深夜アニメ館: アニメキャプ+感想+考察その他

2006/9/17 Sunday

シュヴァリエ 第5話「パレ・ロワイヤル」

カテゴリー:  

ルイ15世かっちょえー。ただの色ボケでないことを見せ付けてくれちゃってますよ。オルレアン公の陰謀にも楔が打ち込まれて序盤は機密局側が事態を制したって感じですね。もっともサンジェルマンを筆頭に革命教団の主力は健在で、ポンパドール夫人を始めとする宮廷内のシンパも暗躍中。今回までは前フリで、次回あたりから本格的に物語が動き出しそう。
てかデオンの女装キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!!!!





デュラン、ドアの外にロビンがいるのわかってて思いっきし開けるってのはあんまりだろー。鼻が折れちゃうよ。

それより「余が懺悔など始めたら、それだけで一生を終えねばならん」に「御意」と返すブロリーに吹いたw ルイ15世も(ちょ、聞いてんのかヨ?)って顔してるし。まあテキトーに答えてるわけじゃないのは次の質問でわかるけどね。

アンナも無理してるなあ。健気ないい子や。でもってそういうシーンのすぐ後にデオンが気にかけているパリの貧民達がアンナの目には全然入ってないシーンを挿入するあたり、皮肉な演出っすね。
それにしてもデオン、尾行下手すぎ。思いっきし見破られてやんの。てかああもあからさまに後つけてたらそりゃバレるだろ。そりゃアンナだって心配するわ。





でもってアッサリ逃げられてるし。でも市内で偶々遭遇してしまったことでボロンゾフの真意が高飛びにあることが明白に。すぐに後を追うデオンたちだったが・・・。

ここで表面化する内通者の存在。そりゃー内部情報ダダ漏れになってりゃどんなに優秀なエージェントも形無しだわな。でも一番怪しいテラゴリーがそれ指摘するかぁ?怪しまれずにリアを奇襲できる立場にある人物はそれだけでかなり限定されるでしょ。まあテラゴリーが機密局に接触したのは今回初めてなわけだけど、終盤のポンパドール夫人と外務大臣との会話から機密局の動きが以前から少しずつ流出していたのは明らかですしね。

最有力容疑者の逮捕には失敗したものの革命教団の連中をオルレアン公が匿っていたことは確実。
・・・てなわけでルイ15世直々に乗り込んでキタ━━(゚∀゚)━━ !!!!!





決して事を荒立てず、ジョークを交えながらしっかり圧力をかけるところ、流石に国王の器ですなー。悔し紛れの皮肉も軽?く受け流すところはやっぱ勝者の余裕ですわな。偉大なルイ14世にも「鼻の下の長さじゃ負けてない」なんて返されたら流石のオルレアン公も形無しだわさ。

てなわけでオルレアン公の動きは完全に封じられたわけだけど、結局のところ本質的な部分にはまったく手を入れられず。ボロンゾフは逃亡し宮廷内の対抗勢力はそのまま温存された形に。さてここからどうするかってところが本作の主要テーマになりそうです。

コメント »

この投稿には、まだコメントが付いていません

このコメントの RSS

コメント投稿フォーム

改行や段落は自動で挿入されます
メールアドレスはブログ上には表示されません
利用可能な HTML タグ : <blockquote> <code> <em> <i> <strike> <strong>

required

required


深夜アニメ館 © 2005- Takashima Kiyoshi / Nuruota.com


Amazon.co.jp アソシエイト