深夜アニメ館: アニメキャプ+感想+考察その他

2006/9/8 Friday

ゼーガペイン 第23話「沈まない月」

カテゴリー:  

えーっと、なんか残存艦隊って全滅してね?地上のアビス&シン再生システムも完全には破壊できてないみたいだし、コレって完全に作戦失敗っぽい流れなんすけど。なんだかえらいことになってるなあ。あ、イゾラたちの艦は単独行動してたから巻き込まれてないのか。

だとしても月に行った面々も完全にナーガの手の内に嵌ってるっぽいし絶望的な状況にはかわりないよなー。ここからどう巻き返せって言うんだよ。てかシマの実体はどこに?まあそのあたりが今後のカギになってくるんだろうけどね。





「死んでも通さん!」→「死ねば通れる(・∀・)アヒャ」の流れに吹いた。てか反則だよなー。身代わりボディをあちこちに配置しとけば自殺するだけでどこでもドア状態。これは流石のセレブラントたちにも想定外だわ。

それにしてもオケアノス以外の艦隊&ゼーガ脆すぎだろ。まあコアトリクエの強さが圧倒的だってことなんだろうけどちょっとなあ。シンじゃないけどこの戦力差で総力戦は完全に自滅行為だわな。





足止めされてるはずのシン&アビスの登場は流石にショックだわな。てかアンチゼーガも新型の強力なヤツだし。でも流石に自分の本拠地で暴れすぎだろー。ってかリョウたち完全に取り込まれてる?





この精神世界っぽい敵味方の会話シーンは初代ガンダムから延々と続く伝統みたいなもんだよなー。でもナーガのオファーってまんまクロシオが期待してたヤツそのままじゃん。取り込まれたのが血の気の多い奴ばかりだからアレだけど、メンバー違えば揉めるかもなー。話が違うじゃんそんなの聞いてねーよ司令騙したな!ってな感じで。

ともかく強がって入るものの絶望的な状況に追い込められたオケアノスのセレブラントたち。彼らの運命はいまや風前の灯。巻き返しのチャンスは果たしてやってくるのか?てかシマの実体ってどこに居んだよ!?

深夜アニメ館 © 2005- Takashima Kiyoshi / Nuruota.com


Amazon.co.jp アソシエイト