深夜アニメ館: アニメキャプ+感想+考察その他

2005/12/2 Friday

SHUFFLE! #20

カテゴリー:  

SHUFFLE! 第20話「忘れられぬ罪」。
う?ん、今朝別館を更新した時にはそんなに間を置かず夕方くらいには20話の感想も追加しようと思ってたんですけど、結局こんな時間になっちゃいました。てか今回のはちょっと今までとは違って評価が難しいんですよね。

でも振り返ってみると、これまでのエピソードは全てこの楓エピソードに向けて構成されてたってのがよくわかります。初っ端の1話はもちろんのこと、初期の5話くらいから目立つ部分としては7話、8話、10話と今エピソードへ向けての伏線が緻密に張り巡らされて来たわけで。シアとのペアが否定された17話の時点で妙に残り話数に余裕があるなーという疑問があったんですが、ここに来て納得。

まあこのところ亜沙と稟の性格付けが急に自己中心的に変わってきて以前のエピソードとの整合性が取れなくなってきてるところ(特に7話の亜沙と今の亜沙はまるで別人)とか、稟自身将来への展望をどう考えているのかとか今ひとつ納得し難い部分はあるものの、ネットでの話題の盛り上がりを見る限り新境地を開拓しようとしたスタッフの狙いは概ね当たっているのは確かでしょう。少なくとも今期トップクラスの話題を影響したことは間違いない。でももの凄いチャレンジだなあ。

でもこうなると単純に誰かとくっついて終りってなまとめ方は考え難いですねぇ。誰かとくっつくENDだとすると結局亜沙か楓しか残ってないんですが、完全に精神崩壊した楓を放っぽいて亜沙とくっつくなんてのは後味悪すぎだし、だからと言ってここからすっぱり亜沙をあきらめて楓の面倒を見るなんて展開も不自然。いくらなんでも3回連続でこの修羅場を先延ばしにするってのも考え難いんで、次回あたりには何らかの形で楓の救済が行われるとは思うんですが・・・なかなかすんなり行くとも思えないしなあ。

でもキーになるのはやっぱ亜沙の動きでしょうね。てか稟のポジションではここからどう動いても状況を好転させるのは難しいし、亜沙自身自分の病気と楓の精神状態とのリンクについては気付いてるっぽいし。亜沙がどう動くのかは今の時点ではわかりませんけど、彼女の働きで3人の間での和解が成立→特にパートナーを決定しないゆるやかなハーレムエンドへってのが残り話数から行っても順当な気がしますが、どうでしょう。でも今まで結構予想裏切られてるからなあ。

今回はいつものダイジェストだと雰囲気掴み難いんで、とりあえず話題の神演出をシーンごとに振り返ってみましょう。





まずは冒頭から、このあたりはまだ序の口ですね。
とりあえず亜沙は大事無く、亜麻さんの亜沙への思いが綴られるシーン(左側)。後に残された楓(右側)は、“もう二度と大切な人を傷付けるようなことはしない”との過去の誓いを破ってしまったことに後悔の涙を流します。そんな楓を抱きしめるプリムラ。

それでも楓は、稟が家に電話を入れたときには何とか平静さを取り戻しているかに見えたのですが――





亜沙が心配でずっとベッド脇に付き添う稟(左側)。夜中に目覚めた亜沙は、稟がずっと側で自分の手を握っていてくれたことに喜びを隠せません。照れ隠しも交えながらの会話には2人のいい雰囲気が溢れていますが――

深夜も2時を回るころ、ふと目を覚ましたプリムラ(右側)は家中全ての照明が明々と付けっぱなしになっていることに気付きます。不審に思って階下へ下りていくと、ダイニングには冷め切った夕食を前に稟の帰りを待つ楓の姿が。「稟君が帰ってくるから電気は消さないで」そんな楓に返す言葉もないプリムラ。

・・・てな感じでやはり楓の様子は尋常じゃないわけで。今回はここから稟と亜沙のほのぼのとしたシーンと取り残された楓の鬱々としたシーンの対比が延々と繰り返されることに。





