深夜アニメ館: アニメキャプ+感想+考察その他

2005/7/10 Sunday

エルフェンリート DVD番外編

カテゴリー:  

エルフェンリート 番外編「通り雨にて… 或いは、少女はいかにしてその心情に至ったか?」。DVD最終巻に収録されていた番外編で、アニメ版の話数で言えば11話の途中に入るエピソード。

楓荘に居付くことになったナナが自分の役割を見つける話&ルーシーの回想のなかで、なぜルーシーが蔵間に直接手を下さず、周りの人間を殺戮するようになったのかを描き出す話になってます。




う?ん、マンガ的表現とはいえ極端ですなあ。ソーセージ炒めるだけでそんな大事にはならんだろ普通。それに菜切り包丁だってそんなに力いっぱい振り回したらナナでなくても危なくって仕方ないぞ。

てなわけでナナにもできる仕事は・・・にゅうと一緒に掃除?ルーシーと!?




いや別に競争しろと言っているわけじゃないんだが>ナナ。

でもルーシーに向かって這ってくるナナの顔がホラーチックでステキ。いきなり手足がぶっ飛んだらそりゃにゅうもビックリだよなあ。まあナナをそんな体にしたのは別人格とはいえ自分自身なわけだけど。でもこのガラス拭きはソーセージ炒めよりも難易度高いんじゃない?古い建具のガラスって薄くて脆いんだよねー。




鳩サブレに夢中なナナ&にゅう萌え。でもナナって何にも出来ないワリに意地っ張りなんだよなー。まあそこがかわいいんだけど。でも本人もそれはちゃんと認識しているわけで。一人になってしょぼくれているナナがなんとも。

でも坂東とのやり取り見ても、もうこの時点ではにゅうに結構情が移っているのがまるわかりですな。




それでもルーシーをこのまま放置はできないと坂東のもとへ連れて行こうとするナナですが、そんなときに自分の鳩サブレを半分に割って差し出すにゅう。こりゃナナにとってはキッツイっすねえ。

とかやってたら雨の石畳に滑ってナナ転倒!駆け寄るにゅうもまた・・・てかなんかすんげー音したぞ!?大丈夫か!?




石畳に頭を打ち付けて気を失ったにゅうはルーシーへと。朦朧とした意識の中で、ルーシーは過去の記憶をさまよいます。

父子家庭で虐待を受けながら暮らしていた少女と仲良くなったルーシー。そして画家の母親に渡すはずだった絵を父親に見つかり、反抗するはずみに誤って父親を殺してしまった少女を連れて、少女の母親の個展の会場に逃げ込んだルーシーですが――

これは原作単行本10巻85話に挿入されていたエピソードですね。原作でも連載時には無く単行本収録時に追加された部分ですから知らない人も多いかも。話の前後を省略しているためこの女の子とルーシーとの関係がイマイチわかりにくいのは珠に瑕。でもここでの主題はルーシーが蔵間に屈折した感情を持つに至った過程ですから、そのあたりが伝わればあとはバッサリカットしてもOKってことでしょう。

ぬいぐるみを飛ばして魔法使いを気取るルーシー萌え。なりは小さくても正面からの銃弾を逸らすくらいは朝飯前のルーシーですが――




志村後ろー!じゃない横!!脇からの狙撃に気付いた少女はルーシーを庇って銃弾に!!そして銃弾に倒れた少女の命を救うためにルーシーは研究所に収容されるものの、手当ては間に合わず少女は死亡。そしてルーシーは自分達をそんな境遇に追い込んだ蔵間に復讐を誓う・・・。

このあたりの流れは原作では最近でも役どころを変えながら出てきますね。そして過去の記憶のフラッシュバックの中でルーシーは・・・ってなのがこのところの原作の状況なのですが、その原点になったエピソード。




着たきりのナナも、ユカに服をプレゼントされて晴れて楓荘の一員に。ルーシーにも背負っている事情がありそうなこともおぼろげながら理解します。でもってナナに与えられた仕事は“わんたのえさ係”。でもナナ、餌のやりすぎは良くないと思うぞー。

 エルフェンリート DVD (全7巻)
エルフェンリート 1st Note
エルフェンリート 1st Note
エルフェンリート 2nd Note
エルフェンリート 3rd Note
エルフェンリート 4th Note
エルフェンリート 5th Note
エルフェンリート 6th Note
エルフェンリート 7th Note

 原作コミック (全12巻)
エルフェンリート 12
エルフェンリート 1
エルフェンリート 2
エルフェンリート 3
エルフェンリート 4
エルフェンリート 5
エルフェンリート 6
エルフェンリート 7
エルフェンリート 8
エルフェンリート 9
エルフェンリート 10
エルフェンリート 11
エルフェンリート 12

深夜アニメ館 © 2005- Takashima Kiyoshi / Nuruota.com


Amazon.co.jp アソシエイト