深夜アニメ館: アニメキャプ+感想+考察その他

2005/11/19 Saturday

舞-乙HiME #07

カテゴリー:  

舞-乙HiME 第7話「蒼の舞/乙女の契り」。
マシロとアリカ、場の勢いでオトメの契約を結ぶの巻。てなわけで今回はマシロとアリカの距離が急速に縮まったわけですが ―― マシロって自分の血筋が疑われてるってこと小さい頃から知ってたのね。

表面上は自分に付き従っている連中でも陰ではニセモノ呼ばわりしてんだって、小さいことからずっと思って育ったんなら性格が歪むのも仕方ないか。特に一目惚れっぽかったナギに面と向かってニセモノだって言われたのは相当なショックだったんだろうなあ。

そんなマシロを唯一真っ直ぐに見てくれる存在がアリカだったわけで・・・まあ状況も状況だったしオトメの契約に結びつくのも自然な流れですね。でもガルデローベに無断で勝手に結んだこの契約は大問題に発展しそうだなー。ジェムは小さいからまだ隠せてもローブはコーラルのとは全然違うからなあ。どうすんだ?>アリカ。





唯一の王位継承者として大事に育てられ、人々も当然喜んで自分に自分に従っているものと思っていたら、実は陰では自分はニセモノだと思われていた・・・これは小さいマシロにとってはショッキングだよなあ。こんな陰口聞いたら周りの人間が信用できなくなるのも仕方ない。そりゃトラウマにもなるわな。

まあもともと大人しいキャラじゃないにしても、マシロのひねくれた態度はこういうところから来てるのね。でもってその一番敏感なところをさっくり突付いてしまうアリカ。そりゃマシロもキレるわなー。事情がわかったら放っとけないアリカはマシロを追うも、マシロはナギに言い寄られてる真っ最中!?

でも一話冒頭の描写と比較してもやはりマシロは内務大臣が仕立てたニセモノっぽいっすね。髪の色とか違うし。でもって宝玉を持つアリカが真の王女である可能性が高いのか。でもって前回プールで溺れたニナが見た幻+今回の絵の髪の色から、蒼天の青玉の娘はニナってことに?





なんだかんだで本心から自分を慰めてくれるアリカにさすがのマシロも――。ええ話や(ノД`)・゚・。

でも二人が転がり落ちた王宮の地下にはマシロも知らない謎の施設が。でもってコレやっぱアリカに反応してるんだよなー。まだ現時点ではハッキリわかんないけど。でもこの施設が後に関わってくるのはまず間違いないでしょうね。





ミコトシルエットキタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!!!!
やっぱミコトはただのネコじゃなさそうっすね。でもこの調子だと本格登場は中盤以降か。でもこの雰囲気はなんだか黒いなー。

でもってそこに現われるシュバルツの手先、Aパートから出てきた陰気な兄ちゃん。スレイブに変身してマシロたちを襲うも、マシロと契約してオトメの力発動したアリカによってあっさり沈黙。

スレイブは雑魚なんで戦闘自体はあっけないんだけど、今回は結構話進んだ感じがありますね。1話でもそうだったけど蒼天の宝玉って単体でも防衛力を発動できるっぽいし、やっぱなんか特別? それともマイスターの宝玉はみんなこうなの? でもってこの蒼天のローブ、絵の中の蒼天の青玉とは色も形もかなり違うんだけど、やっぱ着用する人間によって個体差が出てくるのかなー。今の段階ではまだよくわかりませんね。

でも今回の契約自体は仕方ないとしても、この後始末は大変だなー。コーラルジェムは壊れちゃったし、既にオトメとしての契約もしちゃったわけでこれ以降はジェムもローブもマイスターのヤツだろ? 秘密って言ってもこれ隠すのは無理だよなー。

公式の予告だと次回はやっぱ舞闘はサボるっぽいけど、こんなのずっと続くわけないし、これからどうすんだろ。それに契約ってそんな簡単に解除できるもんなの? まあ蒼天の青玉は14年前の事件の直前には引退したって事だから解除不能ってことはないと思うけど・・・これもまだ先の話か。

深夜アニメ館 © 2005- Takashima Kiyoshi / Nuruota.com


Amazon.co.jp アソシエイト