深夜アニメ館: アニメキャプ+感想+考察その他

2005/8/26 Friday

ハチミツとクローバー #19

カテゴリー:  

ハチミツとクローバー 第19話「止まった時間が動き出す」。
森田が帰ってきたことで、はぐや竹本の生活にも活気が戻ってきました。
そして野宮の出現によって、長い間膠着状態だった真山とあゆとの関係にも転機が・・・。

失意に沈むあゆは再び日の目を見ることになるのか?そして竹本は自分のポジションを見つけることができるのか?




気持ちはわからんでもないけど、やっぱ真山はあゆに干渉し過ぎだわなー。単に心配だからというだけじゃないでしょこれは。でもだからといって、自分が引き受けるつもりもさらさら無いのにあゆを縛るような態度に出るのは考えモノだわな。野宮が“もっと本気出してくれれば”なんてのは下手な言い訳。野宮がどんなつもりであゆに接してるかなんて真山にわかるわきゃーないんだから。




でもって竹本は竹本で複雑な心境だわな。根が素直だから場の雰囲気で和んだりしてるけど、根本的なコンプレックスの解消にはなってないんだよね。卒制の塔にも現われてるけど。このあたりをどう解消できるかがこれからの課題になってくるでしょうね。でも森田の存在ってでかいよなー。この壁を乗り越えるのは大変だ。





またもや森田リサイタル。パンジー失敗?えらい体張ってるなー。
(って実はフィクションだったんかヨ!?)

でもってあゆは野宮に走る!?これってあからさまに真山への当て付けだよなー。野宮はどうする?





「山田さんはさー、こうやってゴネたりスネたりしながら、あっちがダメになるのを待ってるワケ?」「バレちゃってる片思いって、不毛だけどラクだもんね。罪悪感で相手は優しいし、もうこれ以上酷いことは起きないし。新しく傷つくことも無い。」

んー、これはなかなか言えないよなー。
わかっていながら目を背けつづけてきた自分の中のいやらしい部分をズバズバ抉り出されてるわけで、あゆにとっては耳が痛すぎ。でもそこから目を背け続けて、ある意味心地よい今のヌルい状況に浸りつづけていても無駄に時間が過ぎるだけ。あゆもいつかはそこから脱しないといけないわけで、そのためには誰かからビシッと痛いところを突かれることも必要、と。

でもこういうことは少なくとも一時的には相手を傷つけることは間違いないし、その好意が受け入れられるとも限らない。相手が逆切れして拒否されることだって多分にありえるわけで、それを押してこういう諭し方に出るところが、野宮がただのナンパ男とは違うってところなんでしょうね。





んーまあこのあたり、気障っていやあ気障なんですけどねー、でもやっぱ野宮上手いっすよね。これってやっぱ女性作家ならではなのかなー。

実際この時点で既にホテルに連れ込んでるわけなんだけど、“なぜここなのか”という話から始めてすんごく自然な流れであゆとの会話に持ち込んでますよね。しかも真山のように「あーしなさい、こーしなさい、あれはダメ、これはダメ」なんて指図は全くなし。純粋にあゆの気持ちを引き出すことに専念してる。まあ真山と違ってそれなりに年の功があるとはいえメチャメチャ巧みですわな。特に車の中でグラグラ揺さぶられた後でこんな風に優しげな対応されたら経験の少ないあゆなんてイチコロでしょー。

しかも特に狙ってやってる風にも見えないところがいけすかねーんだよなー、野宮って。



でもコレ、あゆはタマランわな。こっぱずかしー。てか元々飲めないのにムリし過ぎなんだわ。あの流れじゃ仕方ないけどね。でも相手が野宮でよかったなーあゆ。下手な奴だったら絶対ヤラレてたぞ。

でも親父への言い訳は大変だぞー。真山なんていきなり怒突かれてたしな。

2005/8/25 Thursday

フルメタル・パニック!The Second Raid #07

カテゴリー:  

フルメタル・パニック!TSR 第7話「とりのこされて」。
すんげー!!お話自体は全然進んでない(てか作中でも24時間以内の話)のにこの緊迫感。特に後半のホラーチックな雰囲気は流石です。前日のちょっとイイ雰囲気からいきなり恐怖のどん底に突き落とされるかなめの心理描写が強烈です。

