深夜アニメ館: アニメキャプ+感想+考察その他

2005/10/29 Saturday

舞-乙HiME #04

カテゴリー:  

舞-乙HiME 第4話「炎の転入生!!」。
さてあらかたの舞台設定も終わって本編に突入って感じですけど、ホントこの作品って定石通りの話運びしますねぇ。アリカも予想外の活躍で上手いことガルデローベに滑り込んだはいいんですが、当然ながら一部同級生には快く思われていないわけで・・・やっぱ一波乱は免れませんか。

まあ王侯や貴族が普通に存在する社会なわけで当然ながら階級意識はバリバリなんですよね。しかもガルデローベはエリート中のエリートが集う学園なわけで。そんな中にどこの馬の骨ともつかぬアリカが、しかも思いっきしイレギュラーな形で滑り込んだわけですからすんなりおさまるワケがない。潰しにかかる連中が出てくるのも当然というもの。

アカネのように既に認められてるパールの一部にはアリカの実力を評価する傾向はあっても、ただでさえ熾烈な競争を強いられてるオトメ候補生の大半にとってはアリカの転入は喜ばしいことではないのが本音でしょう。ましてや人並みならぬ潜在能力を見せ付けられた後であればなおさらのこと。この逆境をどう乗り越えるかがアリカの最初の関門になりそうです。





落ちてくる飛行機を咄嗟に支えたものの力負けしたコーラルローブはあっさり崩壊し墜落するアリカ。そして、そこに飛び込みアリカを引き上げる一筋の影が!! でぼちんキタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!!!!

“必要なのは力と技と根性”ですか。ハルカも変わってませんなー。
でもユキノはちょっとデカくなってないかい?
まあなんだかんだで一件落着。ハルカとユキノの口添えでアリカもニナも学園に留まることに。まあこのあたりは予定調和ですけどね。それにしても今回の一件ってどうみてもシズルが原因なんだけど、そのあたりに突っ込んでる奴誰もいねーよなー。そこは触れてはならないポイントだったりして。

でもってオトメは男女交際禁止な件。なんかえれー理屈だなあ。でもこれで1話冒頭の、おそらくアリカの母親と思われる人物とその敵方との会話の意味がはっきりしてきますね。彼女は既にオトメの力を失ってたってことで。でもまあここでの見所はナツキの表情?

ニナはやっぱりアリカを意識しまくりなわけで。でもニナが言ってるのはこの学園の本質でもあるんだよなー。その意味がわかってれば余計なトラブルに巻き込まれることもなかったんだろうけど・・・この時点でアリカにそれを求めるのはムリな話。





でもってアリカが直面する当面の問題・・・うわー生臭せー。でもまあ表向き公正をモットーとする学園からしてアリカだけ特別扱いは出来ないしなー。でもってやっぱ学費自分持ちはアリカ以外にはいないわけね。まあ当然といえば当然なわけですけど。

でもって王侯貴族の護衛役という使命を持つオトメの養成校という場所柄、そこに集う生徒もそれなりの出身なわけで、実力以上に家柄や出自にこだわる連中が居るのも自然な話。なんだか不穏な気配が漂ってきましたよ。

まあ既に他をぶっちぎってる一部のお姉さま方にとっては出自なんてどうでもいい話なんですけどね。でもどんぐりの背比べで熾烈な競争を繰り広げてる連中にしてみれば新たなライバルが増えるというだけでも心穏やかではないわけで。しかもそれが普段自分が人間扱いしてない“卑しい”出身で、さらにうかうかしてたら自分の立場を脅かしかねないとなれば、芽のうちに摘み取ってしまえと考える者が出てくるのは不思議でもなんでもない。ナオの指摘もうなずけますね。

でもってナオの指摘通り放ってあったアリカの制服に手を伸ばす人影が・・・。それにしてもアリカも迂闊すぎ! まあ憧れのオトメになる学校で盗難に遭うなんて思っても見なかったんでしょうけどね。

さてさて波乱含みの展開になってきました。アリカの制服に手をかけたのは誰?(まあバレバレですけど。)そして制服をなくしたアリカは!?
次回も、見逃せません。

深夜アニメ館 © 2005- Takashima Kiyoshi / Nuruota.com


Amazon.co.jp アソシエイト