深夜アニメ館: アニメキャプ+感想+考察その他

2006/3/3 Friday

舞-乙HiME #21

カテゴリー:  

舞-乙HiME 第21話「白き姫、目覚めるとき」
行き場を失った民を救うため王位への復帰を目指すマシロと、オトメとしてマシロの支援を誓うアリカ。だが二人のすぐ後ろには、ハルモニウムを開く鍵となる詩の一節を求めてマシロを狙う新造オトメ部隊ワルキューレの影が迫っていた!

今回はマシロとアリカが真の意味で契約を結ぶ回だったわけですが、前回隅っこにさらっと出てたカプセルが初っ端からクローズアップされましたねぇ。思ったよりも全然早かったなー。

でも「紡ぎ手にして守り人」ってことは、ニナって王家の血筋と王に仕えるオトメの血を両方受け継いでる・・・ってことは今まで全く触れられていなかったレナの相手って先代の王だったんか!?
レナって側室になったってわけじゃなさそうだしなー。もしかして不倫?
まだ確定でないとは言え、こりゃーすんげー展開。( ゚Д゚)ポカーン

でもって今回アオイの生存がほぼ確認されましたね。ナギとセルゲイとのやりとりの中で「でもアノ子が目を覚まさなかったら―」なんてフレーズが出てきてアレ?アノ子って?とか思ってたんですが、その後のチエが様子見に行くシーンでキマリ。でもアルタイはアオイ回収の時点ではまだマシロの居場所は掴んでなかったっぽいしなー。この展開はちょっとムリがあるけど、やっぱアオイには生きてて欲しいよね。でもその代わりにチエの死亡フラグが・・・。





民衆が抱く恐怖こそがアスワドを守る抑止力って、なんかアスワドってヤクザみたいだなー。でもまあ実際のところ衆寡敵せずなわけで、技術はあっても所詮人数の少ないアスワドは数に勝る各国正規軍に攻められたらひとたまりも無いのは動かしようが無い現実。
特定少数の敵を見せしめに血祭りに上げることによるイメージ戦略こそが唯一の生き延びる道だってのは確かに合理的だわな。

でも決定的な切り札を何一つ持たないアスワドは結局は蚊帳の外。そうこうしている間にもナギとシュバルツは世界制覇へ向けての階段を着実に上りつづけているわけで。





アオイ生きてたー!!でも意識不明の重態ですか。前の会話にもあったけどアオイは例の詩を耳にしてる可能性が高いわけで、マシロの身柄が確保できなかった場合の控えではあるわけですが・・・それにしてもどうやって運んできたんだ?

でもってシズルとトモエ・・・「今日のはちょっと面白かった――」って、一体いつもどんなプレイしてるんだヨwww それにしてもトモエ様、相変わらず猫被ってるときと素の時のギャップがすげーな。うーん、スバラシイ。

深夜アニメ館 © 2005- Takashima Kiyoshi / Nuruota.com


Amazon.co.jp アソシエイト