深夜アニメ館: アニメキャプ+感想+考察その他

2005/11/26 Saturday

SHUFFLE! #19

カテゴリー:  

SHUFFLE! 第19話「忘れ得ぬ想い」。
うわー、いくら演出とは言ってもやりすぎだろこりゃ。そりゃ気合入ってるのはわかるけどさ。まあ前回あたりから布石打ってあるとは言え、ここまでのどちらかと言えばほのぼのしたヌルい展開に慣れてた人にとっちゃ当に青天の霹靂。かなりショック受けた人もいるんじゃね? 確かにこりゃ15禁だわ。

今回は都合で更新遅れちゃいましたけどシャッフル関連記事へのアクセス数はうなぎのぼり。まあこの内容じゃ祭になるのも不思議じゃないっすね。

楓ってやっぱ母親死んだ時点で壊れてるんだよな。母親の死を稟のせいだと思い込んでいたときの陰湿なイジメにしても、それが実は稟が自分を思いやって吐いた嘘だとわかった後の稟に対する尽くしぶりにしても、常人の行動の範囲を超えてる。でもって贖罪の意味もこめて稟の世話をすることで辛うじて保っていた精神のバランスが、稟が目の前で亜沙の方へと傾倒して行くのを見せ付けられて一気に崩壊したと。

てかここんとこ稟の楓に対する態度描写が急速に悪化してたのはここに持ってくためだったわけね。今回に至っては以前あんなにも楓を応援してた亜沙までもがまるで楓の存在を忘れたかのように振舞ってますし。まあ演出意図は理解できるけどちょっとなー。それに(アニメほど極端じゃないけど)楓みたいに2面性をもったキャラってリアルでもいるから洒落になんないんだよな。

でも楓の心理と亜沙の容態ってやっぱリンクしてるみたい。これについちゃ事前知識の無いおいらには判断不能。次回以降の展開を待つしかありませんね。一気に緊迫感が高まったSHUFFLE!。次回以降の展開にも目が離せなくなってきました。





んー、稟に対する楓の執拗なイジメも凄いけど稟の対応もなあ。これって小学生の考えることじゃないよ。でもってその嘘を中学の時まで突き通すって並大抵じゃないでしょ。これなら楓が稟にべったりになるのもわからないではないね。

でもそうなると今の稟の行動との辻褄が合わなくなるんだよなあ。楓にイジメ抜かれたことで興味を失ったというのであれば中学の時までずっと耐えてたことと矛盾するしね。同情だけではなく相当な愛情が無ければ無理な話。でもってその思いを受け止めたからこそ楓の豹変に繋がったわけで。

それにしては今の稟はまるで「女房と畳は新しいほうがイイ!」と言わんばかりに楓をないがしろにしてるからなあ。てか食い物を粗末にするのだけは勘弁してくれ。それに1話以降ずっと楓を応援していたはずの亜沙もここにきて急に楓の存在など忘れたかのように振舞ってるし。今までの亜沙の描写からして楓に筋を通さずいきなり稟とくっつくってのはちょっと不自然だわなー。





楓の情念が燃え上がるのに呼応して亜沙の具合が・・・やっぱこれリンクしてんだよね。でも楓って普通の人間のはずだし、やっぱ隠し設定があるんかなー。このあたりはまだわからん。

でも楓と稟の間に挟まれたプリムラが可哀相だよ。ここんとこずっと板ばさみだもんなあ。少なくともシリーズ前半の稟ならこの状況を見過ごすようには思えないんだけど、それどころかあからさまに楓なんてどうでもいい的な態度だし。亜沙に会いに行く稟を見送る場面なんて、浮気相手に逢いにウキウキ急ぐ亭主をなす術も無く見送る古女房の図みたいで見てて居たたまれないよ。

でもって既にあちこちに張られてるんでカットしましたが「稟が幸せなら楓はいいの?」とプリムラに問われて振り返る楓の顔・・・ギャーーー完全に逝っちゃってますよ壊れてますよ。でもってかき混ぜてたのはカラの鍋!!

そしてついに家にやってきた亜沙に向けて噴出す楓の情念の炎!突然の毒気にあてられて倒れる亜沙!一気に修羅場の様相を展開することになったシャッフル。もうシアもネリネもどっかに飛んでっちゃいましたよ。これから一体どうなっちゃうんでしょう!?

2005/11/25 Friday

灼眼のシャナ #08

カテゴリー:  

灼眼のシャナ 第8話「麗しのゴブレット」。
ありゃりゃ?、意外とヌル?い結末になっちゃいましたねー。結局マージョリー&マルコシアス生存なばかりか今後のストーリーでは共闘することになりそうな流れに。まあここでマージョリー絡みで佐藤や田中とのイザコザに発展しても面白さはイマイチですからこんなのもアリっすかね。

それにしても何でも出来すぎだよシャナ。なんか羽まで生えてきてるしもう何でもアリだなー。フリアグネのアイテムをゲットしたことで悠二も戦力の端くれにはなってきてるようだし、これからが本番って感じなのかな。

でもって次回は恒例の水着回 ―― って、なんだか予告だとめちゃめちゃバカ展開になりそうだけど、バカは既に舞乙がやってるからなー。アレを超えるのは大変だぞw





ん?、でも欲を言えば今回の戦闘シーンにはもう少し緊迫感が欲しかったところ。まあマージョリー&マルコシアスペアの変身した熊?のキャラデザってやっぱアレだからその点どうしてもユルくなっちゃうのは仕方ないんだけどね。なんかぬいぐるみみたいなんだもんなー。ゴーストバスターズで「マシュマロマンだったら怖くないと思った―」とかいうのあったけど、やっぱキャラデザって大事だよね。プーさんみたいなのが襲ってきてもイマイチ迫力に欠ける・・・マシュマロマンと違ってそんなに巨大ってワケでもないし。

