深夜アニメ館: アニメキャプ+感想+考察その他

2005/12/15 Thursday

灼眼のシャナ #11

カテゴリー:  

灼眼のシャナ 第11話「悠二とシャナとキス」。
千草さんえーなー。出来た母ちゃんや。当初はここまで存在感のあるキャラだとは思わなかったヨ。でもポジション的にはドンピシャなんだよなあ。特に今回の話では。やっぱここは母親の出番でしょ。コチコチのアラストールなんかの出る幕じゃないわな。

でもキスネタで丸々1話使っちゃうって太っ腹だなあw まあこのあたりは今後の一美との絡みに効いてくるところだと思うんでそこまでの違和感はないんだけど。でもって終盤の手作り弁当?メロンパンの流れで一美にとってのライバル認識は確定だしね。

てなわけで次回は早速一美とシャナとの間で火花が散ることに・・・ってだけでなく、なんだか件の変態姉弟も絡んで騒動になりそうな感じ。でもなんかここまではあのキス魔ってただウザイだけなんですけど。まあこちらはモロにシャナがターゲットみたいだからなー。それなりの盛り上がりを期待したいところです。





それにしてもシャナって幼児体型すぎだよなー。シャワーシーンも全然エロくないのがちょと笑えるんだが。あれって一応サービスシーンなんだよな。
でもそっち系の趣味の人にはたまらないのかも。てか最近この手のってあながち洒落になんないからなー。

まあでも今回のメインは千草さんでしょー。やっぱこういう時のアドバイス役ってのはそれなりに経験積んだオトナの女性でないとね。てゆーかなんでもかんでも図書館で調べれば済むとでも思ってんのかシャナ。まあでもこれはアラストールの影響だよなあ。

でもアラストール、千草さんにクレーム電話入れるとは思わなかったよ。まあアッサリ言いくるめられてるわけだがw
そりゃ爺むさいアラストールじゃあ千草母ちゃんには全然かなわないわなー。女としての年季が違う。てかアラストール女でない以前に人外だしw

でもこのところシャナのデレ描写が続いてますなあ。これも一美とのバトルへの流れですかねー。早速次回は一美からの宣戦布告がなされるみたいだし。でもなんだかエライ邪魔が入りそうだなー。マルコシアスに言わせれば相当な強敵みたいだけど・・・ただの変態にしか見えんぞ。
でもこいつらって3人一組だったのかよ。なんか妙な取り合わせだなー。

深夜アニメ館 © 2005- Takashima Kiyoshi / Nuruota.com


Amazon.co.jp アソシエイト