夜も明けてからようやく帰ってきた稟を出迎える楓。稟のためにと登校の準備も済ませていた楓をよそに、眠いからといそいそと自室に戻る稟。呆然と見送る楓。そして一旦は登校したものの稟のことが気がかりで帰った楓の目の前で、亜沙の病院へ向かう稟。「どうしてお医者さんでもないのにそこまでしなきゃいけないんですか?」思わず問い詰める楓に当惑する稟でしたが――

目、目の下にくっきりとクマが!てかなんで稟こんな楓の異常性に気がつかないかなー。もうね、わざとやってるとしか思えないよ。

でもって楓の問い詰めキタ━━(((( ;゚Д゚)))━━ !!!!! どうみてもコレおかしいでしょ病気でしょ。「最近おかしいぞ」とか言ってる場合じゃねーよ。楓完全に壊れてるっての。でもってその原因作ってんのお前だろ!?





結局そのまま楓を放置して亜沙のもとへ急ぐ稟。亜沙と一緒に亜麻の持ってきた弁当に舌鼓を打つ稟たちでしたが(左側)――

同じ頃家では楓が、稟のために作り置いていたものの、結局食べられることなくそのまま放置されていた昼食を片付けていました。以前は二人きりだったのに・・・と涙する楓(右側)。

だから食い物を粗末にするなって何度も(ry
もう稟にとって亜沙以外は眼中にないってことを強調するシーンですね。
楓なんてもういないも同然。作ってある料理なんて全然目に入ってないでしょう。楓、(´・ω・)カワイソス

それにしても本当にこのところの稟って周囲への配慮の欠片もないすからねー。序盤?中盤までとはまるで別人。優柔不断な面はあってもそれなりの配慮が出来るキャラだったのに・・・。

でもってこのあたりから急に家の雰囲気が息苦しく――って少し前からそうだったわけですが、その傾向に拍車がかかってきます。こうなってくると尚更楓の存在が疎ましくなってくるのも自然な流れ。まあこの時点では稟も鈍感すぎてそれほど気にしてはいないわけですが。





亜沙のことにかかりきりで楓の泣きはらした目にも気付こうともしない稟。でもこの日の楓は今までとは違う。かまって欲しいメッセージをいくら出してもまるでスルーの稟に流石の楓もマジ切れ。さりげないメッセージだけじゃとても自分の気持ちに気付いてもらえないと意を決した楓は――

地雷原でフォークダンスですか稟。思いっきし地雷踏みまくり!!
てかいくら稟が鈍感でもこれはありえねー。

でもって楓怖えーよ。笑顔で出迎えてても目が全然笑ってねー。まあこんな目してても全然気付かないってことは稟って楓の顔なんてマトモに見てねーんだよなー。それにあきらかに自分にかまって欲しくて部屋まで来てる楓に亜沙の話かよ。でもってすれ違いの話なんて楓の前では禁句だろ禁句。まーそんなんがわかる位ならこーはなってねーんだが。

せっかくの全裸シャワーシーンもエロいどころか恐怖でいっぱい!!





そんな楓の情念が伝わり苦しみ出す亜沙。そして意を決した楓は裸身を晒して稟に迫りますが――

この楓の夜這いシーンも描写がすげー。てか最初は夜這いと言うよりも包丁持って刺しに来るみたいな感じだったからなー。これもエロいというより怖い。

楓の捨て身の行動も稟にとっては動揺と恐怖を誘っただけに終わっちゃいましたが・・・。でもまあこれは当然の結末。いくら年頃の男だからって裸の女が迫ればいつでもOKってわけじゃないっすからね。この前の裏シアもそうだけど、それなりに手順を踏めば強力なアピールになる色仕掛けも、間を抜いちゃうと逃げられるのがオチ。いきなり迫られてもパニクるだけだよ。

まあ楓もそこまで追い込まれてたってことなんですが・・・なんか切ねーなー。それにしても楓ってばエロい体してんな。時と場合を選んでれば流されやすい稟のことだからコロっと落ちたかもしんないのに・・・もったいねー。





稟に逃げられ、わだかまった気持ちをプリムラに吐き出す楓。そしてプリムラは、楓に自分の本心と向き合うように促します。一方家を飛び出した稟は、自分の優柔不断さが周りを傷付けてきたことにようやく気付くのですが――。

