深夜アニメ館: アニメキャプ+感想+考察その他

2005/3/11 Friday

ああっ女神さまっ #10

カテゴリー:  

OVAではドラッグレースでしたがTV版ではラリーですか。でもこれってどう見てもラリーというよりオフロードレースだよなあ。なんかスペシャルステージ1個だけみたいだし・・・てかどこよ?ここ。

あっちのほうに趣味悪いの集まってたよ四輪部が出来たからには自動車部なんて要りませんよ
その勝負、お受けします(釣れた♪)

落ちる気配を微塵も感じさせないベルダンディーに青島はもう夢中。障害が大きければ大きいほど燃えるモノ。でも自動車部を解散させたからってベルダンディーがなびくわけはないでしょうに。
ベルダンディーも女神さまにしちゃー血の気が多いよなあ。そんな挑発に簡単にのるなっての。螢一も困惑気味だよ。

結局コレかよじゃんじゃん組むぞー
これが自動車部の――やれ!
なんじゃこりゃーー謝れば許してあげますよ

バブルのときはこうやって短期で資金調達ってのは定番だったけど今でも通じるのかな?それにしてもミゼットとはね。複座のミゼットは一人乗りだと超不安定だぞー。左ターンに要注意。でもそれ以前にこの車体にこのエンジンは無理な気がするんですけど・・・。

楽勝なハズなのに破壊工作に来るとは青島も小心者ですな。でもこの壊れ方はハンパじゃないなあ。どうみても叩き壊したというより分解したみたいなんですが。

ベルダンディー、どうしたんだ?キターーーー
遅れてごめんなさいだから言ったでしょ。あの娘の抜け技はワールドクラスだって

コンテナ閉じ込め作戦発動。でも鏡伝いに移動できるベルダンディーには意味ねー。沙夜子の「あの娘の抜け技はワールドクラス」ってのはワロタ。引田天功(二代目)かよ。

直って!力を・・・使いすぎてる・・・
おわあ!?ベルダンディー!?
諦める?―諦めるもんか!そうでなくっちゃ♪

螢一・ベルダンディーのペアもボロい車に悩まされてます。とは言っても走りながらの修理にてんてこまいなのはベルダンディーだけなんですが。結局力の使いすぎでベルダンディーはダウン。でも妨害車が出てくるまでダウンしたベルダンディーに気付かない螢一もなんだかなあ。結果的にはこの車のおかげで致命的な損傷を受けなかったのかもしれませんねー。

右に向かってください!ここを通れるのは三輪だけです!
フィニッシュ!うわあーー

んーー漫画やなあ。オート三輪の駆動輪は後ろだからねぇ。前だけ舗装路に乗せても意味ねーべさ。3WDってことでしたね。(Jey-cさん訂正どうもありがとうございます。)でもまあそんな突っ込みは野暮ですな。〆のお仕置きもお約束。
これもまた水戸黄門みたいな番組になってきたなあ。

深夜アニメ館 © 2005- Takashima Kiyoshi / Nuruota.com


Amazon.co.jp アソシエイト