深夜アニメ館: アニメキャプ+感想+考察その他

2005/10/26 Wednesday

ガンパレード・オーケストラ #04

ガンパレード・オーケストラ 第4話「特別な一日」。
白の章も中盤に差し掛かり、もうそろそろ変化が欲しいところですが、咲良はまだ前回の失敗を引きずってるみたいですね?。まあ仕方ないといえば仕方ない話ですけどね。今回のポイントは今まではぐれ者だった小島弟が咲良のサポート役のポジションに収まる予兆が示されるところだと思うんですけど、今ひとつ小島弟のキャラが立ってないのが残念なところ。

DVDの表紙にもなってる公式トップ絵キャラクター紹介での立ち位置などを見ても本来小島弟は咲良に継ぐ主役級のキャラなはずなんですが、今までほとんど掘り下げられることなく放置されてますからねー。実際あのDQNペアの方が数段存在感があるわけで、ここらで梃入れしないと最後までなんだかよくわからないキャラに終わってしまいそうです。

折り返し地点となる次回は白兵戦みたいですから、それを契機に中隊引き締めに向かうのは間違いなさそう。半ば背景化した他のキャラたちももすこし前面に出てきて欲しいところですね。でも引き締め以前に深刻な犠牲が出そうな気もするんだよなー。





今回ちょっと意外だったのはへたれ中隊の中にもそれなりに戦時下らしい緊張感が見られたところですかねー。まあ例のDQNペアや化粧、ゲームオタクはいつも通りなんですがね。

彩華は前中隊長の墓参り。やはり前任者はお亡くなりですか。まあこんなゆるいところから前線に送られたんじゃひとたまりもないからなー。でも今年もってことは既に死亡から1年以上経ってるってことですよね。その間中隊長不在のまま放置されてたんでしょうか。

結局クリスマスらしい過ごし方をしてるのは尚也と真央のカップルだけ?でも最初バカップルに見えたこの二人って結構状況シビアに見てるんですよね。でもって尚也は小島弟なんて目じゃない活躍ぶりだし。これで中隊最年少だってのが嘘みたい。でもなー、こういう活躍のし方って一歩間違えると死亡フラグになりかねないんだよなー。

でもって冒頭からずっと過ぎたことをぐじぐじ悩んでるのが咲良なわけで。まあ今回小島弟がフォローに入ったのはたまたまですが、この流れから行くと、やはり咲良をフォローする役目が待ってそうですね。
でも残念なことに小島弟、ここまで殆んど活躍してませんからねー。キャラ的には半ば空気化してたってのが現状なわけで、ここでポッと出てこられてもアンタ誰?てな印象もぬぐえません。準主役級として活躍するなら中盤までにはしっかりと目立ちたいところ。

次回、作戦から外された第4中隊は幻獣との白兵戦に巻き込まれる展開のようですね。次回は白の章全9話のちょうど中間点。物語のターニングポイントとしてはいい頃合です。ここまでの流れを変えることができるか? 注目です。

2005/10/25 Tuesday

GUN×SWORD ガンソード #17

カテゴリー:  

ガン×ソード 第17話「座標Xを追え」。
わーははは、真夜中にこんなんやんなよなー。サブタイなんてどこ吹く風。女だらけの大運動会ですか!? まあ恒例の水着回だってのはわかってたけど、あまりの内容にお茶吹いたよ。え?すおぉえ?す♪
それにしても自主規制入りすぎ。

まあでも最初の頃ってこうだったんだよなー。エルドラVも復活したことだしギャグ路線復活か? レイも合流するのかと思ってたけど結局ヴァンのストーキング続けてんのね。でも今回一番おいしい役回りさらってんのコイツなんだよなー。本人は気付いてないっぽいけどね。





それにしてもプリシラ、ホバーベース持参って・・・女の細腕で子供たち養ってたんじゃないのかよ? 何気に連中じゃ一番の資産家のような気がするなあ。
維持費だって大変そうなんだけどどうしてんの?