プリムラの言葉って結構厳しいんだよなー。一言ひと言が楓の心に突き刺さる感じで・・・。でも楓もプリムラがずっと自分のことを見守ってたって事は知ってますからね。亜沙の症状が収まったって事は、楓の心もとりあえず平静を取り戻したってことなんでしょう。

それにしても稟のヘタレ具合は・・・。まあ今回の一件で何やら思うところがあったようですから、これでいい方向へ向かえばそれなりに安心できるんですけど。





たとえ稟が好きなのが亜沙だとしても今まで通り一緒に暮らせればいいんだと、自分を慰める楓。そして今まで通り稟に尽くすことに自分の居場所を求める楓でしたが、雨の中、朝になってようやく帰ってきた稟は言い放つのです。「俺、この家を出て行こうと思うんだ」と。

いやだから飛びすぎなんだヨ!!ちっとも楓の現状見てねーじゃん!
確かに稟にべったり依存してる楓の現状ってのは良くないわけで、いずれ自立していかないとマズイってのは大筋ではその通りなんだよね。だから稟の判断ってあながち間違いってわけではないと思う。でもそれは今じゃねーだろ。そんな荒療治、ボロボロになった今の楓に耐えられるわけねーじゃん。これだからもう・・・。

それにしてもこの楓エピソードのシナリオって、ある意味神だわな。これはかなり前から狙ってたのはもう確実。まあ君望とかもかなりドロドロな展開でしたけどこれはもう遥か上行ってるでしょ。でもって前半のほのぼのからイキナリですからねー。この落差は凄すぎ。しかも17話でちょっとギスギスしてた雰囲気が和らぐかと見せかけてコレですからね。

もうシアやネリネの存在なんて原作ゲームに出てきたからって以上の意味合いはぶっ飛んでますね。途中感じた背景描写の不足もこの展開なら納得。結局シアやネリネなんて最初からこの緊迫感を演出するための踏み台でしかなかったわけですから。これは新しいわ。

まあ最終的な評価は終わってみないと付けようがありませんけど、新境地を開拓しようとするスタッフの意気込みだけは買うべきでしょうね。それに今のところ話題性という面では成功したと言っていいと思いますし。でもこういう方向性って結構リスクあるよなあ。このスタッフってかなりチャレンジャーだわ。

2005/11/26 Saturday

SHUFFLE! #19

カテゴリー:  

SHUFFLE! 第19話「忘れ得ぬ想い」。
うわー、いくら演出とは言ってもやりすぎだろこりゃ。そりゃ気合入ってるのはわかるけどさ。まあ前回あたりから布石打ってあるとは言え、ここまでのどちらかと言えばほのぼのしたヌルい展開に慣れてた人にとっちゃ当に青天の霹靂。かなりショック受けた人もいるんじゃね? 確かにこりゃ15禁だわ。

今回は都合で更新遅れちゃいましたけどシャッフル関連記事へのアクセス数はうなぎのぼり。まあこの内容じゃ祭になるのも不思議じゃないっすね。

楓ってやっぱ母親死んだ時点で壊れてるんだよな。母親の死を稟のせいだと思い込んでいたときの陰湿なイジメにしても、それが実は稟が自分を思いやって吐いた嘘だとわかった後の稟に対する尽くしぶりにしても、常人の行動の範囲を超えてる。でもって贖罪の意味もこめて稟の世話をすることで辛うじて保っていた精神のバランスが、稟が目の前で亜沙の方へと傾倒して行くのを見せ付けられて一気に崩壊したと。

てかここんとこ稟の楓に対する態度描写が急速に悪化してたのはここに持ってくためだったわけね。今回に至っては以前あんなにも楓を応援してた亜沙までもがまるで楓の存在を忘れたかのように振舞ってますし。まあ演出意図は理解できるけどちょっとなー。それに(アニメほど極端じゃないけど)楓みたいに2面性をもったキャラってリアルでもいるから洒落になんないんだよな。

でも楓の心理と亜沙の容態ってやっぱリンクしてるみたい。これについちゃ事前知識の無いおいらには判断不能。次回以降の展開を待つしかありませんね。一気に緊迫感が高まったSHUFFLE!。次回以降の展開にも目が離せなくなってきました。





