深夜アニメ館: アニメキャプ+感想+考察その他

2005/1/27 Thursday

ジンキ・エクステンド #4

カテゴリー:  

原作読んだー。無印とエクステンド1巻づつだけど。
並行して挿入されてたエピソードの方がJINKI:EXTENDなのね。で、それだけじゃわからんから最初から筋を追ってると。でもこの構成はかえってわかりにくいんじゃないかなぁ。1話のOPはクライマックスに繋がるんだろうと考えられるからいいんだけど、細切れにエピソードを挿入しても何がなにやらで。本筋に合流した頃には最初に出てきた部分は忘れてんじゃないだろか。
まあ“無料放送だけじゃなく、DVD買ってじっくり見てね”ってことなのかもしれないけどさ。

も、もうだめ・・・おこちゃまメニューでも作ってもらえYO!
負けるもんか!あたし、がんばりますっ!体力だって何とか・・・

操主に必要な体力を身に付けるために基礎訓練に励む青葉(+ルイ)。でもたった500mすら満足に走れません。息も乱さず併走するルイとの体力差は歴然です。両兵にも「お子様用メニューを作ってもらえ」などとからかわれ発奮するものの、気合だけではどうにもなりません。現太の視線も心なしか冷ややかです。

500mも走れないってのは確かに体力ないなぁ。実際それじゃ戦闘用巨大ロボットのパイロットなんて勤まらんでしょう。とはいっても体力なんてモノは一朝一夕に身に付くもんじゃないですからね。そういうことから一時代前のスポ根モノでは成長までの努力の過程が重視されていたわけです。でも近年は主人公が特別な才能でイキナリ活躍するタイプが好まれているようで、時代の移り変わりを感じさせますね。

普通のメニューこなすも?ん( ´_ゝ`)フーン いぃーぃだ
あ、足が!?はぁ、だめだなぁ・・・。え、なに?これ・・・
いちおうモリビトのつもりなんだけどね鍵?

通常メニューで頑張る!と意気込む青葉とハナっからムリだと決め込むルイ。周囲の人たちも応援してはくれますが、結局無理が祟って足を挫く事に。ルイとの決定的な差を見せ付けられてさすがの青葉も落ち込みます。そんな青葉の元に川本が、モリビトのフィギュアと鍵を持ってきます。

まー確かに今までなにもしてこなかった青葉がいきなりマッチョになろうってのには無理がありますね。筋トレの成果もイキナリは出てきません。あまり無理すると体を壊すのがオチ。突然思い立って無理なジョギングをしたために、心肺トラブルで死んでしまう人だっているんですから。
でもさり気に応援してくれる仲間がいるってのはいいですね。

これは・・・モリビトのシミュレータ?特訓特訓!
走る走る!前はここまでは走れなかったのに・・・体力付いてる!

渡された鍵をもって器具庫に行くと、そこには青葉専用のトレーニングマシン(兼モリビトシミュレータ)が―。操作がまずいと隣のマシンで走らされます。ゲーム感覚でトレーニングをこなしているうちに、自然と体力も付いてきました。さりげない仲間の気遣いが実を結んだのです。

それにしても個人専用にしてはすんげー設備だなー。予算が無いって言ってたのはどーなっとんじゃ?(笑)手間もすんげーかかってそーだ。

脚部整備、終わりましたーそんなに磨いてどうすんだ?
だって好きなんだもん。ちゅるーっと光るのが。うん、ちゅるーっと!

そんなこんなで青葉もすっかり現場に馴染んできました。整備も今や一人前にこなします。アンヘルの仲間もモリビトも、青葉は大好きです。

湯気―――人機は戦うための道具じゃない。守ってくれる仲間よ!
でも感じたでしょ。人機と一体化する感覚を・・・。そしてアンタはときめいた。そ、そんな・・・

そんな青葉も実の母親だけは苦手。「燃えるでしょ?戦うための道具に乗るなんて―。」そう問い掛ける静花に反発する青葉。「好きだから、人殺しの道具になんかしない―――!」そう激昂する若葉を見送りながらも、静花は一人ほくそ笑むのでした。

私たちと一緒に戦って欲しいのそんなこと、できません。人を傷つけるくらいなら自分が死んだほうがマシです。
いっちゃう。どうしましょう・・・

エクステンドパート。
南たちは赤緒に協力を要請しますが、赤緒は首を縦に振りません。どんな相手であっても、戦って傷つけるようなことは出来ない・・・と。

やっぱアニメ版の展開は厳しいですね・・・。原作とは直前の構成を変えてあるんでストーリーがスムーズに進みません。まあでもこのパターンだとちょっと迂回するだけでイケそうです。アニメのシナリオもその筋で行くんでしょう。やっぱ○○○シーンとかはアニメじゃマズイですからね。

