深夜アニメ館: アニメキャプ+感想+考察その他

2006/3/31 Friday

舞-乙HiME #25-26(最終回)

カテゴリー:  

舞-乙HiME 第25話「蒼天の乙女」
さてさて大分遅れましたが最終回1時間スペシャルです。てか今期はオリンピックの影響か最終回の連続放送が目白押し。この後のSoltyなんて3話連続1時間半でしたからね。こうなると流石に続けて見るのはしんどい。でも4月からは怒涛の新番組ラッシュで更に上を行く状況に――。スケジュールも詰まりまくって感想書くどころか流し見すら満足に出来ないのは勘弁して欲しい・・・。orz

でもって今回は一気にクライマックスなわけですが、流石に25話はそれに相応しい盛り上げ方を見せてくれましたね。もちろん細かいこと言えばイロイロとツッコミどころは満載なわけですが、もともとこのシリーズはそういう路線なわけですから全然オッケー。でも欲を言えばちょっと引き伸ばしすぎな部分があるかな?。詰めて作れば最終26話は要らなかった気も。マテリアライズ無効化を引きずりすぎて、せっかくのオトメの戦闘シーンが少なかったのもちょっとマイナスかな。

でもまあ全体的に見れば今期の上位に入る作品であることは間違いないでしょうね。前作舞-HiMEも含めて完全にシリーズ化してるみたいですから3期目も期待できる?となると次はどんな枠組みになるのかなー。終わったばかりなのに次が気になるってのもなんですが、そういう期待を持たせる作品に仕上がったってのはスバラシイ。次回作にも期待です。




派手に登場のオトメ部隊は陽動で真の狙いは・・・ってのは本作では珍しく?マトモな戦略だったんですが完全に見抜かれてたってのが“らしい”結末。でもここでこの展開はちょっとクドイかな。

後に出てくるようにどのみちマテリアライズの無効化は出来たわけだし、ここで攻城砲でガルデローベの面々を撃破しちゃったら他国のオトメの総無力化はむずかしかったんじゃまいか。ちょっと勇み足っぽい展開。まあアリカの登場を派手に演出したかったって意図はわかるんだけどね。




てなわけで真の目的「各国のオトメを一堂に集めて一気に無力化しちゃうよ♪」計画発動。うむ、これも基本戦略としてはマトモかな。でもやっぱ詰めが甘いんだよなー。てかこんな面倒くさいことやんなくたって・・・。

アリカを助けた際にローブを壊されたチエはこの時点で生存確定。う?ん上手い!と感心したんだけど、この後の展開を見てあんぐり。こいつら不死身や。

でも久しぶり登場のまきまきがこういう活躍をするとはwww




「女の子を一人で闘わせるなんて」とかいいながら助けるどころか味方の足を引っ張ってばかりの某主人公と違ってやるときはやるアリカ。これぞ主人公キャラですわな。立ちふさがるトモエもあっさり撃破。呪いの言葉を吐きながら落下するトモエを後ろに見ながら行くべき道を進みます。そしてその行く手にあるのはワルキューレシステムのコアである母の棺。

悪運に恵まれしぶとかったトモエもこれで最期かと思いきや――




あれほど派手に落下したトモエ、しっかり生きとるやんけ!!!しかもほとんど無傷!!!なんちゅー生命力。こんな展開なら味方キャラのチエが死んだりするわけなんてないわな。

結局青玉の力が完全解放される過程は雰囲気で流されちゃったわけだが。てかなんかアリカ髪まで伸びてるし。ここらへんはマジ雰囲気だけで押し流してるなー。まあここまでくればラスボスの二ナの登場はもうお約束。このまま最終回に突入???!

*

第26話「Dream☆Wing?夢の在処?」
でもって用意周到な割には詰めが甘いナギは最終手段、ハルモニウムを起動するわけですが――




ミユの働きで全リミッター解除。ナギの妨害システムは完全に無効化。

確かにこれは“ルール違反”だよなあ。結局全てはミユやミコトの手のひらの上かヨ。てかそれならそうとこんなに大事になる前に手を打ちゃーいいのに・・・ってまあそんなんだとお話にはならないんだけどね。




てなわけで契約から解き放たれたオトメたちの大活躍――な場面のハズなんだけどやっぱそこに割く時間はねえか。でもシホのまきまき強えぇよ。ナオじゃねーけどマジでローブ要らねーんじゃ?

でもってネコミミなアカネw
結局お預けかヨ。まああのまま取り残されなかっただけマシだわな。




でもって驚愕のミス・マリアwww
マテリアライズすると老化した細胞も若返るのかヨ。もう何でもアリだなー。

そいでもってニナとアリカは何故か宇宙へ。おいおいいくらサンライズだからってこれまでガンダムな展開はなかろうに。力技だなあ。




ハルモニウムに乗っ取られたニナを解放って――思いっきし胴体貫いてるんですけど・・・。てかハダカで大気圏突入って・・・。いや、こういうのは今に始まったことじゃないし、らしいといえばらしいんだけどね・・・。

てなわけでどこかで見たようなシーンになっちゃったのはちょと残念ですけど、結果的にはキレイにまとめて終わりましたね。かなり強引ではありますが前作では死んだはずのキャラが全員復活してましたからねぇ。アレに比べれば全然マトモでしょー。まあ首謀者のナギや真っ黒なトモエ、不本意とは言えど大量殺戮に荷担したニナがそのまま生き延びたことへの不満の声もネット上ではあったようですが、個人的には上手いトコ収めたと思ってます。

でもホント最近こんな風に最初から最期までエンターテインメントに徹した作りの作品って少なくなったような気がしますねぇ。みょうにヒネて見たり説教じみてたり泣かせようとしてみたり。もちろんそういう路線が悪いわけではなくて上手くやってる作品もあるわけですが、やはり変に捻らずにストレートに楽しめる作品って貴重だと思います。3期目があるかどうかは現時点ではわかりませんが是非次も期待したいところです。

スタッフの皆さん、お疲れ様でした。

1件のコメント »

  1. 俺的には、せめてエルスの墓に花を置いて「Fin」って感じがよかったな?。
    エルスがあまりにもかわいそうだ(;´д⊂)

    Comment by 夢幻 - 2006/4/10 Monday @ 23:03

このコメントの RSS

コメント投稿フォーム

改行や段落は自動で挿入されます
メールアドレスはブログ上には表示されません
利用可能な HTML タグ : <blockquote> <code> <em> <i> <strike> <strong>

required

required


深夜アニメ館 © 2005- Takashima Kiyoshi / Nuruota.com


Amazon.co.jp アソシエイト