深夜アニメ館: アニメキャプ+感想+考察その他

2005/5/8 Sunday

ああっ女神さまっ #17

カテゴリー:  

今週の女神さまは「ああっ才能と努力って何ですかっ?」
今回は自動車部の紅一点、長谷川にスポットがあたります。でも相変わらずお話は低調ですねぇ。先週よりはだいぶマシですけど。

※「ああっ女神さまっ」は現在更新停止中。残りはシリーズ終了後まとめてフォローする予定です。(5/13)



自動車部ではずっと裏方を務めていた長谷川でしたが、今回参加するイベントで新設された女性のみのカートレースでついにドライバーとしてレースに参加することに。絶対ムリだと嫌がる長谷川でしたが既にエントリー済み。とりあえず体慣らしに乗ってみようということになったのですが――

あれー、長谷川が唯一の女性部員?ベルダンディーは?



やっぱりムリだとしょげる長谷川。でもベルダンディーは絶対に上手くなると自身満々。他力本願寺で強化合宿を行うことに。

なんか境内がカートコースになってんすけど。それにこのコース、よく見ると危険個所がちらほらと。(’A`) 大丈夫か?てかこんなトコでカート走らせるって騒音公害とか全然考えてねーよなー。orz



ここでお約束のお節介が。まあ結果出せないのもお約束だけどね。でも、最初からやる気ないのにムリヤリ乗せるっての、どーなんでしょね。

クルマが好きで普段はカートにも乗るけど実力不足でレースには・・・って感じなら全然OKだと思うんですけど、普段から乗る側には絶対ならないって思ってるのをムリヤリ乗せることはないと思うんですがねー。乗る以外にもクルマへの関わり方はあるでしょうに。なんかイジメみたい。



運転にしても料理にしても自分には絶対出来ないと言い張る長谷川。そんな長谷川を同乗させて一緒に走るベルダンディー。下を向いてばかりじゃ周りは見えない・・・と長谷川に世界を感じるように促すベルダンディーですが――

んー、このお話書いた人って料理とかしたことないんだろうなー。手前勝手にメチャメチャやっておいしく出来ないってのならともかく、それなりの手順を教わってきちんと自分の舌で味を確かめながら作っていけば、そうそうムチャなモノは出来ないですからねー。よくあるようなギャグのネタとしてやるんならともかく今回のお話には合わないっすよ。少なくとも長谷川の真面目なキャラ設定からは導けないシーンですわ。ウルドやスクルドならともかく。

そもそも長谷川は自動車部の裏方としては並以上の働きをしていて、それは他のメンバーからも認められているわけですから、この過剰な自己否定はかなーり浮いてます。それこそお話を作るためにムリヤリやらせてる感じ。そもそもここまで極端な自己否定的な性格なら最初から積極的にサークル活動に関わったりはしませんからね。ましてやちょこっと乗ったくらいで乗ってみようかもなどとは思わないでしょう。それこそお話が続きません。

まあそれ以前にレーシングカートでの2人乗りは物理的に無理なんすけどね。いったいどうやって乗ったんだ?



練習の甲斐あってか人並みに走れるようになった長谷川。料理もずっと上手くなりました。でもいざレースのことを考えると――

まあマジで練習すればそこそこはイケますわな。今までずっと出来なかったって方がムリがありますわ。でも心から納得できているわけではないってことですか。まあそりゃあそうだ。



レース当日、やっぱり仮病に逃げ込む長谷川。そんな長谷川にベルダンディーは螢一のことを話して聞かせます。螢一もけっして最初から上手く走れたわけではないと・・・。今の螢一があるのは才能ではなく努力の結果なのだと――

まあ、お話としてはわかりやすいですよね。でもそれだけ。なんかストーリーが上滑りしてるようでリアリティが欠けてます。もうすこしキャラに深みがあればまた違うんでしょうけどねー。この投げやり感がたまりません。あーあ。

まあ実際思い込みの激しい人とかはいて、今回のお話のような場面ってのは現実にもあるわけですよ。でもそういう人って、それゆえに他人に耳を貸すことがなかなか出来ませんから、現実の社会では孤立しちゃうわけです。

今まで見てきた例でも、そういう人はたいがい“自分がやるからには最初から完璧でないといけない(失敗なんてみっともなくて人の目には晒せない)”という思い込みから、新しいことに積極的に関わっていくことは好みません。同類同士でたむろするならともかく、いろんな価値観の人が集まるサークルで一定のポジションを占めるようになるのは難しい。ましてや(全く面識のない他人ばかりならともかく)いつも顔を突き合わせている仲間に恥を晒しながらの合宿練習なんて・・・。

