深夜アニメ館: アニメキャプ+感想+考察その他

2006/6/5 Monday

涼宮ハルヒの憂鬱 第10話「涼宮ハルヒの憂鬱 IV」

カテゴリー:  

さてさてやってまいりますた朝倉祭り!
てか今回は話の密度メチャメチャ高いっすよ。それに前回動かなかった分今回はめまぐるしく動く動く!! 流石にこのあたりのペース配分は上手い。時系列通りだとこのエピソードは三人の告白劇の直後で流石にいきなり感は否めません。時系列を入れ替えてタメを作ったのが効いてますね。

今回大きくお話が動き始めたわけですが、実際I?IIIまでのエピソードは前座みたいな物ですからね。ストーリーもここからが本番。今回大活躍の長門有希、それまでロボみたいだった性格が徐々に変化し出すのがこのあたりから。でもってハルヒはまだまだツンツンなわけですが、そんなハルヒの心境もストーリーを追うごとに変化していくわけで、そのあたりが本シリーズの見所と言っていいでしょう。でも今回のエピソードって“憂鬱”のエピソードの中では一番動きのある場面なんだよなー。

さあこのまま一気に最後まで突っ走るか?――と思いきや次回はまたインターミッション?てか「射手座の日」っすか!?長門ネタで引っ張るなあ。
でも放映枠がもう残り少ないんですけど・・・。こりゃ笹の葉入れる枠ねぇなあ。やっぱDVDに収録になるのかなー。





せっかくそれっぽい連中を集めてSOS団を結成したものの、ハルヒの言うところの“面白いこと”が全然起きないことに鬱憤をつのらせるハルヒ。まあ実際はすぐ身近で色々と起きてるんだけどハルヒは蚊帳の外ですからねー。
客寄せに作った“朝比奈みくる悩殺写真館”もキョンに妨害されておかんむり。
でも“悩殺”っちゅーには大人しいなあ。やっぱ高校生ではこのあたりが限界?

キョンはこの朝女文字で書かれた呼び出しのメッセージを受け取っていた。
クラスのみんなが帰った人気の無い教室でキョンを待っていたのは――





笑顔の刺客、朝倉涼子キタ━━━━━(((( ;゚Д゚)))━━━━━ !!!!!

内容が噛み合わないまでもにこやかな会話からいきなり斬りかかるシーンは圧巻。やはり文字だけの原作描写とは違いますねぇ。使用するナイフもいとうのいぢの原作イラストでは絵画用のペインティングナイフだか果物ナイフだかのできそこないみたいなヤツでしたが、アニメ版では本格的なボウイタイプに修正。夕日を反射して光るエッジが緊迫感を増してます。

空間を自在に操る朝倉涼子を前に完全に退路を絶たれ追い詰められたキョンはもう絶体絶命の大ピンチ!!
体の動きも封じられ突進してくる朝倉を成す術も無く迎えるキョン。
そこに突如割り込んだ小柄な影がキョンに迫る朝倉の凶刃を素手で阻む!!

眼鏡の守護神、長門有希キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!!!!





ここからの超人バトル、流石に巨大便所コオロギの時とは一味違います。てか基本的な流れは原作通りなんですがこの映像化には相当力入ってますね。スバラシイ。てか飛び散る血飛沫が生々しいよ。これで「へいき。」とか言われてもなあ。





全てが終わった教室で、長門に秘められた萌え要素が噴出!でもこうやってみるとやっぱ長門有希のキャラってエヴァ6話ラストの綾波と被ってるよなあ。でもボケ味ではこっちの方が上か。

朝倉の突然の“転校”に興味津々のハルヒ、念願の不思議ハプニングに冒頭の憂鬱はどこへやら。でもこの時キョンの手元にはまたしても呼び出しの手紙が。真偽の確認もどこへやら、いそいそと駆けつけた部室には――

朝比奈みくる(大)キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!!!!





成長したみくるってなんかエロイなー。メイド服見てこんなのもう着れないとか言ってるけど神経のほうはかなり図太くなってそうだよな。でもズッコケなところは相変わらず。

まあそれは置いといてキョンに届けられた謎のメッセージ、なんだか次のハプニングを暗示してますねー。そしてその通り、ストーリーはクライマックスへ向けて動き出すわけですが――って、また割り込みかよ。本編はまた脇に追いやられ、次回は「涼宮ハルヒの暴走」から「射手座の日」。
えー?ここでコレ入れるの?てか本編最後まで入りきるの!?

それにしてもこのころのハルヒって、キョンは自由に使える下僕くらいにしか思ってねーよな。ツンツンな態度に愛がねーよ。ひでー。まあでもキョンがSOS団のメンバーに選ばれたのにはそれなりの理由があるわけで・・・でもそのエピソードは今シーズンには入りそうにないなあ。

深夜アニメ館 © 2005- Takashima Kiyoshi / Nuruota.com


Amazon.co.jp アソシエイト