深夜アニメ館: アニメキャプ+感想+考察その他

2005/8/31 Wednesday

かみちゅ! #08

カテゴリー:  

かみちゅ!第8話「時の河を越えて」。
いやあ、これは意外なネタを持ってきましたねぇ。確かに8月は終戦の月ですが、まさかかみちゅ!で軍艦ネタが出てくるとは思いませんでしたよ。このあたりをネタにするのは特に最近びみょーな問題を孕んでるわけですが、とりあえずかみちゅ!らしくユルユルで流しましたね。

まあシリアスにはどうにも突っ込みようの無いネタではあるんですが、それにしてもこのスタッフ、チャレンジャーだなあ。





戦艦大和のネタ振りの強引さはともかく、三ツ葉をくわえた三ツ葉丸ってキャラデザ、すんげーなー。しかもイキナリ椀から登場って何だよ。でもゆりえが全然動じてないところがちょと意外。てかもうこういうのには慣れきっちゃったのかな、ゆりえ。

糸電話ならぬ昆布電話って発想もかみちゅ!らしい。それにしてもこの昆布、超長げーよ。





大和の心に同化するために奮闘するゆりえ。やっぱゆりえって超不器用だなー。でも粘土細工には各々の性格が出てるよな。細工も細かく丁寧な光恵、大雑把なゆりえ、でもって祀のコレは一体何?
それはそうと総理大臣、まだ健在だったのね。日本政府印のダンボールワロタ。だけどもう大和なんて機密でもなんでもないだろー。

でも紙の資料だけじゃ心を近づけるなんて難しいよね。ってところでやはり体験者の語りってのは大きいか。





まあやってみれば意外と簡単にできるものなのね。ってかゆりえの神通力がかなり上達してるのか。でもラムネありマスの旗はちょっとハズカシーな。

まあでもこれで大和を帰すだけじゃなく源さんの願いも叶って一石二鳥。二宮のゆりえへの好感度もこれでアップ間違いなし?



残念ながらそこまでには至らなかったようですな。ゆりえアッサリ沈没。この朴念仁に想いを通すためにはもっと精進が必要なようで。ガンバレゆりえ!

2005/8/24 Wednesday

かみちゅ! #07

カテゴリー:  

かみちゅ!第7話「太陽の恋人たち」。
今は寂れて見向きもされなくなった海水浴場。でもそこは地域の人々の思い出がたくさん詰まった場所。そしてこの日、ゆりえの神通力で懐かしい思い出がよみがえるのでした。

てなわけで今回は夏の定番、海水浴ネタですね。でもこの水着のデザインはなんだかなあ。設定によるとゆりえ達っておいらとほぼ同世代なはずなんだけど、あの頃の水着ってこんなにダサかったっけ?いくらなんでも祀の縞々はねーだろー。





なんか光恵や祀がやたら肉感的に描かれてんですけど!!Σ(゚Д゚;)
てか筋見えてるスジ!でもゆりえだけは幼児体形やねぇ。でもあのころってゆりえみたいなのが多かったよなー。女子の体型が全体的にグラマラスになってくるのはもう少し後だったと思う。

でも父ちゃん母ちゃん相変わらず仲良いなー。ゆりえのおっとり型の性格もこの家庭環境ならでは。あー、でも以前はよく日焼けしたなー。最近は焼けるといってもシャツから出た分だけの土方焼けだもんなー。そうこうしてるうちにも夏は過ぎ行く。(´・ω・`)ショボーン

ゆりえ、日焼けでうだってるところに猪鹿蝶。神様協会の歓迎会?