でもやっぱ情報部は本気でかなめを護衛する気なんてさらさら無いようですね。てかこれって内部分裂の予兆なんじゃ?そして双子姉妹もミスリル側に付くわけではなさそう。まあ今までの流れからしてそれは考え難いですから当然といえば当然ですが。

一人取り残されたかなめの行く末は?そしてかなめから引き離された宗介は?サァサァ盛り上がってまいりました!・・・ってところで2週間のお休みかヨ!?こりゃまたすんげー引きだなー。





んー、宗介にしては目一杯の抗議のつもりなんだろうけどアッサリ返されちゃいましたね。まあ実際のところずっとかなめに張り付いてられるワケじゃないんだから宗介に完全な護衛役はそもそも不可能なわけで、しかも環境への不適応からかなめを無用な危険に晒しているとまで指摘されちゃー宗介もぐうの音も出んわな。当にその通りなわけだし。

そんなことになっているとは露知らず昨夜の余韻に浸っているかなめがなんとも(´・ω・)カワイソス。 まさかあんなに真剣に自分を守ると約束してくれた宗介が何の音沙汰も無くいきなり姿を消すとは全く思いも寄らないよなあ。





いきなり姿を消さざるを得ないことには宗介も納得いかないわけだけど、かなめに何の連絡もないってのはやっぱ不自然だよなあ。宗介に対しての接触禁止命令も不自然といえば不自然。通常なら引継ぎの件も含めてミスリルから何らかの連絡がかなめにあって然るべきでしょう。
ここにも情報部と作戦部との不和の影響が出てきてるのか?それとも何か裏があるのか?この先語られることになるんでしょうか。

もちろんこの時点ではかなめがそれを知る由もなく、思いは試験明けのカラオケパーティなんかに行っちゃってるわけだけど――





なんか怖い人キタ━━(((( ;゚Д゚)))━━ !!!!!
普通に歩いてるだけで怖いんですけどこの人。すれ違いざまにチラリと目線を送るだけで相手を(((( ;゜Д゜)))ガクガクブルブルさせるなんて只者じゃないっすよ。そんなに殺気が凄いのか?それともかなめがウィスパードだからなのか?

この2人がすれ違うたった数カットで前後の雰囲気がガラリと豹変するところがすんげー。これは当に演出の魔力ですなー。





いきなりホラー番組に変貌ですよ。恭子が知らないだけでかなめは実際危険な目に遭ってるわけですからね。しかも今までずっと側に付き添っていた宗介には全然連絡も付かないわけですから心細さもひとしお。単なるポスティングの音にもビクつくのもムリもないっすよ。

しかもこんなときに限って正体不明の無言電話が!!宗介は一体何処ー!!




でもかなめ、ここで宗介の通信機に気が付くのはいいセンスだなー。でもそのために、最悪のタイミングで、自分が孤立無援の状況に追いやられていることに気づかされてしまうわけだが。
でもこりゃータマランわなー。工エエェ(´д`)ェエエ工どころの騒ぎじゃないっしょ。

てなところでナント2週間のお休みですよ。なんちゅーところで切りますか。予告ではなんか例の黒いM9と宗介がバトルしてるし、かなめはどうなったの?あまりに強烈な引きで終わった今回、先が待ち遠しくて辛抱たまりません!

2005/8/24 Wednesday

かみちゅ! #07

カテゴリー:  

かみちゅ!第7話「太陽の恋人たち」。
今は寂れて見向きもされなくなった海水浴場。でもそこは地域の人々の思い出がたくさん詰まった場所。そしてこの日、ゆりえの神通力で懐かしい思い出がよみがえるのでした。

てなわけで今回は夏の定番、海水浴ネタですね。でもこの水着のデザインはなんだかなあ。設定によるとゆりえ達っておいらとほぼ同世代なはずなんだけど、あの頃の水着ってこんなにダサかったっけ?いくらなんでも祀の縞々はねーだろー。





なんか光恵や祀がやたら肉感的に描かれてんですけど!!Σ(゚Д゚;)
てか筋見えてるスジ!でもゆりえだけは幼児体形やねぇ。でもあのころってゆりえみたいなのが多かったよなー。女子の体型が全体的にグラマラスになってくるのはもう少し後だったと思う。

でも父ちゃん母ちゃん相変わらず仲良いなー。ゆりえのおっとり型の性格もこの家庭環境ならでは。あー、でも以前はよく日焼けしたなー。最近は焼けるといってもシャツから出た分だけの土方焼けだもんなー。そうこうしてるうちにも夏は過ぎ行く。(´・ω・`)ショボーン

ゆりえ、日焼けでうだってるところに猪鹿蝶。神様協会の歓迎会?





