深夜アニメ館: アニメキャプ+感想+考察その他

2006/1/14 Saturday

半分の月がのぼる空 #01

カテゴリー:  

半分の月がのぼる空 第1話「亜希子さんと少女と芥川龍之介」。
初っ端から良作の予感! うーん、こう言っちゃ悪いですがラノベ原作ってことで今一つ乗り気ではなかったんですよ。でもこれは期待以上の出来。

心理描写も細かく丁寧でスバラシイ。これ全6話?なんか勿体無いなー。でも原作がその位のボリュームなら仕方ないか。でもホント最近ツンデレ系のヒロイン多いなあ。マジカノとかもまんまだし。まあアレとコレとでは作風全然違うわけだけど。てか一緒に比べること自体間違いだわな。

1話は導入としては異色のスピード進行。主要な登場人物や舞台設定もあらかた済ませて全体の流れもこの時点でほぼ決まったってな感じ。なんだか結末までもう決まってそうな気もしますが結論を急ぐには早すぎますね。でもだからといって手を抜いた様子は全くなく作画や音響もなかなかのもの。これは期待できそう。木曜深夜の新たな目玉ですね。





理香の表情の変化がスバラシイ。強気な態度をとっていながらも内心は――まさにツンデレ!って感じで。まあまだこの時点ではハッキリした恋愛感情があるわけではありませんから厳密にはツンデレとはいえないんでしょうけど。

でもってそんな理香に惹かれていく裕一。このあたりの話運びは王道的です。そして話は理香の病気のことに――。





多田さん亡くなるの早えーよ!そんなにエロ本遺されてもどうすれば!?
まあこのあたりが本作のキーになる重要な部分ですからね。そして理香の望みを叶える決心をした裕一ですが・・・でもホント展開早いな。

そして2人が辿り着いた砲台山の天辺。タイトルそのままの半分の月がのぼる空の下で理香は覚悟をすることに。自分が“死ぬ覚悟”を。

この展開は裕一も想定外ですな。どうせするなら別の覚悟でしょうに。
でもまだここは物語の導入部。2人の関わりはまだ始まったばかりですからね。それにしても多田さんが遺したエロ本のコレクション、しっかりストーリーに絡んでくるのねwww この次回予告にはワロタ。

深夜アニメ館 © 2005- Takashima Kiyoshi / Nuruota.com


Amazon.co.jp アソシエイト