深夜アニメ館: アニメキャプ+感想+考察その他

2006/1/28 Saturday

舞-乙HiME #16

カテゴリー:  

舞-乙HiME 第16話「約束だよ!」
今回から新OP。かな?りサンライズっぽい、てかガンダムっぽいOPになりましたねぇ。でもこのOPっていくらなんでもぶっちゃけ過ぎだろwww まあ今回本編もこのOPに相応しい急展開となったわけだが。

てなわけでヴィントブルームは崩壊し、シュバルツと組んだアルタイ(連合?)が当面の敵役に。危うくもしぶとかったトモエ様も逃げ切りで敵側のオトメに。王位を追われたマシロはアスワドに拾われガルデローベの面々と共にナギ率いるアルタイと対峙するって展開ですか。でもって前フリ通りにアリカとニナも各々の陣営のオトメとして対立するわけですな。マイも正式に登場。この描写だとガルデローベ側のオトメに?

それにしてもイキナリですなあ。まあ最近かなり展開が煮詰まって来てたんでそろそろなタイミングではあったんですけどね。でもガルデローベにも潜入していたシュバルツの手先って誰だったんだろう?トモエだとしたらちょっと安易だよなあ。





代表選考でのまさかの敗北に自ら工作に走るトモエ様。やっぱ役立たずの手足でももがれると痛手だなあ。でも思いっきしリーチがかかってるのにな。チエの釘刺しも全然効いてねーよ。でもって今回はエルスもそれを知ることになるわけで・・・。





いやちょっとソレはあんまりだろう!?>トモエ。
エルスタソが見てるよ!なんか完全に逝っちゃってて周り見えてないよ!

まあ普通ならここでトモエは退場となるわけだけど流石にOPバレしてるからなあ。まあエルスが喋らないってのはあってもここでスルーされたのはやっぱガルデローベが体質的に不祥事を嫌うってのがあるんだろうな。それかトモエのバックがやたら強力かつセンシティブなところなのか。

その後の仲良しシーンはアレですな。やっぱこんなほのぼのした生活の終りを暗示してますね。アリカもエルスもそれぞれ隠し事秘めてますし、“おじさま”に宛てたハンカチも後のトラブルを予想させますし。





でもって遂にその時が!!
ガルデローベ卒業記念舞闘の開会で幕から姿を見せた新しい風華宮は、マシロの思い描いていたのとは全く違い、強力な兵器を持った要塞へと姿を変えていた。そして空を覆うシュバルツの新兵器の群。市内に多数潜伏していたシュバルツの工作員も一斉蜂起し、ヴィントブルームは戦乱の只中へ――。

てなわけで今回を境に一気に物語は一変!って感じですねー。次回は「蒼の舞/想い、散るとき」。何やら不穏なサブタイになってますよ。ここに来て主要メンバーに死人がでる!?

深夜アニメ館 © 2005- Takashima Kiyoshi / Nuruota.com


Amazon.co.jp アソシエイト