スターシップ・オペレーターズ #4

アマテラス乗員の家族を使った懐柔作戦に失敗した王国は、最新鋭のステルス艦による直接攻撃に戦術を転換。ファレス提督率いる潜行艦アブキールはその姿を隠したままアマテラスへ迫ります。それでなくても索敵にトラブルを抱えているアマテラスにとって残された手立ては、生きている光学系観測装置と人の目を使った人海戦術のみです。アマテラスは見えない敵に勝てるのでしょうか―――。

いずれ数日で王国はアマテラスを撃破する後に星でもなければ真っ黒で全然見えないぞ
気合で探すのよ暗くて見えないなら、明かりを灯せばいい

まー「気合で探すのよ」ってのはへたれ艦長じゃなくても呆れるわな。人海戦術っつったって・・・人少なっ!
でもこれで何とかなるのがスターシップクオリティ。(笑)
でも照明に使えるのが超高価な魚雷だけってのがなんだかなー。まー積載量の関係で万能に使えて威力がでかい奴しか載せられないってのは理解できるけど。派手な演出を狙ったプロデューサーにとっては嬉しいアイデアだったかもね。金額が気にならないくらいに。

見えた!撃破!
真面目に考えるから、答えはしばらく待ってくれ今のところはシナリオ通りだけど―

努力と根性と照明の効果あって撃破に成功ってのはお約束。実際ステルスは見つからないところがキモで、見つかってしまえばその利点は失われるわけですから。加えて自分が発見されたことにも気付かず直線的に接近してればいい的ですわ。ただ今回の一件で中立地帯のフェニキア星系からは追い出されることに。
とりあえずサンリの告白はタカイに届いた模様。キスカとリオはまたヒミツのお話。でもこのあたりの描写ってのはあんまし度々やるとくどくなってくるんだよねー。

何をしているのでしょう?どこに送っているのやら

航宙管制の里見レンナもなにやら怪しげな動きをしていてなんだか伏線多すぎなんですけど、上手くまとめられるんでしょうか。

2005/1/26 Wednesday

巌窟王 #15

カテゴリー:  

裏切り者達の幸せな時間は終わり、真実が顔を覗かせます。伯爵の復讐のヴェールが剥がされる時が来ました!

いやー、今季最高!目が離せません。ここまでじっくり仕込んできた伯爵の罠が犠牲者に一気に襲い掛かります!

急に呼び出したりして、ごめんなさいフランツ、私―
わかってる。君だって被害者だ。いいか、この先なにが起ころうとも、自分を見失うなみんな、いなくなっちゃった・・・

父親による突然の婚約解消以来ずっとアルベールを探しつづけていたユージェニーは最後の頼みの綱だったフランツに会うことが出来ましたが、残念ながらフランツもアルベールの行き先は知りません。フランツは「決して自分自身を見失うな」との言葉をユージェニーに残し、伯爵の秘密を探るため旅立ちます。行き先はノワルティエの居るマルセイユ。前回内務省のデータベースでも調べることが出来なかった“巌窟王”についての情報を得るのが目的です。

原作ではたいして存在感の無いフランツですが、本作では一人伯爵の陰謀を暴こうと立ち回ります。アホベールもフランツの半分くらい賢ければ手玉に取られることも無かったんでしょうけどね。――でもそれじゃあお話にならないか。

マルセイユに着いたフランツはマクシミリアンの隠れ家を訪れる教えてください、ノワルティエさん。巌窟王とはなんなのか。
これで記憶にアクセスできる?発動した!?

マルセイユにあるマクシミリアンの隠れ家に到着したフランツは、身を寄せているノワルティエに巌窟王についての情報を求めます。彼のメモリーにアクセスするペン型デバイスを受け取ったフランツは、国家機密のヴェールに阻まれた巌窟王の秘密に迫ります。

いきなりすっぽ抜けたノワルティエ老人の左腕ワロタ。ペンの自動書記とか凝り過ぎ(笑) でもこの作品ってホント演出が無茶苦茶派手だわね。

ここから見ると、自分の悩みなんかホンの些細なことのように思えますね古い友人にマルセイユ出身の船乗りが居ましてね―
彼の美しい婚約者を愛してしまった彼の親友は、こともあろうに彼に無実の罪をなすりつけたのです人の心など信じられない、そう思うことが一番悲しいことに思えて―
伯爵!僕らの友情だけは、例外であると信じましょう!パリから連絡が入ってます―