でもやっぱ一美ってシャナの引き立て役でしかないのかー。な?んか「そんなハズない!」とか思い込もうとしてるみたいだけど報われない予感。まあ次回ではそれなりにスポットあたりそうだけど、少しはいい思いができるのか? でも意外と積極的だったりするからなー。実は予想外に侮れないキャラだったりして。

ガンパレード・オーケストラ #08

ガンパレード・オーケストラ 第8話「未完成交響楽」。
なんか意外にふつーなお話。部隊もだんだんまとまって来てるし、なにより指揮系統がそこそこ機能してる。なんか違う番組みたい。ここんとこヘタレていた咲良も1話の頃に戻ってるし。でもラス前になっていきなりってのはどうなのかなー。てか前回成立しかけたっぽい咲良と小島弟のフラグは完全スルーですかそうですか。

でも今回みたいなエピソードは本来なら中盤までに済ませておくべきでしたねー。今までかなり無茶やってるワリには全然変化の見られない展開がずっと続いてたんでラス前になってこんなんやられても今更感が強いし、目玉なハズの戦闘シーンも立ちんぼ幻獣と同じく立ちんぼの味方部隊がただ撃ち合ってるだけの紙芝居。これで最終回へ期待をつなげってのはキビシイ。

まあそんな白の章も次回で終了。緑の章以降はも少しましな展開を期待したいところですけど・・・。





錬度の低い中隊をひたすら根性論で鍛えようとする咲良を「力だけでは本当の戦いには勝てません」と諭す彩華 ―― って、第4中隊って以前は相当有名な部隊だったワケ? なんだか戦史に残る作戦で大活躍した部隊っぽいんすけど。

でもそりゃいくらなんでも無茶な設定だろー。そんな部隊がこんな後方で腐ってるワケないじゃん。たとえ部隊再編で中身が変わっても勇名だけでガンダムのホワイトベースみたいに担ぎまわされるのが普通だろうに。
でもって大隊ぐるみで包囲殲滅の危機にあったのを一個中隊の突撃のみで救ったなんてありえねー。もちっとマシな設定考えて欲しいよ。ってかサンプラザポケット救援作戦なんてだっせー作戦名考えたの誰だヨ。

でもって中段の一般生徒とのやり取りのシーン。へたれな部隊でも一般の生徒たちには信頼されてるんだって事を示したかったのかもしれないけど・・・今までのエピソードと噛み合わな過ぎ。以前はどうだったかわかんないけど少なくとも最近までは実戦そのものが無かったわけだし、いざ出陣しても失敗ばかり。大切な物資補給路も破壊されて食糧供給も満足に出来てない現状でこういうのって不自然だよ。
相手は現場の困難を知らない一般人なんだからどちらかといえば心無い文句付けられる方がまだ自然な展開でしょ。まあラス前でそんなんじゃ盛り上がらないってのはわかるんだけど、こういうのは完全な蛇足。

まあとりあえず今回の任務だった住民の避難はほぼ完了。壊滅した守備隊に代わってツインブリッジの防衛任務に急ぐ中隊ですが・・・なんだか最終話もあからさまにわざとらしい展開になりそう。まあまだ原作も出来てない状態でアニメ化ってこと自体無理があったんだろうけど、こりゃあ厳しいなあ。続く緑や青の章はも少しマトモになるんでしょうかねー。

2005/11/22 Tuesday

GUN×SWORD ガンソード #21

カテゴリー:  

ガン×ソード 第21話「空に願いを 地には平和を」。
初っ端から「誰も知らないところで、少年は青年へと変わってゆく―」って・・・。茶吹いたヨw ミハエルも変わりすぎ。しっかしファサリナすげーなー、たった一発でヘタレをここまで洗脳か。そりゃあ鉤爪も感心するわな。

それにしてもやっぱファサリナは特別かー。途中まではパターン通り結構ヤバげだったけどエルドラの乱入で命拾い。それにしてもエルドラ、味方の邪魔してどうするよ。討ち漏らしたファサリナによってレイの狙撃も失敗。結果的にミハエルの打ち上げを助けることになってるし。

でもこれからどうすんだ? ダンの衛星基地も破壊されちゃったしボルケインもダンもボロボロ。それ以前に月軌道に入ったミハエルを追う手段は今のところ存在しないわけだし。
でもって次回はウェンディと鉤爪がデート? 何じゃあそりゃー!?





ファサリナはもう完全にエロ要員決定ですなー。やることなすこといちいちエロ過ぎ。でもヴァンには効かなかったけどな。なんたって童貞純潔一直線w おまいは統一教会か。

“仲間の危機を放置なんて!”とかヌルいこと言ってたミハエルも今や一端の漢に。ファサリナの指導がよっぽどスゴかったんか? この変化には流石の鉤爪も感心だ。

でもって兄さんはやっぱ遠くから狙撃かヨ。エルドラの邪魔が入らなければ完璧だったのになー。結局ボルケインもダンも大破して、鉤爪に対抗する戦力としては役立たずになっちゃってるし。まあボルケインは今までも何度も修理を繰り返してるはずなんで良いとしてもダンはなあ。もう衛星基地のサポートもなくなっちゃったわけだし修理なんてできんのか? なんか先行き不安だなー。

でもって先行きといえば次回はウェンディと鉤爪がデート!? 実はあのオッサン、ロリコンだったのか? でもなんか鉤爪の後ろには別のヨロイも見えてるし、またまたアサッテの方に話が飛ぶ予感も。残り5話をどうまとめる? 先が全然読めませんよ。

深夜アニメ館 © 2005- Takashima Kiyoshi / Nuruota.com


Amazon.co.jp アソシエイト