深夜アニメ館: アニメキャプ+感想+考察その他

2005/12/24 Saturday

舞-乙HiME #12

カテゴリー:  

舞-乙HiME 第12話「仮面舞踏かい?」。
いや?、“パンがないなら―”も“この紋所が―”も、やると思ったらやっぱりやりましたねー。実際狙ってそういうシチュエーションに持ってってるからなあ。もうこれはお約束みたいなものw

それにしてもマシロ、完全に巧に惚れ込んでたんだなー。これはちょっと意外。まあでも周りにぜんぜん男っ気ないみたいだし、いても家来とかナギみたいなやつばっかみたいだしなー。目新しさってのもあるかもね。自分を特別視していないってだけでも。でも巧、持病まで前作から引きずっているとはね。また途中で退場しそうな気配が濃厚だなー。晶はオトメというわけじゃないから引きづられて強制退場ってことにはならないと思うけど、どうなんだろ。

でもってようやくマイに話が及ぶことに。物語上でも今は行方不明ってことになってんだな。今までの描写からアスワドにいるわけじゃなさそうだし、やはり正体不明のシュバルツにいる可能性が高い?

(知らずながらも)巧にたしなめられて(´・ω・`)ショボーンなマシロ。今までになく心を開いたところにぐさっと来たからなあ。これで自分勝手な態度も少しは変化するか?





Aパートは城内での大騒ぎをよそに成り行きデートの2人。でも前回ニナの時計をひったくった浮浪児って女の子だったのね。なんか描き分けがむずいなー。でも使い捨てじゃなかったってことはまた出番があるのかな。でも巧、やっぱお人好しだよ。まあお話の中だからってこともあるけど、こんなボンボンがスラムに迷い込んで何事も起こらないってのが幸運中の幸運だよ。このノリでマジなスラムに入り込んだりしたら超ヤヴァイ。

でもってシズルの♀センサー超強烈w
やはり前作から引き継ぐ資質は一味も二味も違うなwww





巧の指摘は至極真っ当なんだけどマシロに通じたのかねー。まあ最初はお約束なボケかましてたけど畳み込まれるように言われると少しは考えて見る気になったのかな。でもその後の薬口移しイベントで全部ぶっ飛んだ可能性も高いしなー。

でもってマイがナツキの同期だったってことが公式に明らかになったわけだけど・・・オトメを持たないはずのジパングのマイがガルデローベに来たいきさつも含めてまだまだ未公開情報が多いわな。まあそのあたりが今後の物語の中心になってくるんだろうけど。

でもって次回は――やっぱアカネちゃん退場になるのかなあ・・・。

コメント »

この投稿には、まだコメントが付いていません

このコメントの RSS

コメント投稿フォーム

改行や段落は自動で挿入されます
メールアドレスはブログ上には表示されません
利用可能な HTML タグ : <blockquote> <code> <em> <i> <strike> <strong>

required

required


深夜アニメ館 © 2005- Takashima Kiyoshi / Nuruota.com


Amazon.co.jp アソシエイト