深夜アニメ館: アニメキャプ+感想+考察その他

2006/2/24 Friday

半分の月がのぼる空 #06(最終回)

カテゴリー:  

半分の月がのぼる空 第6話「僕たちの両手は」。
う?ん、演出にちょっと粗い面はありましたが今期放映作の中ではなかなか良い出来だったんじゃないでしょうか。あと1?2話あればもう少し丁寧な描写も出来たんでしょうけど流石に1クールもつボリュームじゃないですしね。6話に収めたのは正解でしょう。DVD等の商品構成的にも。

ちょっと残念だったのはやはり夏目の扱いですかねー。内面に複雑なものをもつキャラだってのは今までの描写からもわかることなんですが、流石に5話までの言動はDQN過ぎて今ひとつ感情移入が難しい。まあ流石に最終回ではマトモですたが。対照的なのが亜希子サンだよなあ。主人公の裕一や里香よりも存在感デカくね?

てなわけで“限られた命かもしれないけど、ずっと一緒に生きて行こうね”っつーことで、微妙な余韻を残しながらの幕引きとなりましたが、まあハッピーエンドと言っていいでしょうね。エンターテイメント作品としてはもう少しハッキリした終わり方の方がスッキリするんでしょうけど、この余韻はあらかじめ意図されたものでしょうし、これはこれでアリでしょう。

でも思うに放映作品数が多くなったせいか段々尺の短い作品が増えてきましたねぇ。年間通してやる作品なんて今やもう数えるほど。2クールでも長い方ですからね。まあ投資的な観点からするとその方がリスク管理もしやすいし、商品としての売りやすさから見ても6話?13話の短い尺に収める方が楽なわけで、下手に長期化して製作が破綻するよりはこういう路線の方がいいのかなー。





今までとはうって変わって夏目の描写がマトモになってますねー。でもちょっと遅すぎた感じも。でも美沙子サンの扱いに比べりゃまだマシか。尺が短いせいか彼女の場面だけ浮いてるもんなあ。

でもってみゆきの出番の多さは予想以上。この子結構おいしいポジションだよなー。この友達以上恋人未満な感じが実にイイわけですが、裕一と里香とのカップル成立以降の彼女のポジションってのもちょと気になりますねー。てか彼女主人公に外伝一本作れそうな気もするぞ。





いやーこの外からの侵入って青春全開なシーンなんだけど、コレ絶対落ちるって。以前本取りに行った時もそうだったけどコレじゃ命綱になってねーだろ。なんでもっと確実なところに結わえないかねー。いくらなんでも馬鹿すぎだろ。それにしてもゼブラー2世の兄ちゃんはいい味出してんなw

里香の母ちゃんにとってはやっぱ裕一は迷惑だわな。でも里香の病状からして先はそう永くはないわけで、やっぱ本人のやりたいようにやらせるってことに落ち着くわな。でもなんかせつねーな。

でもってやっぱ本作で一番存在感があったのは亜希子さんだわな。登場人物の中で一番マトモなオトナがこの人ってのはどうなんでしょーねー。やっぱ元ヤンからここまで来るのに相当な苦労積んでたんかなー。

てなわけで最後は思い出の場所でのハッピーエンド。ここでも裕一の言葉はボカされてたけど・・・そんなんわざわざ隠すまでもないわなw

深夜アニメ館 © 2005- Takashima Kiyoshi / Nuruota.com


Amazon.co.jp アソシエイト