深夜アニメ館: アニメキャプ+感想+考察その他

2005/5/7 Saturday

これが私の御主人様 #04

カテゴリー:  

これが私の御主人様、第4話「異常な状況下で結ばれた男女は長続きせんじゃろう」。うわー、こちらも作画がー!まあそれでもギリギリそれなりの水準でふんばってるところは流石ですが。
でもどこも苦しいんだろうなぁ。最近は製作本数が増えすぎてるからなぁ。



さわやかな休日の朝、もうすこし寝ていたいいずみでしたが突然のキスで起こされます。義貴が部屋にまで入り込んできたのかと飛び起きたいずみでしたが、そこにいたのは――安奈。

うわー、OPでもそうだけど安奈って単なる勘違いキャラじゃねーなー。てか初っ端から壊れてるっぽいんですけど・・・えーのんか?



予想外の安奈の来訪に邪心を膨らませる義貴でしたが、義貴の思い通りの展開をいずみが許すはずもなく――

まあいずみは本作唯一のまとも系キャラですからねー。いくら痛い子だと言ってもむざむざ義貴の毒牙にかかるのを見過ごすわけには行きませんか。




ところがそんなことなどどうでもよくなる事態が・・・。突然現われたみつき親衛隊の手によってみつきが攫われた!?「絶対に助け出して全てを取り戻す!」と邸内に進入した3人でしたが、黒幕はやはり・・・。

やっぱ自作自演でしたか。(・∀・) まあみつきだからねぇ。でもみつきって何気に周りの連中の心根を見透かしてるんだよなぁ。恐ろしい子!



なんとか邸内への潜入に成功したものの、屋敷には義貴も知らない仕掛けが次々と!

いつのまに仕込んだんだみつき!?でも、もともとあった仕掛けを義貴が知らなかっただけとか。みつきは邸内のシステムに侵入していじりまわしてたっぽいからなあ。



屋内での戦闘で破壊される高価な調度品にアタマを抱える義貴。自分達をモノ扱いしているような義貴の言い方にカチンと来たいずみは単独でのみつき救出を決意しますが――

あーあ。義貴もなんだかんだとみずみやみつきを心配はしてるんですけどねー。



あっさり捕まってしまったいずみ。2人を人質に降伏を要求する久米。「待ってろ!今助けてやるからな!」義貴の言葉にグッとくるいずみ。背中に隠した武器で反撃を開始する義貴でしたが――

あー、みつきがほくそえんでるー(・∀・)ニヤニヤ



せっかくの義貴の活躍も安奈の乱入でメチャクチャに。それに舞台も・・・ハリボテかよ!?実は誘拐は狂言でサバゲーがしたかっただけというみつきにいずみは詰め寄りますが――

それにしてもすんげーセットだなー。これ誰にも気付かれずに作ったとしたら親衛隊の連中ただもんじゃないな。まー全員みつきの手のひらの上で踊ってたってことですね。いやー策士や。

さて次回は・・・タイトル長すぎて(’A`)マンドクセ。また新キャラか?

深夜アニメ館 © 2005- Takashima Kiyoshi / Nuruota.com


Amazon.co.jp アソシエイト