んー、稟に対する楓の執拗なイジメも凄いけど稟の対応もなあ。これって小学生の考えることじゃないよ。でもってその嘘を中学の時まで突き通すって並大抵じゃないでしょ。これなら楓が稟にべったりになるのもわからないではないね。

でもそうなると今の稟の行動との辻褄が合わなくなるんだよなあ。楓にイジメ抜かれたことで興味を失ったというのであれば中学の時までずっと耐えてたことと矛盾するしね。同情だけではなく相当な愛情が無ければ無理な話。でもってその思いを受け止めたからこそ楓の豹変に繋がったわけで。

それにしては今の稟はまるで「女房と畳は新しいほうがイイ!」と言わんばかりに楓をないがしろにしてるからなあ。てか食い物を粗末にするのだけは勘弁してくれ。それに1話以降ずっと楓を応援していたはずの亜沙もここにきて急に楓の存在など忘れたかのように振舞ってるし。今までの亜沙の描写からして楓に筋を通さずいきなり稟とくっつくってのはちょっと不自然だわなー。





楓の情念が燃え上がるのに呼応して亜沙の具合が・・・やっぱこれリンクしてんだよね。でも楓って普通の人間のはずだし、やっぱ隠し設定があるんかなー。このあたりはまだわからん。

でも楓と稟の間に挟まれたプリムラが可哀相だよ。ここんとこずっと板ばさみだもんなあ。少なくともシリーズ前半の稟ならこの状況を見過ごすようには思えないんだけど、それどころかあからさまに楓なんてどうでもいい的な態度だし。亜沙に会いに行く稟を見送る場面なんて、浮気相手に逢いにウキウキ急ぐ亭主をなす術も無く見送る古女房の図みたいで見てて居たたまれないよ。

でもって既にあちこちに張られてるんでカットしましたが「稟が幸せなら楓はいいの?」とプリムラに問われて振り返る楓の顔・・・ギャーーー完全に逝っちゃってますよ壊れてますよ。でもってかき混ぜてたのはカラの鍋!!

そしてついに家にやってきた亜沙に向けて噴出す楓の情念の炎!突然の毒気にあてられて倒れる亜沙!一気に修羅場の様相を展開することになったシャッフル。もうシアもネリネもどっかに飛んでっちゃいましたよ。これから一体どうなっちゃうんでしょう!?

2005/11/18 Friday

SHUFFLE! #18

カテゴリー:  

SHUFFLE! 第18話「稟の好きなヒト」。
あー、こりゃアカン。稟、完全に馬脚を露わしてますがな。8話の感想でも書いたけど、稟の態度って優しさでもなんでもなく、単なる優柔不断なんだよね。

それに頭の中は“(自分が)失敗しないように上手く切り抜ける”ことで一杯で相手のことなんて眼中にない。今回だってデートを持ちかけたシアやネリネの本心にも気付いてないし、それどころかデート中だって言うのに予定を消化することばかり気にして肝心の亜沙は放ったらかし。それにつけても一番ムカツクのは楓への態度。もう完全に家政婦扱い。楓がどんな気持ちでいるのかなんて全然関心ないのかヨ。世話してもらって当然とでも思ってるんか?

まあそれも演出の内だとはわかってるんだけど、こういう一見みんなの事を考えてますよってフリしながら実は完全な自己中ってのはもう見てるだけで腹立つわ。完全にスタッフに乗せられてるんだろうけどね。
それにしても亜沙って良く出来た子だよなあ。この懐の深さはなかなかのもの。普通なら途中でブチ切れてもしかたないでしょう。稟なんかにくれてやるには勿体無さすぎ。

でもストーリー的にはそろそろ楓の方が臨界に達しそうな雰囲気。最後の表情なんてちょっとヤバイよ。この子も自分の思いを閉じ込めたままだからなあ。D.C.S.S。のことりもそうだけど、頑張った子には最後には幸せになって欲しい。でもやっぱ稟には勿体無いよ。





あー、シアもネリネも一見明るく振舞ってはいるけど絶対無理してるだろ。特にシアなんて今までが今までだからちょっと痛いよ。でも稟の気持ちが亜沙に行っちゃってるのはミエミエだからなあ。

でも稟って楓の事は完全スルーなのね。普通に見れば楓の気持ちに気付かないわけないだろうに。プリムラだって心配してるくらいなのに。楓に世話してもらってるのも稟にとっては当然のことなのか? そりゃーねーよ。

