深夜アニメ館: アニメキャプ+感想+考察その他

2006/4/17 Monday

涼宮ハルヒの憂鬱 第3話「涼宮ハルヒの憂鬱 II」

カテゴリー:  

さて3回目の今回からようやくお話が動き始めましたね。ハルヒが追い求めていた不思議その1→学園に潜む宇宙人は、実はすぐそばに居たってわけで。

今回もアニメ化による若干の修正はあったもののほぼ原作通り。ハルヒの無軌道身勝手ぶりには更に拍車がかかり、SOS団員だけならずコンピ研や他の生徒たちまでハルヒの暴走に巻き込まれることに。でも物語はハルヒの預かり知らぬところで密かにの新たな局面を迎えていたんですね。

長門の様子を窺がっていたみくるにもどうやら事情がありそうですし、次回から本格的なストーリーに入りそうな流れ。――ってアレ?次回予告は「涼宮ハルヒの退屈」って・・・なんか話飛んでないかい?





てなわけでSOS団結成後初っ端からのコンピ研PC強奪事件www
最近は「コンピューター研究会」を「コンピ研」って略すのか?なんか気が抜ける略称だなー。てかみんなして2ちゃんねる見てるっぽいのはなんだかなー。そんなんわざわざ部活でやることかね。高校の部活でやるんならもっとマニアックなことしてもいいのに。

まあそれにしてもここの部員の描写ひでーなーw
何か揃いもそろって絵に描いたような気弱なPCオタクばっかり。もちっとマトモな奴はいねーのかヨ。比較的マトモっぽい部長ですらハルヒの無茶苦茶っぷりに一方的に気圧されるばかりだし。まあエライ勢いで常識外の事を迫られればそんなもんかねー。

でも部長、どう見ても揉んでます。本当に(ry
カメラマン役はキョンからハルヒに修正ですな。まあ妥当でしょ。いくら事前打ち合わせがあったとしてもあのタイミングで写真撮るのはキョンには出来そうにないし。





ウェブサイト立ち上げってのは今っぽいね。でも中身はホント黎明期の“マイ・ホームページ”って感じだな。コンテンツが何もねー。これで人来るなら苦労はねーよなー。

てなわけで人寄せにビラ配り大作戦!ってバニーのコスプレかヨ。てかコスプレどうこうよりもハルヒ、完全にみくる脱がすの楽しんでるなー。キョン、全力で阻止するとか大見得切っといて結局は見殺しかヨ。そりゃーみくるもがっかりだ。責任とってネ。

それにしてもハルヒ、着痩せするんだなー。制服のときと比べると明らかに胸デカイんすけど。前回みくるに負けたって悔しがってたのにもそれなりの根拠があったんだなー。





とかなんとか表では大騒動なわけだが裏では長門有希が地味に活動開始。前日貸した本を早く読めとの催促。そこには「午後七時、光陽園駅前公園にて待つ」のメッセージが――。

原作では何日か放っといたんだよな。まあこれも妥当な修正か。ここそんなに引っ張るところでもないし。でもやっぱ連れてこられた先が一人暮らしの女子高生の家ってのはドキドキもんですわなー。てかこいつ思いっきし綾波っぽいんですけど。部屋にしてもなんにしても、人外だってことにしても。

てなわけで衝撃の事実を告げられたキョン。原作ではここから次々と新事実が明るみになっていくわけですが・・・なんか予告が今までの流れと違う!!ハルヒも第7話とか言ってるし。

ここでイキナリ野球エピソードなの? なーんか古泉とかも普通に居るし、つなぎは一体どうするんだ!?

深夜アニメ館 © 2005- Takashima Kiyoshi / Nuruota.com


Amazon.co.jp アソシエイト