深夜アニメ館: アニメキャプ+感想+考察その他

2006/8/28 Monday

ゼロの使い魔 第9話「ルイズの変心」

カテゴリー:  

さて今回は前回の続きでルイズにかけられた惚れ薬の魔法を解く&タバサにあたえられた任務のお話。でもさすがに今回はちょっと安直すぎる展開だなー。もちっと捻りがあってもいいんじゃない?

でもって今回出てきた精励の秘宝やフーケを加えたクロムウェル一派との絡みがクライマックスに繋がる布石みたいだけど、残り数話できちんとまとめることが出来るのかなあ。もっともラストの王女の来訪がクライマックスへの入り口っぽいんで動き出したら話は早いのかもしれないけどね。

――ってここでまた新キャラ登場かヨ。ルイズの知り合いっぽいけど、この場面で登場って事は・・・。





あー、シエスタ怒ってるよシエスタ。
こういうタイプが一番ややこしいよなあ。でも実際このタイプって結構いるからな。うっかり地雷踏んだ日にゃ・・・桑原桑原。

でもってモンモンの媚薬って非合法だったんかヨ。いくらなんでもすぐバレるだろー。案の定才人に付け込まれてるし。コイツも隙ありすぎ。





なんかとんとん拍子に話進んでますよ。水の精霊ものわかり良すぎ。それにしても才人なんも考えてねーなー。世の中には気合だけでは解決できないもんだって沢山あるのにさ。

で案の定あっさり撃退されてるし。相手がキュルケやタバサでなかったら即アボだよ。「彼れを知らず己を知らざれば、戦う毎に必らず殆うし。 」と孫子も言ってるだろ。





え?マジでOKなの?>水の精霊
この展開はちょとイージー過ぎじゃねーの?てか才人「何年かかっても関係なさそうだしな」とか舐めた事言ってるし。そんなん事実上反故にしても構わねーって事じゃん。そんなんでOKとはね。まあ本作の流れからしてすぐに約束果たすことになるのはわかるけどこの展開はちょっとなー。

てなわけで惚れ薬関連もタバサの任務もあっさり一件落着。とそこに王女がお忍びで来訪。またなにやら厄介な任務を頼みに来たようだけど・・・。

深夜アニメ館 © 2005- Takashima Kiyoshi / Nuruota.com


Amazon.co.jp アソシエイト