深夜アニメ館: アニメキャプ+感想+考察その他

2005/12/22 Thursday

灼眼のシャナ #12

カテゴリー:  

灼眼のシャナ 第12話「ゆりかごに花は咲いて」。
なんだかサブタイと内容が微妙に合ってないような気がするんだけど・・・ゆりかごの花って最後のアレ? まあそんなことはどうでもよく、今回の目玉は一美のシャナへの宣戦布告ってことで。

でもアレだな。シャナってば今までも散々お邪魔虫やっといて、しかも「何で逃げたの?」なんつー高飛車な煽りかましたりするくせに一美が告白宣言したくらいでタジタジになっちゃうなんて・・・今までの強気は単なる虚勢かよw

でもお邪魔虫といえば絶妙のタイミングで割り込んできた愛染姉弟(こいつらに限らず、本作のネーミングにはなかなか馴染めんなあ)の方が数段上だけどね。変態の割にはなんか妙な技持ってるみたいだし事前の準備は怠りなしって感じでいけすかねー。でもってシャナも思いっきしワナに飛び込んでるし。まあコイツはなんだかんだいいながらあんまし頭良くねえからなあ。

まあ今回の鍵を握るのはやっぱ悠二なんでしょうけどね。途中で出会ったのは佐藤たち?もしくは――
どのみちシャナたちが単独ペアで戦う段階は終りっぽいな。まあ順当に行けばマージョリーたちとの共闘になるんだろうけど・・・今ひとつ先がみえないなー。





でも今回、特に校舎裏の一美の長台詞とかはちょっと説明的過ぎてイマイチでしたねぇ。小説なんかでは単にモノローグで済ませられるところですけどこういう場合アニメだとかなりの工夫が要りますからね。でもやはりこういう心理描写はアニメならではの手法で見せて欲しいところ。

一美のフォローを頑張ってた池がだんだん一美に惹かれていくパターンってのは、ありがちだけど王道的ですわな。でもこの流れでストーリーに組み込まれていくとキャラ的には悲劇的な結末を迎えそうな予感がするんだけど。

そしてこの流れで行けばマージョリー+佐藤&田中がシャナたちと合流する可能性は大きいと思うけど、悠二が既にトーチ化してることもモロバレになるよなあ。これから派生するエピソードもあるのかな。でもそれはあくまでも枝葉か。なんかまだまだ未登場の新キャラが控えてそうだし、それらのエピソードを消化するだけで手一杯ってところかな。

深夜アニメ館 © 2005- Takashima Kiyoshi / Nuruota.com


Amazon.co.jp アソシエイト