多分モデルとなってる実在の人物もいるんじゃないかと思いますが、それと長谷川のキャラがどうしても合わないんですよねー。少なくともおいらの中では。

まあ何にも考えないで流し見するのが正解なんでしょうけど。そして実際そういう見方をしている作品もあるわけですけど、本作の場合一応お話を見せるような作り方をしてますから、どうしてもそっちの方向から見てしまうんですよねー。やっぱおいらには合わないのかなー。

2005/4/30 Saturday

ああっ女神さまっ #16

カテゴリー:  

さて、今週の女神さまは「ああっ災い来たりて茶柱立つっ?」
んー。なーんかここんとこずーっとお話が低調ですなあ。見ててだんだん辛くなってきたぞ。こんなペースがずーっと続くんならこれもリストラするかも。



ばんぺい君のガードで螢一&ベルダンディーに近付くことさえままならないマーラー。恵に取り憑く事でガードの突破を試みます。

むー。マーラーってそれなりに力を持ってる設定のはずなのにあまりにもマヌケ過ぎるんだよなあ。そんなに回りくどいことする必要が本当にあるのか?



とりあえず気付かれずに接近することは成功。貧乏神を召喚して螢一を不幸のどん底に落とす計画を実行しますが――

みょーなキャラ出してきたなあ。若本ボイスが胡散臭さを倍増させてますね。でもやってることはあまりにもバカバカし過ぎるよ。そんなんでえーんか?



手始めに螢一を幻惑させて沙夜子にけしかけるものの、どういうわけか螢一をフォローするアクシデントが発生。螢一不幸化計画第一弾は失敗に。

えー、これってフォローになってんのか?てかベルダンディーの解釈、強引過ぎだヨ。



マーラーは次々に手を繰り出すもののことごとく失敗に。

この、同じようなパターンを繰り返す手法って流行なんでしょうかねー。面白い?



ベルダンディーの存在が邪魔だと判断したマーラーは、密かにベルダンディーの力を妨害。千兵衛の不幸パワーで螢一の乗っていた車は炎上。マーラーの妨害で方術が効かず焦るベルダンディーですが――

うわー燃えてるよ。これは普通なら助からんわ。てかイキナリ極端に走るなあ。



マーラーにぬいぐるみにされていた地霊が到着、マーラーの企みを暴きます。力を解放されたベルダンディーは無事火を消し止めメデタシメデタシ。

なーんかお話作りがテキトーだなあ。原作もマンネリ化して久しいけど、アニメまでマンネリ化させる必要はないでしょー。キャラさえ出しとけばストーリーは手抜きしてもファンは付いてくるとでも思ってるんかなー。ジンキエクステンドとかと似た臭いを感じるぞ。今のところあそこまで酷くはないけど。

でもこのままじゃマズイんじゃ?今期の木曜深夜は新番も充実してるんだから、あんまり手を抜いてると他に視聴者持ってかれちゃうよ。

・・・とは言ったものの、最近の作品の傾向から考えるに今の視聴者の多くはストーリーなんてたいして重視してないのかなー。おいらみたいにお話を重視する視聴者は実はホンの一部でしかなくて、営業的にはウケ線のキャラさえ出しとけはお話はテキトーでもそれなりに数字が稼げるのかもね・・・。
なんだかなあ。

2005/4/24 Sunday

ああっ女神さまっ #15

カテゴリー:  

ああっ女神さまっ、第15話「ああっ女神に心を奪われてっ?」。今回は“ばんぺい君”の登場です。でもお話としては今ひとつかなー。




ベルダンディーが大学に行くたびに寂しい思いをするスクルド。大好きなお姉さまを取り戻すためにスクルドが作ったモノは――

あー、さわりの時点で既に先がミエミエの展開っすねー。でも家中のブレーカー落ちてるのにばんぺい君だけは電源供給されてるってのはどうなんだか。




自慢気なスクルドですが当然螢一やウルドには不評・・・ってか役立たず扱い。マーラーを撃退してそれなりの実力は見せるものの電機喰い過ぎてお払い箱に。

洗濯物干しの手伝いはいいけど、大音響スピーカーやミサイルはやばすぎだよなあ。まースクルドが作るやつだと大抵こんなモノなんだけど。でも背中のケーブルがぶっといなぁ。E●A?



低消費電力化で普通に起動できるようになったばんぺい君。ところがベルダンディーに近付くものは強制排除する設定に。これは・・・恋?

