深夜アニメ館: アニメキャプ+感想+考察その他

2006/3/9 Thursday

灼眼のシャナ #22

カテゴリー:  

灼眼のシャナ 第22話「揺らぐ炎」。
(悠二)「なんだろう・・・すごく、気持ちいい」(ヘカテー)「ああっ・・・あたしの中へ、入ってくる―」って、エロアニメですかw これ絶対狙ってるよなー。

今回お話的には完全に次回へのつなぎでまるっきり目新しい要素はなかったわけで、それくらいの遊びがないと話が持たないってのはわかるけど、今ひとつネタが消化不良起こしてる感じは否めないね。それに前回あそこまでグサっと貫かれたシャナがホンの数時間であっさり完治ってのはいくらなんでもご都合主義。てかコレがアリならなんでもアリでしょー。

佐藤&田中ペアや一美がらみの掘り下げもちょっと不足気味な感じもするけど、残り2話でまとめるにはそのあたりは削るしかないすかね。てかもっと重要なラスボス連中ですらキャラ描写はいい加減なわけで、そんな端っこにまで手を入れる余裕なんて残ってるはずねーわな。

てか徒にしてもフレイムヘイズにしてもその目的描写がいい加減だから、お互い何そんなに必死にやってんだか全然伝わってこね―んだよな。世界のバランスって一体何よ?てかそれが崩れたらどう都合が悪いわけ?でもって存在の泉ができたらどんな良いことあるの?

まあでもそんなことよりもシャナのツンデレ具合とか、ロリキャラが一所懸命空回りするのをニヤニヤ見守るのがこの作品の正しい見方なんだろな。残り2話、どんな風にまとめるんでしょーね。このまま行けばモロに予定調和的なラストになりそうだけど。





深夜アニメ館 © 2005- Takashima Kiyoshi / Nuruota.com


Amazon.co.jp アソシエイト