でもってユキコって、こんな性格だったんかい? うろ覚えだけど思ってたよりノリ良いなー。飲んだくれのじいさんたちは全然変わらんけど。ジョシュアとレイはパッと見は違ってもやっぱ兄弟やね。天然だわ。

こんな回でもファサリナ姐さんはクールでイカス。水着の趣味にケチつけられて「ハァ?」ってのがまたいい感じ。で、ケチつけてた水着女王・・・こいつアホや。てかこの趣味ならダンナに文句付けられても仕方ないわなー。でもこれはこれで良いコンビなんかも知れんが。

てなわけでハッピーエンド。終りだよ。つーわけで次回は・・・またプリシラ水着? でも今度は鉤爪に合流したミハエルの話みたい。バカ話の後はシリアス展開に戻るんかなー。

2005/10/23 Sunday

D.C.S.S.?ダ・カーポ セカンドシーズン? #17

カテゴリー:  

D.C.S.S.?ダ・カーポ セカンドシーズン? 第17話「音夢と純一」。
「特別なことをしてるわけじゃないのよ。・・・長い間一緒に暮らしてきたから、自然に体が動いちゃうの」だってさ。時間の積み重ねを前面に出されると音夢にはとても対抗できないよなあ、アイシア。

てなわけで純一争奪戦に参戦したもののいきなり挫けそうになるアイシアですが、次回はさくらが帰ってくる!? 純一を巡る相関図は更なる混迷へと向かいそうです。





自意識が強すぎて空気読めずひたすら空回りするアイシアが・・・。まあアイシアらしいといえばらしいんですけどね。でもアイシアが買ってきたエロ本何事もなかったのようにゴミ箱に放り込む音夢も・・・らしいわな。

てかアイシア、一人で突っ走ってるけど音夢の眼中には入ってないっぽいのが(´・ω・)カワイソス。 ことりがちょろっと本音漏らしたときにだって空気凍りついてたけど、アイシアだと純一の腕をとって歩いてもスルーですよ。まあ今のアイシアじゃあライバル認定されるまでには至らないか。

でもどうやら次回には前シーズンで音夢とドロドロの愛憎劇を繰り広げたさくらが帰って来るみたい。桜の魔法が解けたさくらはそれなりに成長してるっぽいですし、さてさてどんなことになるのやら。

2005/10/22 Saturday

舞-乙HiME #03

カテゴリー:  

舞-乙HiME 第3話「はじめてのケ・イ・ケ・ン」。
いやー、この作品って見る前は所詮イロモノと半ば馬鹿にしてたんですけど、これは見方を改めなきゃいけませんねー。この作りはかなり王道的ですよ。

まあ意地悪な言い方をすれば古典的なウケるパターンを踏襲してるだけともいえるわけですが、活き活きとしたキャラの動きや細部までキッチリ作りこまれたストーリー展開をみても、安易にパターンをなぞってるだけの作品とはレベルが違うことは明白です。スバラシイ。





しっかしホントにマシロのキャラは激変してますねぇ。前作のマシロならこんなベタなナギの煽りに乗せられるなんて考えられませんからね。流石に後では気づいてたみたいですけど、メンツにこだわって撤回できないところなんて可愛すぎる。

アリカはなにやら注入されてましたけど、オトメって実は改造人間だったのね。まあそうでもなければニナやシズルみたいな超人的な動きはムリってことで。かな?りアバウトですけどそれなりの説明にはなってます。でもって改造前からニナに比肩する能力を持ったアリカの特異性が浮き彫りになってくるわけですね。

ニナは義父のアルバムで見た宝玉を持っていたアリカと闘う事に戸惑いを感じている様子。ナツキもセルゲイもアリカの確実な確保へ向けて次の手を模索しているようです。でも祝賀ムードに浮かれているヴィントブルームで策略を巡らせてるのは彼らだけではないようで――





不慣れなローブで勝手がわからないながらもニナと互角に渡り合うアリカ。ニナが放つ必殺の一撃も難なく受け止め周囲を驚かせます。ですが戦いが行われていたのは舞闘場だけではなかったわけで・・・謎の戦士が放った一撃に崩れ落ちる城壁が舞闘場へと雪崩れ込む!!あぶねーーー!

てなわけでこの時点で舞闘はお流れになり、この危機から来客を救った功績でアリカもニナもガルデローベに残ることになるってな流れは確定的なわけですが、ちょっと間違えばご都合主義モロ出しのこの展開も冒頭からの伏線の積み重ねで全く違和感を感じさせません。てか毎回テンポ良く一気にラストまで突っ走りますねぇ。

でもって今回の舞闘で善戦したアリカだからこそガルデローベにも受け入れられるわけですよね。生徒たちの反応を通してそういった雰囲気の変化を表現してるところも周到です。いくら学園長の肝いりとは言え、どこの馬の骨ともわからないポッと出の田舎娘がいきなりエリート校へ入学してスンナリ受け入れられるはずがないですからね。

てなわけで次回はガルデローベのオトメ学園内部にスポットが向きます。なんか風呂シーンが出てるけど、それもまたお約束?

深夜アニメ館 © 2005- Takashima Kiyoshi / Nuruota.com


Amazon.co.jp アソシエイト