あー、今回のタイトルはそーいうコトなんですね。でもこーいう世界観って、何でもアリやなぁ。でもそういう何でもアリな設定って、かえってお話の作りこみにはマイナスだったりするんだよなぁ。



そんなところにマーラー再来襲。ベルダンディーのお弁当に細工しようとするものの、ばんぺい君に見つかり逃走するのですが――



マーラーを撃退したのは良かったものの、大事なお弁当はマーラーの手を離れ落下。弁当を受け止めようとしたスクルドは地面に叩きつけられる寸前にばんぺい君に助けられるのですが――

今回はちょっとベッタベタの展開でしたね?。シーンの初っ端からすぐ次の展開が読めてしまうパターンの繰り返し。まあそのベタさを楽しむ作品なんでしょうが、あまりベタ過ぎるのもなんだかな感じが・・・。前回からの落差が大きいので余計にそう感じるのかもしれませんけど。

OVA版は尺が短すぎてかなり端折り気味でしたが、今のTV版よりはずっと原作の面白さを反映していました。作画や音楽に古さは感じるものの、今見てもかなりイイ線行ってると思います。でもTV版は・・・。お話そのものの作りこみにもう少し期待したいところ。・・・でも、もうシナリオは既に全部上がってるんだろうなぁ。

次回予告を見る限りでは、来週もまた目新しいことは期待できなさそう。むー。

2005/4/16 Saturday

ああっ女神さまっ #14

カテゴリー:  

ああっ女神さまっ、第14話は「ああっ対決という名の教育実習っ?」。でも恵サン、アンタもう実習いらないよ。ウチに来て社長やってー。



地上に降りてからずっとベルダンディーにべったりのスクルド。でもさすがに大学にまではついていけません。螢一のサイドカーが自分とベルダンディーが離ればなれになる元凶と見たスクルドは・・・と、そんなところに恵登場。

いやー恵ももうすっかり商店街の顔になってますねぇ。メカいじりの腕もなかなかの様子。でもそれより誰とでもすぐ仲良くなれる社交性の方が恵の持ち味なんですね。




スクルドはサイドカーをバラすつもりが大改造。それを見る恵の反応にただならぬモノを感じるスクルドですが、的確に欠陥を指摘されて逆ギレ。コドモ扱いされたこともあって敵愾心が燃え盛ります。そこに更なる煽りを入れるのが田宮と大滝。二人にロボットバトルで決着をつけるようそそのかすのですが――

いやー確かにスクルドにとっては面白くないわなー。てかこの場合、恵の指摘が的確であればあるほど癪に障りますからね。でも田宮と大滝、このタイミングで登場ってことは裏で何か企んでますね絶対。



製作は一人でやるものだと思っていたスクルドは、周囲を上手に巻き込みながら組織的に作業を進める恵に自分にないものを感じます。それでも依怙地になって一人作業を進めるスクルドですが――

恵すげーよ。アンタ本当に18歳?単にカワイイってだけじゃ人はついてこないからなー。この場面、職人気質のスクルドとマネージャータイプの恵との対比なんですが、実際の仕事の現場では恵のようなタイプがはるかに生産性高いですからねぇ。

もちろん高度な技術をもった職人さんは貴重なんですけど、周囲との協調ができなければせっかくの技術も宝のムダ。人にはそれぞれ得意不得意があります。各自の能力に応じて仕事を配分できて、作業者も喜んで仕事できるだけの気配りができるマネージャーがいれば、そこそこの人材でも無駄なく能力を発揮できますからね。よほど特殊な分野でない限り、効果的に組織されたチームにはいくら優れた職人でも一人じゃ太刀打ちできません。

恵もそういうところをスクルドに見せたかったんだろうけど、自分の技量の高さが自己アイデンティティーに直結している職人タイプのスクルドには、なかなか受け入れがたいところ。それでも完成までにもっていく事が出来ただけ優秀と言えば優秀なんですが。

後ろからさりげなく(ってバレバレですが)フォローを入れるベルダンディー達、ナイスですね。



さあロボットバトルの始まり。驚異的なパワーでターゲットのドラム缶を取り込みにかかるスクルドのロボットですが、凡庸ながら小回りの効く恵のロボットには今ひとつ及びません。一つのアイデアにこだわったが上の視野の狭さが弱点に・・・。

これも自分の発想に絶対の自信を持つ人が陥りがちなミスですなー。あまりに自分のアイデアに惚れ込み過ぎて、そのアイデアの持つ弱点や、それ以外の選択肢に目が行かなくなってしまう・・・ありがちありがち。



巻き返しを図るスクルドは妨害作戦に。恵のマシンそのものを破壊してしまえば自動的に勝ちが決まりますからね。思わぬ展開に恵は――



まーこんなトコでしょね。捕まえてしまえばどーってことないわな。これで恵の勝利は確定。キレたスクルドは・・・自爆装置のスイッチを!

あー。いるなあ、負けそうになると将棋板ひっくり返すようなことするヤツ。



てなわけで勝負はうやむやに。てか田宮と大宮が賭け金持って逃走って、勝負どころじゃあないよなー。「今度は一緒につくろ」とオトナの余裕を見せる恵にスクルドは――

まあ最後はベタでしたね。でも今回は恵の優れた動員力を見せつけた回でした。たまには女神さまたち以外にもスポットがあたる方がいいわな。

深夜アニメ館 © 2005- Takashima Kiyoshi / Nuruota.com


Amazon.co.jp アソシエイト