深夜アニメ館: アニメキャプ+感想+考察その他

2006/1/6 Friday

SHUFFLE! #24 (最終回)

カテゴリー:  

SHUFFLE! 第24話「そして……大切なこと」。
んー、思いっきし前回予想した通りの結末とはね・・・。orz
でもまああれだけハッキリ前振りしてんじゃこの展開しかありえないよなあ。てかこれもやっぱり原作通り?

でもA/Bパート通して見ると明確に亜沙のみのエンドってわけでもないんだよなあ。まあ強いて言えば緩やかなハーレムエンドってな感じの玉虫色な結末で歯切れ悪りぃwww。でもこのどっちつかずの感じこそまさに中盤までのSHUFFLE!の雰囲気なわけで、これはこれで納得できる終わり方なのかも。

でも通してみるとやっぱ18話後半?21話までが浮いてるよなあ。特に19?20は別のシリーズと言ってもいいほど。でもってやっぱ盛り上がったのはソコだよな。あのままラストまで突っ走る展開も見てみたかった感じもするね。やはりアレを見た後だと亜沙エピソードは尻すぼみな感じは否めない。その辺がちょっと残念なところ。

まあでもラストの尻すぼみ感はあくまで楓エピソードの盛り上がりがあってこそなんで、あの盛り上がりがなければエロゲー原作アニメとしては普通に良作でしょう。最後だけ見て叩くのもちょっと違う感じだわな。

でもこういうのってやっぱ原作付きならではの難しさなんでしょうね。このスタッフが原作の縛りから離れてマジに作りこんだらどんなものが出来てたんでしょうね。なんかすんごく気になりますよ。ともかく2クールお疲れ様でした。次回作に期待です。





Aパートは真っぽし予想通りの展開。てか前回カッターナイフが強調されすぎてたからなあ。あれじゃコレ以外の展開は考えられないわな。前回はもちょっとさらっと流してても良かったような気がするね。

作画や演出はなかなか工夫してたと思いますけど、やっぱ展開があまりにもお約束通りってのが足引っ張っちゃいましたね。でもって魔法で髪が伸びるのは仕様ですか?





Aパートでは気づかなかったけど今回は絵柄がメチャメチャ変わってたんですねー。最初は作画崩壊かと思っちゃいましたよ。これって以前の後藤作監の時と同じようなもんで意図してやってますね。でも亜麻さんは変化なし?

でもって場の流れは服装が夏服から冬服に変わってるだけでほとんど1話と同じですね。やはり最初と最後は合わせて来ましたか。でもプリムラ、中途半端なところで編入したなあ。でもって授業中はメガネっ娘なのかw

亜麻さんとすれ違った神王と魔王のやり取りだけど、2人は気付いていたのかいないのか。どちらにも取れるシーンですが、気付いたけど敢えてスルーってのがいい感じかな。その後の亜麻さんのアクションとの繋がりもいいしね。

まあその後は後味すっきりな感じのラストでいい感じ。終盤の強引なキャラ弄りに不満はあるものの総じて良作といっていいでしょう。実際アクセスの推移見てると(良くも悪くも)相当な人気なんですよね。2005年後半のシリーズの中でも上位の方だったんじゃないでしょうか。少なくとも単なる萌えアニメに終わらなかったところはスバラシイ。スタッフの意気込みは感じましたよ。

さて今回の見所はやはりBパートのプリムラの百面相でしょうw



てかおまい顔崩れすぎw でもって稟に何喰わせたんだよ!?
巧みに誘って一服盛って、倒れこんできた稟にスリスリ攻撃とは――。
プリムラ・・・恐ろしい子。

深夜アニメ館 © 2005- Takashima Kiyoshi / Nuruota.com


Amazon.co.jp アソシエイト