深夜アニメ館: アニメキャプ+感想+考察その他

2006/9/4 Monday

ゼロの使い魔 第10話「姫君の依頼」

カテゴリー:  

うわー、なんちゅーわっかり易い悪役キャラや。ここまであからさまなのもすげーな。てかフーケも居るし隠す気なんかさらさらねーって感じ。まあもう終盤なんで引っ張る意味もないんだけどね。

でもワルドってそれなりに大物のはずなんだけど、このどうしようもない小物っぽさってなんなんでしょね。本来なら才人なんて煙に巻きゃいいだけの話でしょ。わざわざ敵意抱かさせてどうすんだっちゅーの。最初から全力で潰すんならともかく中途半端に威嚇してもかえって警戒されるだけ。なんなら懐柔するくらいが虚を突くには好都合だろうに。

シャナもそうだったけど相手が小物すぎて巨悪の陰謀に立ち向かうっちゅー緊迫感が出て来ないのはかなりマイナスだよなー。てか原作ラノベもこんなもんなの?てかそんなのどうでも良いだろおまいらルイズのツンデレぶりにでも萌えてろっちゅー製作側のメッセージなのかもね。





でもワルドの登場まではなかなかいい流れ。才人の力のネタバレもこんなもんでしょね。でもあのフラスコの液体は今後の伏線かなー。なんか才人には心当たりがあるような感じだけど。でもあと3話で回収できるの?





ルイズがクドクド言い訳してるのに気が回らない才人はいかにもこーゆーお話の主人公って感じだな。それにしてもワルド、単刀直入にも程があるだろ。いきなり手合わせってなんだよ。実力見るだけなら他にも方法があろうに。てか思いっきし格下の相手を何マジで挑発してんだか。





てかフーケいるよフーケ。つーか前回終盤どころか7話の時点でワルド出てきてるからなあ。意外性もへったくれもねーよな。とか思ってたらフーケと2ショットですかい。いくらなんでもわかり易すぎだろ。コレくらいじゃないとラノベの読者層って付いて来れないのかなー。んなワケねーよなー。

てなわけで次回には早速ワルドの本性が明らかになりそうな流れ。でもってルイズと才人はまんまと離間の計にハマってる?まあそりゃいーんだけどラストに近い割りにはクライマックスの気配が薄いなー。一体どういうオチにする気なんだろ。実際ソッチの方が興味あるわ。

2006/9/3 Sunday

シュヴァリエ 第3話「悲憤の剣」

カテゴリー:  

なんだか二転三転と目まぐるしく話が動きまくりますねえ。それに思ったよりずいぶん話の進行が早い。このペースだとガーゴイル絡みの話はあと数話で終わっちゃうんじゃないの?まあオルレアン公の陰謀の流れは完全解決とは行かずに後々まで尾を引きそうではあるんだけど。それにしてもこの作品って指飛ばしたりアキレス腱切ったりエグイ描写多いな。

でもガーゴイル、あんだけの数で襲い掛かりながらあっさり片付いちゃったなー。まあガーゴイル集団が頑張っちゃうとカロンの出番がなくなっちゃうから話の組み立て上当然の成り行きなのかもしれないけど、これはちょっと拍子抜け。てかやっぱあのマーク見えるところに派手に出してちゃダメでしょ。ここが弱点だよっていってるようなもんだもんな。

でもって裏切ったかに見えたデュランはやっぱ機密局のエージェントでしたってことで、次回はデオンたちも機密局に入ることになるのかな。でもラストはちょっと演出過剰だよな。てか王様ずっとあそこで待ってたんか?





ロビンに弱点見抜かれてあっさり撃退されるガーゴイルに拍子抜け。なんじゃそりゃ。てか見えるところにそんなラベルぶら下げとくなよなー。でもカロンはやっぱただ者じゃないね。てかコイツ人間なのか?まあ捕まって以降は普通の人間っぽいんだけど、1話の時といいリアが出てくるまでの戦闘シーンと言い普通じゃねーよ。

でもリアって出てくるときはいつも暴走状態なのかね。これってコントロールするの大変っぽいんだけど。





指に続きアキレス腱切断キタ━━(((( ;゚Д゚)))━━!!!!!
まあ足のほうはフリだけだけどザクッといくのはやっぱエグイね。てかロビンもデオンもドン引き。でも「他にどんな方法が?」と返されると言葉も出ないへたれなところがデオンらしくて・・・。(・∀・)ニヤニヤ

裏切ったと見せかけてカロンを油断させる作戦はまずまずだけどチームワークはズタボロだわな。てかデオンを除いては集まった皆が皆お互いを信用してないのが丸わかりで楽しいことにw





やっぱこのジイさん怪しすぎ。デオンですら気付かれてないのに歴戦の猛者なはずのテラゴリーが屋敷の中の相手に気付かれるほどの音出して剣を抜くってアリエナイでしょ。それに今回やけにデュランに突っかかってるしね。こりゃ後の裏切りの伏線だよなー。まあでもそれが明らかになるのはまだ先だろうけど。

結局逃げたカロンの後を追うことでオルレアン公の動向を示す証拠の文書が見つかったわけで、さすがのデオンもデュランの意図に気付くことに。





姉の眠る地下礼拝堂に集まる面々。そこで明かされるデュランの正体。そしてそこには皆のこれからを決める重要人物の姿も・・・。
ルイ15世陛下キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━!!!!!