なんだかんだ言いながらデートを楽しみにしてる亜沙かわえーなー。でもせっかくデートに来てるのに、稟はパンフレットばっかり見てるし。一体何しに来てるんだか。





うわ酷すぎ! 亜沙と一緒の時間を楽しむことよりも予定通りプランを実行することの方が大事なのか? せっかくのデートなのに亜沙の立場は!? 楽しみにしてたのにこんなじゃ亜沙は堪らんよなー。よく最後まで堪えたな。途中でブチ切れても全然おかしくないよ。

そんな亜沙もさすがに稟の言い訳にはブチ切れ。二人(シアとネリネ)の為のデートなんて言われた日にゃ流石にスルーもできんわな。てか稟、自分が何言ってるのかわかってんのか!?

でもって帰ったら帰ったで・・・。せっかく作った夕食なにも捨てなくてもいいだろうに。てか大した量でもあるまいし食ってやれよ稟。どうしても食えないんなら取っておいて後で食うとかさー。あーーーー腹立ってきた!!!!

でもこんなどうしようもない男でも楓(たち)にとっては大事なんだよな。あー勿体ねー。てか今まで一緒にいるのが普通だった稟が目の前で他の女の方に流れていきそうなのを見せ付けられ続けて、楓の方がなんだかヤバイ状態に。稟の一番近くにいながらずっと自分の気持ちを抑え続けて来てるからなーこの子は。次回、「忘れ得ぬ想い」。今まで抑え続けてきた楓の想い、ここに来てとうとう爆発する!?

2005/11/11 Friday

SHUFFLE! #17

カテゴリー:  

SHUFFLE! 第17話「素直な気持ち」。
シアの中にいたもう一人のシア。リコリスの思いから解き放たれたネリネの言葉に触発されて、一気に稟との距離を詰めようとするものの、稟には他に想う人が――。

てなわけであっという間にネリネもシアも戦線離脱。早えーなー。こんなに早く決着が付くとは正直思ってませんでしたよ。でも話数はまだまだ残ってるんですよね。今のところ稟の心はかなり亜沙に傾いてるようですけど、そのまま最期まで雪崩れ込むとは考え難い。やっぱ本命は楓なのかな。

それにしても裏シア、まるでアイシア張りの空気読めなさだなあ。そりゃ確かに色仕掛けは強力な武器ではあるけど、のべつ幕無しに使っていいもんじゃねーだろ。それなりに時と場合を選んでやればかなり違った結果になった気もするぞ。稟って結構場の空気に流されるタイプみたいだし。





それにしても裏シア、強引過ぎだよ。そりゃー稟だってエロに流されることはあるだろうけど、流石に平日の朝っぱらから、しかも亜沙との約束が気になってる時に迫られても正直ウザイだけだろー。もう少しTPOをわきまえろよ。これってちゃんとタイミングを見計らってやってれば結果はかなり違ってたと思うぞ。実際海辺で二人きりの時はもっとイイ感じになれてたんだし。

でもこのシアの裏設定自体ちょっと強引だわな。ネリネのときもそうだけど、チョイ見せで引っ張った挙句にしては今ひとつ。ネリネにしてもシアにしても、まあ他のキャラもそうなんだけどバックストーリーが足りなすぎてキャラに厚みがないんだよな。いきなり台詞で説明されたところで・・・。もっともスタッフの意図としてはターゲットとなる視聴者層は既に原作やりこんでてそのあたりの設定については既に了解済みってことが前提なんだろうけど、一応不特定多数が視聴するテレビ放映なんだから初見の人への配慮がもう少しあってもいいのでは? 今週のシャナもそうだけど原作ファン以外はどうでもいいって作りはちょっとなあ。

まあこれでネリネとシアは一線を退き(プリムラは最初から番外)、残るは亜沙と楓になったようですね。でもって今のところ稟は亜沙に傾いてるみたいだけど、残り話数から考えて亜沙で決まりってのは考え難い。やはり真打ちは楓? まあこの中では楓が一番正統派のヒロインではあるんですけどね。

深夜アニメ館 © 2005- Takashima Kiyoshi / Nuruota.com


Amazon.co.jp アソシエイト