深夜アニメ館: アニメキャプ+感想+考察その他

2006/1/5 Thursday

灼眼のシャナ #13

カテゴリー:  

灼眼のシャナ 第13話「校舎裏の宣戦布告」。
えーと、これってば前回のサブタイにしといた方が合ってたんじゃね? 実質的な校舎裏の宣戦布告は前回の話だったんだし。てか前回のサブタイほとんど意味不明だし。

それにしても本作の敵ってどうしてこうもマヌケ揃いなんだろうね。相良宗介の言葉じゃないけどマジ3流ばかり。シャナにしても悠二にしても何度もアッサリ始末できたにも関わらず、くだらない言葉遊びに興じてたばっかりに返り討ちにあうパターンばかりでなんだかなあ。こうも続くとハラハラ感もなにもあったもんじゃねー。まあでも原作からして結構人気あるんだよなー。最近はこういうのがイイんだろうか。てかこれの見所ってシャナのツンデレだけ?

さて次回は過去編?なんかメイドさんみたいな人が出てきてますねー。でもっていっしょに黄金バットみたいなのも(金色じゃないけど)。先が全然読めないって点ではトップクラスだなw





なんだか既にパターン化してきて緊迫した戦闘シーンとはいかないところが残念なところ。まあでも今回のお話的なポイントは佐藤&田中がらみでのマージョリーの復活劇くらいかな。でも佐藤&田中組と悠二ってお互いがそういうポジションにいるっての知らないんだよな。てかマージョリーの言うチビジャリが“平井ゆかり(=シャナ)”ってことも現時点では知らないのか>佐藤&田中

でもってやっぱシャナのツンデレが本作の見所ですかw
その点についてはいい仕事してますな。でも一美vsシャナの絡みが前回そのままってのはいくらなんでも手抜き過ぎだろwww。もちょっとプラスアルファが要るだろ。サブタイが泣くぞ。

深夜アニメ館 © 2005- Takashima Kiyoshi / Nuruota.com


Amazon.co.jp アソシエイト