深夜アニメ館: アニメキャプ+感想+考察その他

2006/2/17 Friday

半分の月がのぼる空 #05

カテゴリー:  

半分の月がのぼる空 第5話「とめられた一分」。
いやーなんかイタイ程真っ直ぐ青春モノしてますなー。若さゆえの迷走って感じで。そして今回もまた亜希子サン、しっかりとした姐御ぶりで。でもって夏目のDQNさは相変わらず。

夏目センセが過去の自分と裕一を重ね合わせて同属嫌悪してるのはわかるんだけど、やはりここまで言動がDQNだと感情移入はなかなか難しいわなー。オトナぶって説教こいてても亜希子サンと違ってそもそも裕一をきちんと見てるわけでもなく(興味すらないだろうけど)自分勝手な思い込みで裕一に当たってるだけだし。

まあ裕一みたいな高校生なんて見なくてもあらかたわかるっつー気持ち自体はわからんではないし実際その思い込みはそう外れはしないわけだけど、精神ガキのままで図体だけ大人になったような夏目には全然似合わねーんだよな。少なくともアニメ版のキャラ造形においては。まあそんな夏目でも心臓外科医としての腕前だけは確かなわけで。

でも今の里香の状態は夏目にとっても深刻で手に余るらしく手術の行方はかなり厳しいことになりそう。手術への決意とささやかな告白を父の形見の小説に託した里香。その里香の気持ちは確かに裕一に届いたのだが――

死線をさまよう里香はその想いを遂げることができるのか?そして裕一は・・・。半分の月がのぼる空。次回は最終回「僕たちの両手は」。
最後まで、目が離せません。





美沙子サンの役回りってコレかヨwww
これはちょっと想像のナナメ上だったわ。でもやりたい事が出来ず挫折感に苛まれている年上のオンナと自分の立ち位置を見失って迷ってる若造との組み合わせってのはそれ程突飛な図式ではないわな。

まあでも結局美沙子サンにとって裕一って一時の気晴らしの相手でしかないわけで・・・結局は何の救いにもなりゃしないんだけどね。まあ本人もわかってやってるんだろうけど。でも亜希子サンの様子から見るにコレ初犯じゃねーよなー。てかどっちかっつーと常習に近い?

とりあえず今回は亜希子さんの介入によって裕一は引き戻されたワケだが。車中のやり取りもアレだよな。確かに裕一、里香に洗いざらいぶちまけそうw
てか夏目も同じようなことしてたんかヨ。





てなわけで覚悟を決めた里香は手術台へ。そして裕一は預かった小説に込められた里香の想いを確かに受け取ったのだが・・・。

次回はもう最終回。里香と裕一の物語は、どういう結末を迎えることに?

深夜アニメ館 © 2005- Takashima Kiyoshi / Nuruota.com


Amazon.co.jp アソシエイト