深夜アニメ館: アニメキャプ+感想+考察その他

2006/4/12 Wednesday

桜蘭高校ホスト部 第2話「高校生ホストのお仕事」

カテゴリー:  

てなわけで桜蘭高校ホスト部、第2回はちょっとした心のすれ違いで疎遠になってしまってたカップルを再び結びつけるお話。

他の常連客と違ってお気に入りのホストを次々と変えていくさすらいのホスト巡り姫、春日崎泰子。しかし一見放埓に見える彼女の行動には理由があった――と、まあストーリーそのものは王道的っつーか、ハッキリ言ってベッタベタなんですけどやはり見せ方がスバラシイ。一見ギャグ要素が目立つものの、コレって実はかなり古典的な少女漫画なんすね。

でもって今話の作りからすると、続き物というよりは水戸黄門的な一話完結型の進め方になるのかな。まあなんにしても続きが気になる作品です。でもって今回も序盤でちょっと前フリありましたが、やはり次回はハルヒの正体が暴かれるピンチ、身体検査が!
さあさあ藤岡ハルヒと愉快な仲間達、次回このピンチをどう切り抜ける!?





扉の向こうは南国、そして半裸のオトコ達が・・・ってメッチャ狙ってるわな。しっかりハルヒの分の南国衣装(当然女物)用意してるし。まあアッサリ却下なわけですがw

最近は近々開かれるダンスパーティーの話題でもちきり。そんな中、マイペースで接客を続けるハルヒに近付く常連客、春日崎。他の常連客が一度決めたお気に入りをずっと指名し続けるのに彼女は定期的にお気に入りホストを替える、言わば“男とっかえひっかえ病”。でも新しく入った茶器を愛でる彼女の姿に、環は彼女の隠された一面を見ることに。

前回は電球でしたが今回の心理描写の象徴はコーヒーカップのアトラクション。本来なら(おそらくカップルで)賑やかなはずのカップに座るのは彼女ただ一人。こういう心理描写、すんごく少女漫画っぽいっすね。





ハルヒのちょっとした突っ込みに動揺しながらもにこやかだった姫の表情が、背後の話し声に突如こわばる。そこに入ってきたのは有名食器メーカーの御曹司、珠洲嶋亨。小さい頃からの幼馴染みで親が決めた許婚でもある二人の関係は最近あまり上手く行っていない模様。
「わが桜蘭ホスト部は、女の子を幸せにするために存在するのだ!」
環のひと言でホスト部は二人の関係改善へ向けての作戦を実行することに。

てなわけでハルヒは女の子の姿に変身!―と、なんだか水戸黄門や必殺仕事人みたいな香りが・・・これがこの作品のパターンになりそうっすね。





えっと何ですかこのラブレター。こりゃハルヒじゃなくてもアタマ抱えるわな。

でも何の迷いも無くキッパリ断る珠洲島カコイイ。でもまあハルヒの言う通り自分の中だけで考えてても相手には伝わらないんだよなー。でもって現実にもコトバが足りないばっかりに破局しちゃうカップルってのは実に多かったりする。てかハルヒみたいにサクっと指摘してくれる奴なんて現実にはそう都合よく周りにいるわけねーし。

そこに現われる春日姫。そして逃げ去る彼女を躊躇い無く追う珠洲島。小細工でかえってこじれたように見えても走り出した珠洲島の行動が状況を確実に変えていく。――ってなわけで作戦は予定通り。





舞い散る桜の下で互いの気持ちを確かめ合う二人。そしてそれを祝福する面々。ドラマティックな成り行きを締めくくるのはダンスクイーンの選出。もちろんそれは――

てなわけでストーリー自体はまあベッタベタな展開なわけですけど、それを全く飽きさせずに見せる演出はさすがです。てか何かやる前にワザワザ予告演出したりするわけですからね。そこら辺には相当の自信があるんでしょう。今回も最後のオチは事前に見えてたわけですが、だからと言って興ざめなんてことにはならないわけで。まだ2話目ということもあって作画も申し分なし。これから毎週楽しみな作品です。

深夜アニメ館 © 2005- Takashima Kiyoshi / Nuruota.com


Amazon.co.jp アソシエイト