深夜アニメ館: アニメキャプ+感想+考察その他

2006/8/23 Wednesday

桜蘭高校ホスト部 第21話「いつかカボチャになる日まで」

カテゴリー:  

シンデレラの馬車がカボチャになってしまったように、どっちつかずで宙ぶらりんだけどそこそこ楽しい現状にもいつか終わりはやってくる。
でもそれまでは――。モラトリアムやなあ。

まだまだお子様な光と違って馨はこの先待ち受けている現実に眼が向いているわけだけど、だとしてもわざわざ楽しい今の暮らしを早々捨てられるわけもない。それにハルヒに対してのお互いの気持ちが顕在化した後になっても、今までのような仲良し兄弟でいられるかどうかの不安もまた・・・・。まあ委員長と倉賀野サンの方は今の宙ぶらりんな状況から一歩踏み出す切っ掛けを掴んだような気もするけどね――ってことで、双子シリーズは一段落かな。

でもまた来週も妙な飛び方してるみたいだなあ。ラストまでこんな感じ?





れんげって実はハルヒや双子と同じクラスだったのね。てかクラス数自体が少ないのか?

コメント »

この投稿には、まだコメントが付いていません

このコメントの RSS

コメント投稿フォーム

改行や段落は自動で挿入されます
メールアドレスはブログ上には表示されません
利用可能な HTML タグ : <blockquote> <code> <em> <i> <strike> <strong>

required

required


深夜アニメ館 © 2005- Takashima Kiyoshi / Nuruota.com


Amazon.co.jp アソシエイト