深夜アニメ館: アニメキャプ+感想+考察その他

2006/2/25 Saturday

舞-乙HiME #20

カテゴリー:  

舞-乙HiME 第20話「ニーナと呼ばないで」
ガルデローベとその研究施設を完全に掌握し着々と勢力を拡大するナギ(アルタイ)に対抗するため、アスワドの技術の強奪を試みるカルデア。カルデアのオトメに村が焼き払われる光景を目にしたアリカは、ミドリにオトメの存在意義を問うのですが――。そしてニナは、離れゆくセルゲイとの距離に焦りを感じつつも流されるままナギの計略に取り込まれていくことに。

てなわけで何だかメッセージ性の高い回になりましたねぇ。でもってアリカやマシロ以外のキャラたちも、各々の立場で事態への対応へ向けて動き出しています。ちょっと中だるみっぽかった中盤からクライマックスへ向けて盛り上がってまいりました!

「もう二度とオトメになんかならない!」とか言ってた前回終盤の流れからはアリカも最近流行りのウジウジ主人公モードに突入かとも思われたのですが、なんだかアッサリな変り身でしたねぇ。まあイザとなれば考え以前に体が勝手に動くってのがアリカのキャラですからそれほど不思議は無いんですけど、この辺の流れはちょーっと強引だったかなー。まあ散々引っ張っておいて肩透かしは前シリーズからの遺産でもあるわけですけどね。

さて物語りも終盤に入り、現体制下での影響力を求めて新たなオトメ部隊に志願するトモエ(とその取り巻きたち)、そしてトモエに篭絡されたフリをしながら反撃のチャンスを覗うシズル、アルタイの内部事情を探るためこれまたオトメ部隊に潜入するチエと、それぞれのキャラの動きにも目が離せません。

シリーズも残り6話。どのようなクライマックスを迎えることになるのか。これからも注目ですね。





今回目に付いたのはチエからの手紙。この世界の公用語は英語ですか。輸出狙ってんのが良くわかるなー。でもってオトメってZ-HiME(乙-HiME?)って書いてる!?これをオトメと呼ばせるのは無理があるよなー。ま、いいけど。

てかチエって完全にエアリーズのスパイっぽいんですけど。それも大統領直属の。物腰穏やかな外面とは裏腹にユキノもやるなあ。まあナギはともかくカルデアや他の国の王とかよりは抜きん出てそう。でもってセルゲイはやっぱナギの計画を全部把握してるわけじゃなさそうっすね。新たな真祖の存在についても知らないっぽいし。

そしてアリカとマシロだけど・・・いや結果的にこういうところに落ち着くってのはわかるんだけどさ、ちょーっと安直っぽいよなー。





それにしてもカルデアのやり方ってめっちゃ乱暴だなー。機材だけ持ってっても解析できんのかヨ?それだけの能力があるんならわざわざアスワドに喧嘩売る必要があるとも思えねーんだが。

「力に良いも悪いもない。ただ―」っつーミドリの言葉ですが、この場面の使われ方を見てもやはり製作側のメッセージを感じさせますねー。この国には「武器があるから戦争になる。平和のためには武力なんて持つべきじゃない」とか主張してる団体も少なからずいるわけですが、彼らはこの国以外には武力攻撃を仕掛けるところなんてないとでも思ってるんでしょうかねー。それとも逆に、この国を外からの脅威に対して永遠に無防備な状態にでもしときたいんでしょうか。

まあそんなことは別にしても今回はいろいろと話が動き始めてますからね。終盤へ向けてますます楽しみになってきました。

深夜アニメ館 © 2005- Takashima Kiyoshi / Nuruota.com


Amazon.co.jp アソシエイト