深夜アニメ館: アニメキャプ+感想+考察その他

2005/12/14 Wednesday

ガンパレード・オーケストラ #11

ガンパレード・オーケストラ 第11話「真昼の決闘」。
民間の物資を強奪して横流ししている軍関係者との対決ですか。なんかこう、軍隊の地元民への横暴さが強調されてますねぇ。まあ延々と先の見えない戦いが継続してれば兵隊のモラルが低下するのは仕方ないし、こういった事件が発生するのもわかるんだけどね。
でも前回の作戦決定や今回の会議の場面なんかでのあからさまな“軍人=無能で性悪”みたいな描写はなあ。でもってそれに立ち向かう(純朴な?)学徒兵との対立って構図は・・・あ、ここテレ朝だったか。なるほど納得w

でも悪者に一泡吹かせるためなら何をやっても(・∀・)イイ!!のかヨ。これって実際やってることメチャメチャじゃん。細工されたミサイルが上手いトコ横流し物資の保管庫に命中したからいいようなものの外したりしてたらエライことだぞ。下手すりゃ死人がでたっておかしくない。

でもってアレだけのことやっときながら第7中隊への処罰はまるでなし ― てかそれ以前にミサイル迷走の原因調査も行われずじまいとは・・・。すんげーな。さすがガンオケクオリティ。





あー、なんか公式のキャラ表にもバッチリ載ってる看護婦と記者はやっぱレギュラーキャラでしたか。でも部隊と共に移動する記者はともかく看護婦までとは、この部隊って当分この場所から動くことはないのかねー。

それにしても第7中隊にはいい年こいたジイさんもいるんだからさー。てか本来は抑えにまわらなきゃなんない年長者が小僧達煽ってどうするよw

まあそれはいいとして今回の実質的に何もしてないにもかかわらず無駄に偉そうな芝村中隊長はいただけないなあ。これじゃ単なるヴァカじゃん。腹黒さを演出するにはちょーっと工夫が足りないよwww

深夜アニメ館 © 2005- Takashima Kiyoshi / Nuruota.com


Amazon.co.jp アソシエイト