深夜アニメ館: アニメキャプ+感想+考察その他

2005/10/27 Thursday

灼眼のシャナ #04

カテゴリー:  

灼眼のシャナ 第4話「惑いのフレイムヘイズ」。
同居イベントキタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━!!!!!
てか早過ぎないかヲイ!! それにシャナが成り代わってるわけだから平井ゆかりも一応存在してることになってんだろ?彼女の家の方は大丈夫なんかよ。

まあでもこれでシャナのツンデレ化はほぼ決定路線だわな。今はまだツンツンだけど既にデレの予兆もちらほらと。でもそれと並行してフレイムヘイズとしてのシャナの未熟さもクローズアップされることに。こちらは前回の時点でフリアグネに指摘されてたわけですが、それがさらけ出された回でした。

でもその筋では“炎髪灼眼”は強さで知れ渡ってたようで、今回対戦したマージョリー&マルコシアスペアも拍子抜けしてますから、シャナの弱さは悠二との出会いに起因するものではなさそう。炎髪灼眼のフレイムヘイズとしての立場を受け継いで未だ間もないのでしょうか?そのあたりは今後描かれることになるのかな。





脱衣イベントキタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━!!!!!
それにしてもベッドマットの感触に喜んでるシャナ(*´Д`*)ハァハァ 悠二に指摘されて初めてってのがアレだけど恥じらいの仕草もなかなかグッド。でも風呂には入らないのな。(+д+) でもってフレイムヘイズの黒衣って四次元ポケットだったのね。安直だけどなかなか便利な設定だな。

それにしてもだんだんと悠二が気になって仕方なくなってるシャナってばやっぱりお年頃なのね。まあ出会うのは敵かすぐ消えてしまうトーチだけなんて暮らし続けてりゃそっち方面に疎くなるのもしゃーねーわな。でもって悠二はそんなシャナが初めて会うタイプのオトコなわけで。気を惹かれるのも無理ないか。

でもそうこうしてる内に同業者らしい人が街にもぐりこんで来てますよ。





気付いたら同じベッドでドッキリキタ━━(゚∀゚)━━!!!!! でもこんなときのオトコキャラの動作ってワンパターンだよね。もちっと違うパターンないのかねぇ。

でもってシャナを目の敵にしてシゴキにかける体育教師が・・・こういうのもなんだかなー。まあこれは前回から続いてきた吉田一美フラグ立てシーンへの導線だってのはわかるんですけど、ちょっとパターン通り過ぎで今ひとつ。特に今期はこの辺りの誘導が上手い舞乙と並んじゃうんで、どうしても見劣りしてしまうんですよね。

てなわけで自分を庇ってくれた悠二に地味にときめいてる一美ちゃん。予告ではなにやらアクション起こしてるみたいですけどどーなるんでしょー。でもこのキャラ配置ってモロにシャナへの噛ませ犬だよなー。

ただ今回はこれだけでは終わりません。
前回出てきたフリアグネとは別の紅世の徒を追って街にやってきたフレイムヘイズ、マージョリー。他人の縄張りだろうが構わず獲物を探し回ります。悠二に惹かれていく自分にイラつくシャナは気晴らしのつもりでマージョリーと対峙しますが――

これも前回の流れをそのまま引き継いだ展開ですね。シャナは“炎髪灼眼”で名の通っていたフレイムヘイズとはどうやら別人みたい。もっともアラストールを受け継いでいるわけですから後継者という立場のようですけどね。でもこのあたりについてはまだ何も情報がないのでわかりません。まあ追々描かれることになるんでしょうけど。

さて次回は破れたシャナの身の振り方や吉田さん、そしてマージョリーと紅世の徒たちの動向に話が移ってきそうです。まずはマージョリー&マルコシアスペアとフリアグネの対決か?

深夜アニメ館 © 2005- Takashima Kiyoshi / Nuruota.com


Amazon.co.jp アソシエイト