てなわけでデオンたちは機密局の一員として行動することになりそうな流れ。でもガーゴイル絡みの一件も解決どころかほとんど進展していないわけで、カロンやサン・ジェルマンらオルレアン公一派との対決はまだまだ続きますよ。てかまだ本題がどこにあるか全然見えてこないんだよなー。ガーゴイル事件は完全に前座っぽいしね。

2006/9/1 Friday

ゼーガペイン 第22話「ジフェイタス」

カテゴリー:  

前回やるのやらないのでモメてた最終作戦もガルズオルム側に先手を取られたことから待った無しの状況に。シマが元々ガルズオルム側の存在だったって事は前回までの流れからほぼ確定していたわけですが、今回その詳細も明らかになります。・・・ってか幻体クローンってナンデスカ?ここに来てまた新たな設定が出てきましたよ。

シマの本体が敵の本拠地にいて作戦の手引きをするってのはいいけど、そんなん今までよくバレなかったもんだなー。ガルズオルム側もテクノロジーが超進んでる割にはマヌケだわ。
まあマヌケなのはアビスとシンみりゃわかるけど、寿命がなくなって死から解放されたせいで危機に対する感受性が鈍くなってるんかね。てかガルズオルム側にアビス&シン以外に構成員がいるって事自体が今までの流れからして想像し難いんですけど。

ともかく最終作戦は発動したものの、たとえ月面の敵本拠を上手く叩いたとしても地上での侵攻を止められなければアウトっちゅーどうしようもない状況。トガやメイヴェルをはじめ囮に出てきた面々もどうみたってヤバ気な感じだし。いくら相手が雑魚キャラばかりでも雲霞のごとく来られたらどうにもならん。オケアノスが戻るまで、果たして持ちこたえられるのか?





今回のメインはやっぱミナトでしょ。衝撃の事実を知らされても健気に頑張る頑張る。そしてシズノは複雑な気持ち。ミサキシズノはキョウに与えられた仮の姿。本来のイェルは・・・やっぱ復活すべき実体を持たないんだろうなあ。





キョウの物真似はウケた。てか上手いなあ。でもフォセッタはやっぱ死んじまったんだなー。再生後の天気予報、生来のものなんだろうけどユーモア分が抜け落ちてますよ。固体としての蓄積分はやっぱ消滅ですかね。他艦のフォセッタの方がかえって以前のフォセッタに近いってのが泣ける。

そして始まった最終作戦。残存するオケアノス級全艦であたっても数の不足は否めないよな。単艦での戦力は圧倒してるようだけどこれだけの数の差は如何ともし難い。エスコートに来たトガたちも膨大な数の敵にオケアノスを守りきれてないし。





流石に今回のアクションシーンは気合入ってますねぇ。アツイぜ。でもオケアノスには本来の目的があるわけでいつもでもこんなところでウロウロしては居られない。

トガ&メイヴェル組が開いた道筋を抜けて敵本拠地へ。膨大な敵に囲まれほとんどタコ殴り状態の味方を残し最終作戦に向かうオケアノスだったが――。
う?ん、さすがにクライマックスっぽくなってきましたねー。

次回は敵の本拠地、月面のジフェイタスへ。でもアビスとシンが何やらやらかすみたい。オケアノスは月面で無事シマの本体と接触できるのか?

2006/8/30 Wednesday

桜蘭高校ホスト部 第22話「モリ先輩に弟子入り志願」

カテゴリー:  

今回も話の内容は飛びすぎっつーかなんじゃこりゃーな感じだったんですが、さすがにラストが近いだけあって終盤から次回にかけては今までとは趣きを変えてきましたね。でも舎弟の中でたった一人だけ律を怖れなかった鉄也、何かあるんだろーなーと思ってたらそんなオチですかい。ちょっと801臭が・・・。
元々ソッチ系の要素も入ってるからなあ。

でも今回初めて学園内の部外者に女だって事がバレてしまったハルヒ。次回は律が客としてハルヒに迫る!?さてさてホスト部の面々はどう迎え撃つのか・・・なんだかクライマックスっぽくなってきますたよ。





それにしても相変わらず強引な展開だなー。でもホスト部らしいといえばらしいのか。ジャイアントロボはちょとウケたけどね。でもそういう趣味でもないのにメイド服着せられて、しかもそれを身内にバッチリ目撃されてしまうとは・・・。
ボサノバ君(´・ω・)カワイソス これはもう吊るしか・・・。(ノД`)・゚・。





本人が気付いてないだけで、ボサノバ君の不器用な優しさは周り中が知ってましたよん♥ てなわけで、お話自体は取って付けたようなムリヤリな展開だけど、まあいいお話といえばそうなるのかな。でもっていつもだったらここで終了なわけだけど、流石にラストが近いだけあって今回ここからがちょと違う。



てなわけでハルヒの性別バレキタ━━━━━(゚∀゚)━━━━━!!!!!

さすがにこれはちょと迂闊。律は今までと違って桜蘭高等部の生徒。ロベリアンや中等部以下の子の時のようにスルーってわけにゃ行かないよな。
でもってこのネタ次回に持越しですよ。これは混乱必至!?

深夜アニメ館 © 2005- Takashima Kiyoshi / Nuruota.com


Amazon.co.jp アソシエイト