深夜アニメ館: アニメキャプ+感想+考察その他

2006/8/14 Monday

ゼロの使い魔 第7話「ルイズのアルバイト」

カテゴリー:  

今回はルイズが密命を受けて不逞貴族の横暴振りを探るお話――なんだけど、ルイズ全然使えねー。てか平民に成りすますはずなのに行動が貴族のまんまじゃどうにもなんねーじゃん。馬だとか宿だとか全然関係ないところに金突っ込んでどーするよ。

まあでもそんなルイズのダメダメっぷりも大事なキャラ設定の一部。かわいい系のキャラはやっぱドジっ子でないとってことなんでしょう。ストーリーの超が付くほどのわかり易さも本作の特徴。ルイズのツンデレぶりにもますます拍車がかかってまさしくキャラ萌えアニメって感じですな。





いやいくらなんでも唇にブチューはないだろー。狙いすぎ。
でもこれってアンリエッタ王女を加えた三角関係に進む伏線?いやでも今のところ話の進め方にはそういうヒネリは全然ねーからな。今回もまるで水戸黄門張りのベタベタな展開だったし。

それにしてもスカロンのキャラ設定、こりゃねーよな。あからさまに怪しすぎ。





最初は才人狙いかと思われたスカロンだけどサブタイ通りルイズをスカウトに来たってことで、予想外に普通の展開。ちょっとご都合主義が過ぎるんじゃないかとも思うけど、本作はそもそも最初からそーだしね。それにしても才人モテ過ぎだよな。エロゲの主人公かお前は。

てかルイズとうとう才人の布団に潜り込むまでになってんかヨ!?なんかいきなりデレ分が増強されてる!





あー、これなんて水戸黄門?
なんかもールイズの萌え成分強調できればストーリーなんてどうでもいいってな感じだなー。まあここまで徹底できれば清々しいけどね。いや、キライじゃないよ、うん。

でもなんか最後の方では妙な陰謀っぽい話も出てきてるし、話の方も盛り上がってくるのかな?とか思ってたらなんか予告ではメイドとハダカのお付き合いっすか!?でもサブタイトルは「タバサの秘密」。読めねーなー。

深夜アニメ館 © 2005- Takashima Kiyoshi / Nuruota.com


Amazon.co.jp アソシエイト