深夜アニメ館: アニメキャプ+感想+考察その他

2006/1/7 Saturday

舞-乙HiME #13

カテゴリー:  

舞-乙HiME 第13話「茜色の空に・・・」。
今回は「卒業」のパロディかヨ。まあオトメの契約って言わば結婚みたいなもんだから、コレやるんじゃないかとは思ってたけどね。でもアカネちゃんの退場、彼女にとってはとろあえずハッピーで良かった良かった。前シリーズの彼女は悲惨だったからなあ。まあ前途は多難だけど。

でもって今回のメインはアカネのマイスターへの抜擢→駆け落ちなわけですが、その裏ではアリカがセルゲイへの恋心を自覚したりトモエがガチで百合だってのが明確になったりと色々と動きのあった回でしたね。マイが行方不明になった経緯なんかもちらっと出てますし。それに繋がるのかどうかわかりませんが終盤にはオトメ同士の戦闘発生の報が。なんだかお話も一気にキナ臭くなってきそう。

でもなんか最後の“オトメ同士の戦闘”って、今までの描写とはエライ違うんですけど・・・。オトメの戦闘って格闘戦じゃなかったの? なんだか強力な遠隔兵器で壮絶に撃ち合ってるみたい。でもってアノ予告は・・・?





まあでもこのメンツじゃあアカネちゃんが飛びぬけてかわいいよなあ。それに容貌がかわいいだけでなく制服事件のときにも見せた洞察力もあるし、その穏やかな性格の陰には芯の強さも。そのわりには人柄もヘンにスレてないしね。彼女に比べれば他の連中はクセが強すぎるからなあ。

シズルに体よくあしらわれたトモエだけど、なんかまたやらかしそうな表情してましたねー。彼女の化けの皮が剥がれるのもそう遠くない予感(ってずっと言ってるな^^;)

でもってどうやら自分がセルゲイに恋しちゃってるみたいだと自覚したアリカだけどこれからどうすんだろうねぇ。アリカはニナの気持ちだって知ってるわけだしな。でも次回予告を見る限りなんだかこの場はウヤムヤになりそうだな。てか何故に下手糞な化粧なんかしてるんだコイツらは?

深夜アニメ館 © 2005- Takashima Kiyoshi / Nuruota.com


Amazon.co.jp アソシエイト