なかなか派手な衣装だなー。でもなんか妙に神様っぽいぞ。神様協会の会長って算盤の神様かよ。変なカッコ。それに神様の宴会とか言ってるけどなんかやたら俗っぽいよなあ。

でもってここで会ったのが昼間の打ち捨てられた海の家の神様たち。以前来ていた仲良しカップルの行く末が気になるという神様たちの言葉に答えてゆりえは――





天空に現われた映像を見て浜に引き寄せられる人々。最初にたどり着いたのはゆりえの両親!?ゆりえが両親に見せる在りし日の浜の景色。そこでの両親の姿は、あの写真のカップルそのものでした。そして集まってきた多くの人々もまた、過ぎ去った日々の思い出を楽しんだのです。・・・てか光恵、会長に体乗っ取られて全員にキスしまくったんかい。orz

・・・ってなわけで1週あけての放映でしたが、かみちゅ!らしいほのぼのしたお話でしたね。妙にシリアスになったりせず力抜いて観れるのが本作の特徴ですな。なーんか深夜枠にしとくの勿体無いような気もしましたが、よく考えるとこういう風景にノスタルジーを感じるのはそれなりの年齢層なわけで、やはりメインターゲットは30代以上なのかなーとも思ったりしたのでした。

2005/8/23 Tuesday

GUN×SWORD ガンソード #08

カテゴリー:  

ガン×ソード 第8話「その絆に用がある」。

足手まといがまた一人追加。まあ今回はジョシュア絡みでレイのキャラを掘り下げる回だったわけですが、未だ物語の方向性が見えないことと相まって今ひとつな感じは否めません。飯屋のおねーさんはいい感じでしたけどね。

レイとヴァンは性格は違えど結局同じ方向を向いているわけで、この2人だけではお話も進みようがない。やはり対立する鉤爪一味がどういう存在なのか、おおまかにでも掴めないと話が締まりませんね。2クールとしても既にほぼ1/3が経過してるわけですから、今の段階で相手について何もわからないってのはちょーっと引っ張りすぎでしょう。





いやーどじっ子って女の子キャラだとそれなりに可愛げがあるんですけど野郎じゃ傍迷惑でしかないですなー。てか野郎キャラ(゚?゚)イラネ
まあでもジョシュアがヴァン達に加わるのは確実ですな。コイツのメカ知識とかが役に立つ場面も出てくるんかなー。そうでもなければマジで意味ねー。

そいでもってレイとヴァンは飯屋で悪巧みの真っ最中。何気にヴァンがお姉さんに話し掛けただけで銃に手を回すレイワロタ。てか常連とか言ってるしこのお姉さんに気でもあるんか?(あー、死んだ嫁さんにそっくりだったのね。)
でもジョシュアやウェンディにとっては2人が共闘するなんて考えもつかないからなー。いきなりヴァンがよろい出してきたらそりゃ勘違いするよな。





ウェンディ&ジョシュア、やっぱ足手まといだー。今回はなんとか切り抜けたけど毎回これだといくらヴァンでもタマランわな。ジョシュアは自分の分析が役に立ったと思っていそうだけど、こいつらが邪魔しなかったら最初の一撃で終わってたよな。

ここでレイが裏切るのはまあお約束だけど、こいつも流石に弟の前ではムチャはできないか。まあここでムリにヴァンから資料奪わなくても後を付けさえすれば目的は達せるからな。なんせヴァン一行には隠密行動なんて出来はしないんだから。
てなわけでレイは退散。ジョシュアもヴァン達に加わることに。でもヴァンに取っちゃイイ迷惑だわな。ウェンディ一人だけでも大変だっつーのに。

深夜アニメ館 © 2005- Takashima Kiyoshi / Nuruota.com


Amazon.co.jp アソシエイト