深夜アニメ館: アニメキャプ+感想+考察その他

2006/5/8 Monday

涼宮ハルヒの憂鬱 第6話「孤島症候群(前編)」

カテゴリー:  

さてさて今回はまたまた時系列すっ飛ばして「涼宮ハルヒの退屈」からの一品、「孤島症候群」。今回も飛んだなあ。てか小耳に挟んだところによるとDVDではTV放映時とは順番が入れ替わるなんて説が。正規の順番で見たいならDVD版をどうぞってこと?

このままの順番でもいい気もするんだけど・・・ってこれは単に慣れの問題か。まあ激しく時系列をシャッフルしていることもあって原作未読の人は混乱するかもしれないけど、時間軸を行きつ戻りつするのは原作の段階からしてそうなわけで、実はそれほど問題ではなかったりするんですよね。実際アニメ版でもストーリーに必要なキャラや背景の設定は既に消化済み。それに“退屈”の各エピソードは基本的に1話完結型の短編ですから、細かいことは気にせず気楽に観るのが吉でしょう。

まあそれはそれとしても次回が「ミステリックサイン」ってのはやりすぎなんじゃないかなー。まあOPにアノ人が出てるわけで、シリーズに組み込まれるのは当然なエピソードではあるんだけど、やっぱ「孤島症候群」を完結させてからやるのが筋なんじゃねーの?





てなわけでお話は夏休みの初っ端から孤島での夏合宿に行くことに決定するところから始まるんですが・・・うわ、キョンの妹も一緒だよ。原作では妹の参加は冬合宿(雪山症候群 - 涼宮ハルヒの暴走)からなのでここはアニメオリジナル。それにしてもカバンに入っているとは・・・。

それにしてもハルヒの俺様ぶりはすげーなー。新川さんや森さん本人を目の前にして「怪しい執事やメイドさんまで―」っつーのはねーだろ。みくるも苦笑い。そんな傍若無人なハルヒも船の中ではみくるを使って(自分のカメラで)キョンの寝顔撮らせたりとか微笑ましい小細工してたりするわけだが。





まあこのあたりのシーンはお約束なわけだけど、目を引きがちなハルヒやみくるの陰で仏頂面のまま明らかに楽しんでるっぽい有希が強烈にヒット。てか本読みながら水上スキーって・・・w

でもって原作では夜は酒盛りでハルヒの強烈な酒乱ぶりが披露されるわけですが、流石にアニメ版ではムリっぽいですな。ちっちゃい妹も居るわけだし。

ところが翌日は突然の嵐に。舞台はお気楽なリゾートからハルヒが期待していたクローズドサークルへと変貌を遂げることに。





嵐で外に出られなくても地下には立派なプレイルームが。でもこのプレイルーム、客が居なかったらめっちゃ寂しいよなあ。まあリアルでも高い金出して買ったものの結局使われなくなって放置されている観光地のリゾートマンションとかあるわけで(とんでもない安値で売られてたりする)、全くリアリティがないとは言えないところが恐ろしい。

まあでもそんなことはSOS団の面々には関係ないわけで、雨が降ろうが槍が降ろうが深夜まで遊び倒すのは自然の流れ。でも一行が徹夜で遊んでる間に予想外(?)の事件が・・・。





翌朝、主人の多丸圭一氏の弟、裕氏が行方不明になり、圭一氏自身にも連絡が取れないことを告げられる一行。鍵がかかった部屋からもなんの返事もないことに異状を感じたキョンたちが扉を破って押し入ると、そこには――。

てなわけで夏合宿の舞台がいきなり密室殺人の現場へと変貌を遂げたわけですが、よく観るとこの一連のシーンにはそこここにヒントが隠されてますよねえ。まあそのあたりは解決編で語られることになるわけですが・・・って、次回は「ミステリックサイン」?解決編は放ったらかしかヨ!?

まあミステリックサイン自体は当然本シリーズに編入されるべきエピソードではあるんですけどね。でもここでかヨ。解決編、ちゃんとやるんだろーなー。「ご覧になりたければDVDで」とか言うなよー。

深夜アニメ館 © 2005- Takashima Kiyoshi / Nuruota.com


Amazon.co.jp アソシエイト