深夜アニメ館: アニメキャプ+感想+考察その他

2005/12/26 Monday

D.C.S.S.?ダ・カーポ セカンドシーズン? #26 (最終回)

カテゴリー:  

D.C.S.S.?ダ・カーポ セカンドシーズン? 第26話「幸せの鐘」。
最終的には初音島の人間関係を散々引っ掻き回したアイシアが一人退場して終了ですか。まあ最後にはアイシアも少しは成長したってことになってるんでしょうから、アイシアの成長物語としては一応格好がついたって感じ?
それにしても2クールもかけてやった割にはなんだかな締めくくりですな。

結局純一×音夢のペアは変わらず・・・というより事後のカットでは純一は美咲とポジションチェンジしてるようだから今までの仲良しグループとは少し距離をおいた感じ?
ことりその他の負け組みはいったん持ち上がる気配を見せたもののそのまま落とされただけ。さくらも最終的には初音島を離れるみたいでアイシア以外の連中にはまったく変化っつーもんが見られないって、前シリーズの続編としての意味合いは全く感じられませんね。せっかくの新キャラもアイシア以外はほとんど放置で背景化してますし。

まあ全く新しい作品を作るよりも既にファンがいるところへ餌を投げる方が釣れやすいってのはわかるんですけど、それならもっとシリーズとして作りこんで欲しいと思うのは我が侭なんでしょうかね。まあ個人的にはそんな感じ。なんか作りが行き当たりばったりなんだよなあ。最後もわざわざベタな結婚式シーンなんか持ってくる必然性は感じられないしな。まあエンディングからして最初からそういう心積もりだったってことは見て取れるんだけどね。

とにかく最後の最後に純一×音夢の結婚式シーンを持ってきたってことで本シリーズはここで打ち止めってことなんでしょう。実際それは正解だと思うしね。なんかこう、規定の結末に持っていくために不要に登場キャラを上げては落とししていく作風ってのは、個人的にはちょっと美しくない気がするね。実際「(純一の)相手が音夢だから許せる」なんてのに説得力あると思う? そんなの製作側のゴリ押しでしかないっしょ。





杉並が魔法にかかってないように見えるのは気のせい? まあ杉並は前シーズンの時点で純一×音夢が血のつながった兄妹ではないことやお互いに好き合っていることを知っていたわけで、リセットがかかってもそのあたりの記憶は失わなかったって可能性もあるけど。

まあことりと杉並が仲を取り持つ側に回ってること自体は順当といえば順当。ことりは連中の中では一番純一のそばにいた分、純一の音夢に対する気持ちは(それこそいやと言うほど)知っていたはずだしね。

でもBパートの展開は順当とはいえ強引だよなあ。冷静に考えればアイシアはさくらの助言なんて関係なく魔法の桜と散らせて桜が開花する以前の状況にリセットすることができたってことだし。てか斜めに取ればさくらの言葉って「おめー(アイシア)がいなくなれば一件落着なんだよ」ってことなんだよな。いや全くその通りなんだけどw シビアやなあ。

てなわけで諸悪の根源だった魔女は去り、初音島に平和が戻りましたとさ。
最後のカット?ありゃ完全に蛇足でしょ。

深夜アニメ館 © 2005- Takashima Kiyoshi / Nuruota.com


Amazon.co.jp アソシエイト