深夜アニメ館: アニメキャプ+感想+考察その他

2006/9/3 Sunday

シュヴァリエ 第3話「悲憤の剣」

カテゴリー:  

なんだか二転三転と目まぐるしく話が動きまくりますねえ。それに思ったよりずいぶん話の進行が早い。このペースだとガーゴイル絡みの話はあと数話で終わっちゃうんじゃないの?まあオルレアン公の陰謀の流れは完全解決とは行かずに後々まで尾を引きそうではあるんだけど。それにしてもこの作品って指飛ばしたりアキレス腱切ったりエグイ描写多いな。

でもガーゴイル、あんだけの数で襲い掛かりながらあっさり片付いちゃったなー。まあガーゴイル集団が頑張っちゃうとカロンの出番がなくなっちゃうから話の組み立て上当然の成り行きなのかもしれないけど、これはちょっと拍子抜け。てかやっぱあのマーク見えるところに派手に出してちゃダメでしょ。ここが弱点だよっていってるようなもんだもんな。

でもって裏切ったかに見えたデュランはやっぱ機密局のエージェントでしたってことで、次回はデオンたちも機密局に入ることになるのかな。でもラストはちょっと演出過剰だよな。てか王様ずっとあそこで待ってたんか?





ロビンに弱点見抜かれてあっさり撃退されるガーゴイルに拍子抜け。なんじゃそりゃ。てか見えるところにそんなラベルぶら下げとくなよなー。でもカロンはやっぱただ者じゃないね。てかコイツ人間なのか?まあ捕まって以降は普通の人間っぽいんだけど、1話の時といいリアが出てくるまでの戦闘シーンと言い普通じゃねーよ。

でもリアって出てくるときはいつも暴走状態なのかね。これってコントロールするの大変っぽいんだけど。





指に続きアキレス腱切断キタ━━(((( ;゚Д゚)))━━!!!!!
まあ足のほうはフリだけだけどザクッといくのはやっぱエグイね。てかロビンもデオンもドン引き。でも「他にどんな方法が?」と返されると言葉も出ないへたれなところがデオンらしくて・・・。(・∀・)ニヤニヤ

裏切ったと見せかけてカロンを油断させる作戦はまずまずだけどチームワークはズタボロだわな。てかデオンを除いては集まった皆が皆お互いを信用してないのが丸わかりで楽しいことにw





やっぱこのジイさん怪しすぎ。デオンですら気付かれてないのに歴戦の猛者なはずのテラゴリーが屋敷の中の相手に気付かれるほどの音出して剣を抜くってアリエナイでしょ。それに今回やけにデュランに突っかかってるしね。こりゃ後の裏切りの伏線だよなー。まあでもそれが明らかになるのはまだ先だろうけど。

結局逃げたカロンの後を追うことでオルレアン公の動向を示す証拠の文書が見つかったわけで、さすがのデオンもデュランの意図に気付くことに。





姉の眠る地下礼拝堂に集まる面々。そこで明かされるデュランの正体。そしてそこには皆のこれからを決める重要人物の姿も・・・。
ルイ15世陛下キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━!!!!!

てなわけでデオンたちは機密局の一員として行動することになりそうな流れ。でもガーゴイル絡みの一件も解決どころかほとんど進展していないわけで、カロンやサン・ジェルマンらオルレアン公一派との対決はまだまだ続きますよ。てかまだ本題がどこにあるか全然見えてこないんだよなー。ガーゴイル事件は完全に前座っぽいしね。

コメント »

この投稿には、まだコメントが付いていません

このコメントの RSS

コメント投稿フォーム

改行や段落は自動で挿入されます
メールアドレスはブログ上には表示されません
利用可能な HTML タグ : <blockquote> <code> <em> <i> <strike> <strong>

required

required


深夜アニメ館 © 2005- Takashima Kiyoshi / Nuruota.com


Amazon.co.jp アソシエイト