深夜アニメ館: アニメキャプ+感想+考察その他

2005/3/5 Saturday

サムライチャンプルー #24

カテゴリー:  

やっぱりシリアス展開キタ━━(((( ;゚Д゚)))━━ !!!!!
先週、先々週と脱線してたから来るんじゃないかと思ってたけどやっぱりだよ。

アレを倒すほどの使い手ならば・・・――私が参りましょう

沙羅を倒したムゲンたち一行の前に最強の刺客が・・・。世に並ぶ者の無いと老中が認める刈屋景時が直々に一行の討伐に立ち上がります。

なんか今度の敵はメチャメチャ強そうですよ。沙羅の時は結果的に勝ったとはいえ技量的には全然太刀打ちできなかったわけで・・・ムゲン達ピーーーンチ!

この旅の前に、何をしてたのか、とかさ・・・何だアイツ? ― センチメートルだ。西洋で発見された女の感情だ。
「この印籠が目に入らぬか」とかぬかしやがるからよー―「―んなん入るか」って斬っちまったんだがな

そうとは知らないムゲン達一行。旅の終わりが近付き感傷的になったフウは、ムゲンやジンの過去について知りたがります。それぞれの今までを互いに話すことになったのですが――。

・・・てかムゲン、黄門様を斬ってたのかよ!?そりゃ公儀に追われてもしかたないだろ!!ジンも言ってるけど、よく今まで何もなかったもんだわ。

そうだよね。考えなきゃね―・・・
間違いねぇ。ココで焚き火してやがった―まあ待て、もう少しの辛抱だ。

今後について思い悩むフウ。沙羅に言われたときから考えてはいても、簡単に決められるもんじゃないわな。そしてムゲンたちの心の中もまた・・・。

しかし、追っ手は確実に近いづいて来てます。もうスグ後ろまで。

見えたー御土産買ってきて
ん?これは――「別れが辛くなるから、一人で行きます・・・また何時か。」
ハァ?じゃあね

いきつき島へ渡る船着場についた一行。フウはムゲンとジンに土産を買ってくるよう頼みます。でも、フウはそこでの別れを決意していたのでした――。

いつ稼いだのやら三人でしゃぶしゃぶ喰う程度の金は持ってたのね。豪勢やなー。まあこのあたりで別れるんじゃないかというのは充分匂わせてはいたんですが、ちょっと唐突な気がしないでもないすね。女心は微妙っす。

それにしても刈屋以外の追っ手三人はムチャクチャしますなあ。最初のはともかく白昼街中でそんなじゃんじゃん人斬ってたら絶対目立つって。

霞清蔵は幕府が最も消したい男・・・その娘のことも良く承知している――残念だが死んでもらうよ ― たいした自信じゃねーか
私を失望させるなここに父さんが――
もう少しだってのに、残念だねぇここがお前の墓場さ

そしてムゲンたちの前には刈屋が、フウの前には馬之介たち三人が現れます。ムゲンたちはともかくフウはもう絶体絶命!ここで来週に続くのかーー!?すんげー引きだなあ。

コメント »

この投稿には、まだコメントが付いていません

このコメントの RSS

コメント投稿フォーム

改行や段落は自動で挿入されます
メールアドレスはブログ上には表示されません
利用可能な HTML タグ : <blockquote> <code> <em> <i> <strike> <strong>

required

required


深夜アニメ館 © 2005- Takashima Kiyoshi / Nuruota.com


Amazon.co.jp アソシエイト