ユージェニーとの婚約が破談しフランツとの友情すら信じられなくなってしまったアルベールは、伯爵と共に深宇宙の旅に出ていました。彼の打ちのめされた心も伯爵と共に旅することでいくらか癒されるのでした。伯爵はアルベールに、マルセイユ出身の船乗りが、親友に裏切られ無実の罪で投獄された話を聞かせます。奇跡的にマルセイユに生還した彼を待つものはなく、かつての婚約者は件の友人と結婚することになっていたと。
人の心のうつろいについて語る伯爵に、アルベールは自分達の友情だけは例外だと信じたいと訴えるのですが―――。

なぜ急に旅に連れ出されたのか、全く気が回らないアホベールは今回もアホ丸出し。

モルセール将軍万歳!エデ、登場
遅ればせながら応援に参りました演台に立つエデ

ちょうどその頃パリの議事堂では、アルベールの父フェルナン・モルセール将軍の大統領選出馬演説会が行われていました。その会場にエデが現れ将軍の応援演説をしたいと申し出ます。そして壇上にのぼったエデは、今までずっとモルセール将軍にお会いする機会を待っていたというのです。

10年前、ジャニナノの地でお会いしていますこれは出馬を妨害する陰謀だ!
証拠をお見せしましょう全てはこの首の刻印に刻まれています!

フェルナンに以前どこかで会ったか?と聞かれたエデは語り始めます。10年前故郷ジャニナの地で総督の子として会っていること。そしてフェルナンの裏切りにより国を奪われたこと。父がどのように殺され、母子共に奴隷として商人に売り渡された自分達がどういう目に会ったのか―――。会場は思わぬスキャンダルに騒然となります。

エデの告発シーン、もっと派手でも良かった気もする。でもこの程度の告発でうろたえるフェルナンの小物っぷりもステキ。来週以降ボーシャンとかに書きたてられるんだろうなぁ。
でもこのシーンの後で、フェルナンの大統領選に致命的なダメージを与えたエデが自らの行為を悔いるところはなかなか新鮮でしたね。やさしく慰めるアリもGJ。ホンマええ娘や。

伯爵・・・何か、あったんですか?あなたはついに、全てを知ることになる
お別れになるって・・・何故ですか?伯爵ーーーっ!

パリからの知らせを受けた伯爵は、アルベールに帰郷を促します。そして伯爵は告げます。「あなたはついに、全てを知ることになる」と。そしてこれが今生の別れになるやもしれぬ・・・と。アルベールはスパダ号に乗せられ地球へ送り返されます。そこで何が自分を待つのか、全く知らされないままに―――。

わけわからず宇宙船に乗せられ送り返されるアルベールが不憫。そして真実を知ったアルベールがどのような行動に出るのか。ユージェニーをはじめキャラ付けが原作とも違ってきているので楽しみです。

・・・うっうっうっ―
・・・クックックックッ―
ガアッハッハッハッハッ!戻るぞ!悪徳の栄える、都へ!

アルベールを送り出した伯爵は独り物思いに沈みます。椅子に深く沈みこみ頭を抱え嗚咽を漏らす伯爵をベルッチオも神妙に見守ります。ところがしばらくすると、伯爵の嗚咽は不気味な含み笑いに、そして高笑いに変わるのです。そして立ち上がった伯爵は叫びます。
「戻るぞ!悪徳の栄える、都へ!」

イキナリ豹変する伯爵がステキ♪ ベルッチオもびっくり(笑) 来週から復讐鬼モード全開か?

2005/1/24 Monday

まほらば #3

カテゴリー:  

子守り?歓迎会?。
6才の幼児に退行してしまった梢(魚子:ななこ)ちゃんを押し付けられた白鳥君。自分の用事がちっともこなせません。でもみょーに懐いてくる魚子ちゃんに「大好き」とか言われると、まんざら悪い気もしないのでした。(まあネコとかと同格だがな。) みんなに歓迎されて、白鳥君も立派に鳴滝荘の一員になりましたとさ。

どうやら白鳥君に興味津々みたいね―うわわ?ぃ、大家さーん!?
鳴滝荘がみなさんの大切な場所になるように、精一杯頑張ります―なーんだよアタシじゃ悪いのか?

やーっと2日目終了ですよ。歓迎会も終わって、これから物語りの始まりですかねー。でもクルクルとかツヤツヤって・・・。まーみんなに歓迎されるってのは平和でいーんだけど、これからどうやってお話を転がしていくかには興味ありますねー。多重人格だけではお話を動かしていく原動力としてはちょっと弱いんで、今の所これからどういう展開になるのかは全く予想がつきません。まー原作読めば良いんだけれどねー。

深夜アニメ館 © 2005- Takashima Kiyoshi / Nuruota.com


Amazon.co.jp アソシエイト