なかなか派手な衣装だなー。でもなんか妙に神様っぽいぞ。神様協会の会長って算盤の神様かよ。変なカッコ。それに神様の宴会とか言ってるけどなんかやたら俗っぽいよなあ。

でもってここで会ったのが昼間の打ち捨てられた海の家の神様たち。以前来ていた仲良しカップルの行く末が気になるという神様たちの言葉に答えてゆりえは――





天空に現われた映像を見て浜に引き寄せられる人々。最初にたどり着いたのはゆりえの両親!?ゆりえが両親に見せる在りし日の浜の景色。そこでの両親の姿は、あの写真のカップルそのものでした。そして集まってきた多くの人々もまた、過ぎ去った日々の思い出を楽しんだのです。・・・てか光恵、会長に体乗っ取られて全員にキスしまくったんかい。orz

・・・ってなわけで1週あけての放映でしたが、かみちゅ!らしいほのぼのしたお話でしたね。妙にシリアスになったりせず力抜いて観れるのが本作の特徴ですな。なーんか深夜枠にしとくの勿体無いような気もしましたが、よく考えるとこういう風景にノスタルジーを感じるのはそれなりの年齢層なわけで、やはりメインターゲットは30代以上なのかなーとも思ったりしたのでした。

2005/8/10 Wednesday

かみちゅ! #06

カテゴリー:  

かみちゅ!第6話「小さな決心」。

ゆりえ様の恋愛相談?相談に乗ってもらいたいのはゆりえの方じゃないの?でも祀って神社の巫女というよりは完全に企画屋ですなー。しかも押し強えーし。こりゃ付き合わされるほうも大変だ。(・∀・)





なんか相談が生々しいんですけど。(゚Д゚) これは完全にゆりえの手に負える範囲を超えてるよな。でも字が汚ねーからってお札突っ返されたんじゃ神様も立場ねぇわなー。

とか言ってたらいきなり恋敵からの相談が!?まーこういう企画じゃしょーがないよね。でも勢いに乗って後押ししたのに気付いて狼狽するゆりえがマヌケでかわえーわな。てなわけで2人揃って書道部へ。





えー、ここ書道部だよね?何故にランニング?しかも掛け声がなんかみょーなんすけど。それにしても二宮も変人だよなー。まあ楽しければそれでいいのか。

でも能登サンはどちらかというとふつーの女子中学生みたいだから、部活でいつも一緒にいれば嫌でもゆりえが二宮を好きなのはバレバレだよなー。気付かないのは二宮くらいのもんだわさ。でもゆりえ、能登サンに突っ込まれて慌てて誤魔化してたけど、そこまでひた隠しにする必要もないだろーに。神様も大変だー。





ゆりえ、さすがに良心が咎めて退部しようとしたものの、行動は能登サンの方が早かった?いやーやっぱ女も度胸ですな。今回は残念ながら秒殺だったけど、女の子だってやっぱ積極的なほうが運も掴めるぞー。頑張れ。

さて次回は夏らしく海に水着?やっぱそういう話はスルーできませんからねー。でもちょっとロマンチックなお話になるのかな?次回は「太陽の恋人たち」ちゅ?ちゅ?サマーで決まりです?

2005/8/3 Wednesday

かみちゅ! #05

カテゴリー:  

かみちゅ!第5話「ひとりぼっちは嫌い」。神様だって風邪をひく?

てなわけで今回は“ゆりえ様、寝込む”の巻。まあ人によっては学校休めるってんで喜んだりするのもいるんだろうけど、ゆりえはやっぱ家に一人きりは苦手なタイプやね。でも、本人はなかなか気付かないけど、周りはみんな心配してたんだよってなお話。





疲れがたまってたときに風邪で一気に熱が・・・って、祀、そんなにコキ使ってたんかい!?目新しさもなくなって客足も落ち込んでたみたいだから焦ってたんかなー?でもまあ祀もさすがに反省してるみたい。光恵も本当は祀を責めたかったんだろうけど、祀が今回のことで責任感を感じているのは光恵にも充分わかってるしね。

章吉って実はみこのことが気になってたの?まあ今回の描写だけじゃわかんないけどねー♪でもみこの霊視能力はやっぱこの世界でも一般的じゃないのね。章吉もやっぱ驚いてるし。それにしても猪鹿蝶、なんかまったりしてるなー。駄洒落もいい感じでゆるい雰囲気をかもし出してますよ。やっぱ鹿がボケで猪がツッコミ?

深夜アニメ館 © 2005- Takashima Kiyoshi / Nuruota.com


Amazon.co.jp アソシエイト