深夜アニメ館: アニメキャプ+感想+考察その他

2005/3/22 Tuesday

まほらば #11

カテゴリー:  

んー、今回はふつーにドラマしてますねえ。いろいろ意見はあるでしょうがおいら的にはシリーズ中最高の出来だったと思います。でも今までが今までなんでそれ程グッとくるものが無いのが残念。もう既に恵のイメージって出来上がっちゃってますから、現時点だとこんなエピソードがあっても効果が今ひとつなんですよね。
でも個人的にはこの方向で行って欲しいです。日常風景をダラダラ垂れ流されるのは見ていてちょっと辛いんで。

んんん???はぁ???

前回受け取ったエアメールの返事に悩む恵ちん。まー反応から内容は自ずと察せられるわけなんですが。

大学構内の景色、あんなにカップルばっかりなんてのはありえねーんですが、そういうのにばっかり目が行ってしまう時ってのはあるもんで。そんなときに声をかけてくれる友達もカップルってのは、嬉しくもありウザくもあり・・・。

でも恵って大学生だったのね。通ってる様子はないけど。もっともこの点については今回ツッコまれてましたね。でも1年で複数年分の単位修得ってのは実際には難しいような気がするぞ。カリキュラムしだいなんだろうけど。

行ってくるね―どなたですか?
で、デート!?行ってらっしゃい - えええぇ!?

でもって白鳥をデートに誘うことに。まー遠距離は難しいからねー。でも写真を気にしながら別の男とデートってのは気分的にもあまり楽しそうではないなあ。そこらがスッパリ割り切れるのであればわざわざ悩むこともないわけで。理性で押さえ込んだとしても気持ちはなかなか言う事を聞かないもんですから。

一方白鳥のほうはデートと聞いてあたふた。てかメガネをコンタクトに変えたくらいでわからなくなるってどうよ?アニメじゃ描写されてないだけで普段はよっぽど酷い格好してるとか?まあでも黙ってりゃ美人って設定があるくらいだし先週の友人Aの反応からしてもそれはないと思うんだけど。
で、白鳥が気にしてた梢の方は全然かまわないみたいで・・・白鳥にとっては期待はずれだよなあ。(´・ω・`)ショボーン

CD見て―照明器具なんかも―
熱帯魚?じゃじゃ??ん

なんかふつーにデートしてますよ。
でも照明器具ウォッチってのは所帯じみてるなー。これから一緒に住むってわけでもないからなー。

客観的に見れば美人っていう設定はやっぱアリなのね。でもアニメの描写だとそれ程とは感じられないところがなんだか。



そしてよみがえる追憶の日々。ふつーに青春してますなー。高校生くらいの頃かと思ってたけど中学校の頃の話なのね。そのころの関係を大学生の今まで引きずってるとしたら結構長いなー。アノ年頃だとなかなか続かないもんだけど。

ごめんねやっぱ会えないのは辛くてさ
白鳥君のこともかなり好きだヨいーですよ別に。楽しかったし。只だし♪

「他の人を好きになれるかどうか試してたの―」
んー、コレ気にするかどうかは人しだいだよねー。おいらはそんなに気にならないけど、やっぱ「許せない!」とか感じる人もいるみたい。でも、やっぱそんな気分のときはあるでしょ。特に長い間ほっぽかれるとね。
相手の男の立場に立ったとしても、傍にいることも出来ないのに彼女を延々と縛るってのはやっぱ無理があるし。せつないっすねー。

あータイヤキ、あたしも買ってたんですよんぐぐぐっ、のどに詰まった―

結局お土産のタイヤキはここに来ましたか。本編とは関係ないしょーもないシーンだけどこういう風に使うのはいいすね。湿っぽい話だけじゃ締まらないし。でも恵、彼氏を想うんも良いけど生活態度はもちっとなんとかしたがいいぞー。ぐーたら大酒呑みじゃ彼氏も呆れるわな。

深夜アニメ館 © 2005- Takashima Kiyoshi / Nuruota.com


Amazon.co.jp アソシエイト