモン・ダンテス!

ムチャって・・・バティスタン達の方が数段ムチャだと思いますが・・・。

フェルナンの「アイツに一矢報いるまでは死ねん!」っつーのは判りやすいわな。例のロボで伯爵の家に殴りこみ。まあアルベールのことだから伯爵の家がどうなっているのかなんてことペラペラ喋ってたんでしょうな。伯爵のもとへ迷い無く直行ですよ。

さて来週は復讐も最終局面、ラスボスのフェルナンとの対決ですよ。なんかエデたんが人質に取られてる!?どーなるの?
というわけで次回、第二十三幕「エドモン・ダンテス」を待て!しかして、希望せよ!

2005/3/9 Wednesday

巌窟王 #21

カテゴリー:  

さあ復讐も最終段階。今回は一気に二人を片付けます。そして貴公子の正体も白日の下に――。

カネさえあればまだやり直せるは、伯爵!?
何者だ、お前は!?・・・エドモン・ダンテス!?

夜逃げしたダングラール、伯爵に見つかって大慌ての図。いやー、預金の引き出しかと思いきや新たな融資の申し込みとは人が悪いっすねー・・・って、まあそれどころじゃないんですが。でも夜逃げの最中に仕手を仕掛けるってのはちょっとムリがあるなー。こんな状況だと既に口座は凍結されてるだろ?架空名義の隠し口座でも持ってんのかいな。資金は?まあどうでもいいんですけどね。

いくら撃っても死なない伯爵にはダングラールもビビるよなあ。しかもいつの間にか乗組員いなくなってるし。

エドモンが預かった手紙、ありゃ反政府組織の秘密文書らしいぜこれを訴えでりゃ、エドモンなんてイチコロよ
これは何かの間違いだ!ざまー見やがれ

ダングラールの脳裏に以前の悪行がよみがえる・・・って横領してたんかいな。そりゃエドモンの存在は邪魔だわな。

でもこの時点のフェルナンは単なるへたれ野郎ですなー。ダングラールからこの話を持ちかけられていなければそのまま無き寝入りだったんだろうに。
てゆーか、この一件で度胸がついたのがその後の怪進撃の出発点なのかも知れないっすね。エデの不幸もダングラールが遠因か?

オレはただ目障りなお前を目の前から消したかっただけなんだこれは・・・金塊?
さあ、受け取れ待ってくれ!置いてかないでくれ!

持ち上げて落とす手法は変わりませんなあ。金塊を持たせていったん喜ばせた上で宇宙空間へ放置ですか。いくら金があっても使えないんじゃ意味無いよなあ。

ダングラールはこのまま宇宙ミイラですかね。発見回収したヤツは大儲けかもしれないけど、ご本人は・・・。南無南無。

全ては保身のためだったのではないですか?証人、アンドレア・カバルカンティです
この小箱に入れて埋めた・・・間違いありませんよね御母さんを許して!

舞台変わってこちらはヴィルフォールの法廷。毒殺と伯爵の殺害未遂の裁判です。ヴィルフォールは「伯爵を暗殺しようとしたのは治安と秩序を守る行為であり、正当なものだ」と主張しますが――。

で、ここで証人としてアンドレア登場。まあ細かく突っ込めばここでアンドレアが出てくる必然性は疑問なんですが。アンドレアの出生の秘密と伯爵暗殺との間に何の因果関係があるのやら。
でも、この世界では階級制も含め血統や出自がモノを言うみたいですからね。ヴィルフォールの人格的な信頼性に言及するという意味なのでしょうか。

そして語られるアンドレアの過去。ヴィルフォールとダングラール夫人ビクトリアとの間に生まれた不実の子であるということ。そしてそれゆえに生まれてすぐに闇に葬られた存在だということ――。

あの子はとうの昔に死んだんだ!こんなところに居るわけが――――しまった!
いや、これは何かの間違いで・・・凍えないようにくるんでくれたのはお父さんだよね
ボクとお父さんを結びつけるたった一つの絆だから、大事にしてたんださようなら、お父さん。

誤魔化すつもりが墓穴を掘っちゃいましたねー。いくらなんでも自分から暴露するとは相当にキテたんでしょうな。

でも、このシーンの見所はこの後のアンドレアの演技。いくらヴィルフォールでも流石にほろっときちゃいますよ。で、感動的な親子の対面に――などなるわけもなく、アンドレアに毒針叩き込まれることに・・・。アンドレア、おまいは藤枝梅安かよ!?

そしてアンドレアは今回で退場。刑場の露と消えそうです。それでも本懐を遂げたって感じでさっぱりした表情でしたね。彼はやっぱり最後までアンドレアその人でしたなー。キャラびんびんに立ってましたよ。

具合はいかがですかな?お、お前は、あの時の・・・
あれは・・・仕方なかったんだ待ってくれ!助けてくれ!

そして病院に収容されたヴィルフォールを見舞う伯爵。ここで明かされる伯爵の正体。なんだかんだ言い訳しても結局は保身のためだったと見透かされているのが哀れですな。ヴィルフォールは結局廃人ですか。確かに刑は免れるだろうけどそれじゃあなあ。

こうして一人また一人と人生の幕を引いていくわけですが・・・。

どかーんまだだ!まだ終わらんよ!

本命がまだ残ってたーーー!!
こっちはまだヤル気マンマンですよ。子飼いの部下を引き連れて反乱を企てます。クーデターでも起こす気か!?
そして勢いに乗って手勢を引き連れパリに攻め込む模様。

次回、第二十二幕「逆襲」を待て!しかして、希望せよ!

深夜アニメ館 © 2005- Takashima Kiyoshi / Nuruota.com


Amazon.co.jp アソシエイト